とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    今オフ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/24(土) 13:06:36.91 ID:CAP_USER9
     阪神の福留孝介(43)、能見篤史(41)が来季の戦力構想から外れていることが報じられるなど、シーズン終盤を迎えてストーブリーグの季節となってきた。

    阪神は鳥谷敬(39)が昨季限りで戦力構想から外れ、ロッテに移籍。今季は藤川球児(40)が現役引退を表明し、福留、能見も退団が決定的となっているほか、もう1人去就が注目されるのが糸井嘉男(39)だ。今季は打率2割7分3厘、2本塁打、28打点、2盗塁。9月下旬以降に調子を上げているが、巨人が首位独走でペナントレースの大勢が決まった後だけに貢献度が高いとは言えない。契約最終年の今季の年俸は4億円(推定)。スポーツ紙のトラ番記者は、こう語る。

    「大幅減俸は避けられません。糸井が納得いかなければ退団する可能性もあります」

     4年連続日本一を目指し、破竹の12連勝でマジックを4まで減らしたソフトバンクで進退が注目されるのは内川聖一(38)だ。史上2人目のセ・パ両リーグで首位打者を獲得し、通算2171安打と球界を代表する右打者として活躍してきたが、プロ20年目の今季は入団以来初の1軍出場なし。ファームでは40試合出場で打率3割4分と格の違いを見せつけている。天才打者は何を思うか。

     日本ハムの金子弌大(36)は、33試合登板で1勝3敗、防御率5.15。救援登板が29試合で、リードされた場面での登板が目立つ。年俸1億8千万円(推定)からの大幅減俸は避けられない状況だが、他球団のスコアラーはこう評価する。

    「全盛期よりは落ちるが、球自体はまだまだ通用すると思う。タイプ的に中継ぎでなく先発型。1年間ローテーションで投げる環境ならば、白星を積み重ねられると思う」

     金子はフリーエージェント(FA)権を保有していることから今オフの動向が注目される。

     日本ハムの斎藤佑樹(32)は崖っぷちだ。10年目の今季は1軍登板なしで、ファームでも1勝3敗、防御率9.31。3年目以降は7年間で計4勝と低迷し、今季も結果を残していない。アマチュア時代は社会現象になるほどの活躍だったが、2010年秋のドラフト1位で日本ハムに入団後は目立った活躍がない。「もう限界だろう」という声が周囲から上がっていることから、今季限りでユニホームを脱ぐ可能性もある。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4e5782f0696ada58e412a01c74b5b31d38d3439c
    no title

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1603512396/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     コロナ禍の今オフの新外国人補強はどうなるのか―。

     9月末までの補強期間は巨人や楽天を筆頭にトレードが中心だった。2月以降は6件が成立し、助っ人勢ではウィーラーが池田駿との交換で楽天から巨人へ、DJ・ジョンソンも金銭で広島から楽天に移籍。新規契約の外国人選手獲得は、新型コロナウイルス感染拡大の影響から9月上旬に政府がプロスポーツ選手の入国を特例的に許可してから、元・中日で米大リーグ・マリナーズを自由契約になっていたチェンがロッテに加入しただけに終わった。

     当然、来季に向けた補強戦略に新助っ人獲りは不可欠なポイントだが、あるパ・リーグの国際渉外部門の関係者は「このオフは本当に難しいと思います」と嘆く。主なマーケットとなっていた米マイナーリーグが中止となり、メジャーも無観客試合のままレギュラーシーズン終了。編成トップや渉外担当の渡米による視察はおろか、駐米スカウトも球場に立ち入れず、調査がままならない状況が響いている。

     「そもそも、マイナー選手は公式戦がない状況でどこまでプレーできるのか。新たに獲得するとなっても、映像やデータに対するウェートが大きくなる。それに、感染予防を考えると、ドミニカのウインターリーグなどを視察することも厳しい」と同関係者。それだけに、近隣の韓国プロ野球に熱視線を送る球団が多く、現有戦力の見極めもより重要になってくるという。

     逆に「売り手」はどう考えるのか。米球界の大手エージェント会社関係者は「難しい部分はあるが、これまでの各球団との信頼関係、実績も関係してくる。あとはこれまでと変わらないことだが、そのチームのウィークポイントを分析して提案していく」と話す。そして、一つのプランとして挙げたのがクライアントの選手を直接チェックする機会の提供だ。

     「例えば、駐米スカウトを練習施設に呼び、興味を持った選手の投球練習や打撃練習などを見てもらう。そうすれば、より評価してもらいやすいのではないか」

     果たして、未曾有の事態に陥った今年のオフの助っ人市場は活発化していくのか。いずれにせよ、各球団フロントがこれまで培ってきた補強ルート、目利き、決断力がより問われることになりそうだ。

    (阪神担当・小松 真也)




    記事を見るとカープの場合、駐米スカウトのシュール達が選手をチェック出来れば、ってところか コロナ禍の今オフの新助っ人補強はどうなる? 買い手と売り手の苦悩は…「本当に難しい」(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/50677293d25c4b2cd84dfd1b57d9981a80cbb5f7 



    コロナ禍の今オフの新助っ人補強はどうなる? 買い手と売り手の苦悩は…「本当に難しい」 : スポーツ報知 2.3年は難しいだろうな… ウェインも来年までを見越してるだろうし… あと来季も契約するメンバーはどうするかも迷いどころ  https://hochi.news/articles/20201014-OHT1T50135.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ