1


 「ウエスタン、オリックス5-5阪神」(14日、京セラドーム大阪)

 ここまでのうっぷんを晴らすかのごとくバットを放り投げた。すさまじい打球音がドーム内にこだまする。大きな放物線を描いた打球は左翼5階席に着弾。驚異のパワーにスタンドも、そして両軍のベンチもどよめいた。

 1点を追う九回2死。K-鈴木の150キロ内角高め直球を振り抜いた。「気持ち良かったです」と、打った瞬間それとわかる起死回生の同点ソロ。3日・広島戦(マツダ)以来となる今季2号で、ゆっくりとダイヤモンドを一周した。

 「4打席目までは真っすぐに対して刺されていたので」と速球に振り負けないことだけを意識し打席へ。それを見事に体現した。

 三回1死一塁ではうまく合わせて右前打。七回1死二塁でも右越え適時二塁打を放ち、この日は3安打2打点の大暴れだ。7日・中日戦(鳴尾浜)の第3打席から前夜の第2打席まで、公式戦で8打席連続三振に倒れるほど絶不調だった井上にとって、これ以上ない復調材料となった。

 平田2軍監督も「今年初めて4番の仕事をした」と皮肉交じりに絶賛。ここからは本塁打を量産していくだけだ。「打てない打席もある中で、アウトの内容をもっと大事にしていきたい」と未来の主砲。この一発は間違いなくターニングポイントとなる。







@bhm775 格好エエわ‼️ 和製 レジージャクソン二代目やでぇ 🐯 ガォー



2軍育成中の井上広大が控えている未来の阪神打線は恐ろしい



続きを読む