とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    今季初

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    山本


     ◇セ・リーグ 阪神3-2ヤクルト(2022年5月5日 甲子園)

     阪神は今季初のサヨナラ勝利。最後は9回2死満塁で山本が押し出し四球を選び、4万2417人が詰めかけた甲子園球場の大観衆を歓喜の渦へと導いた。「こどもの日」はこれで15年から引き分けを挟んで6連勝となった。

     0―2の3回に佐藤輝のチーム21イニングぶりの適時打で1点を返し、5回にはロハス・ジュニアの押し出し四球で同点。そのまま同点で迎えた9回にヤクルト5番手・大西から2死満塁として山本が押し出し四球を選んだ。

     投げては先発・ガンケルが5回2失点と試合を作り、6回からは渡辺、浜地、アルカンタラ、湯浅、岩崎が無失点リレー。投手陣が粘り、しびれる接戦を制した。




    9回裏、山本がフォアボールを選びサヨナラ押し出し!連敗を止める! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #イチにカケルhttps://t.co/sCXtJFF7Td



    @TigersDreamlink 使ってくれ



    @TigersDreamlink 山本泰寛、レギュラー確定


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「阪神3-8DeNA」(27日、甲子園球場)

     阪神が今季初の同一カード3連敗を喫した。DeNA相手の3連戦3連敗は2015年以来、6年ぶり。投手陣が今季初の1試合4被弾と打ち込まれ、打線の反撃も届かなかった。これで2位・巨人には4月30日以来となる2・5ゲーム差に迫られた。

     先発・秋山が5回6失点KOと、DeNA打線につかまった。初回、2死二塁から4番・オースティンに先制の2ランを被弾。さらに、四回には、無死一、二塁のピンチを背負うと、ソトに左中間へ3ランを浴びて、5点目を失った。五回も先頭の桑原にバックスクリーン左へソロを浴び、大きくリードを広げられた。

     打線が奮起したのは、6点を追う五回。1死から近本が猛打賞となる二塁打でチャンスメークすると、続く糸原は初球の144キロ直球を右中間へ運んで、反撃ののろしを上げた。さらに、マルテも左線へ適時二塁打。3者連続二塁打で2点を返したが、後続が続かず。4番・大山は一飛に倒れ、ドラフト1位・佐藤輝(近大)は高々と舞い上がった遊飛。これで佐藤輝は、自己ワーストを更新する15打席連続無安打となった。

     6点を追う八回には、1死走者なしから佐藤輝が、16打席ぶりの安打となる右翼線二塁打で出塁。続くサンズの左前打で一、三塁とし、代打・糸井が右犠飛を放って1点を返したが、追い上げることはできなかった。







    @TigersDreamlink 今季初めて3タテくらったなあ ちょっと厳しくなってきたなあ



    @TigersDreamlink むしろスカッとしたよね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神2-3巨人(2021年4月21日 東京D)

     阪神は今季初の逆転負けを喫し、連勝が「8」で止まった。

     初回に近本の先制弾とマルテの6号ソロで先制するも、以降は打線がつながらず。矢野監督は「もちろんタラレバ言えば追加点なあ。ケントの三塁打のところで1点欲しかったけど。それもみんな積極的にいった結果やからこっちとしても受け止めている」と振り返った。

     ここまで本塁打が出た試合は13連勝で、先制した試合は16連勝中だったが、この敗戦により「不敗神話」も途切れた。指揮官は「全体的にやることやった負けかと受け止めています」と惜敗を受け止め、明日の試合へ向け「毎日、勝ちたいと思っているし、やられたやつに対して何もない気持ちで臨むということはないんで。プロである以上、やられたらやり返すというのは当たり前のことやし」と先を見据えた。




    あー負けたよくじは何も読む気がしない。 昨日のサトテルと中野君の試合後の姿… これがピュアなルーキーの姿なのか… やられたら、やり返す…今日はお願いしますよ! 敵将のニヤケ顔は見たくない‼︎



    やられたらやり返すのみだよな、輝明  https://twitter.com/fukudasun/status/1385000847440945154 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <中日-阪神>◇14日◇ナゴヤドーム

    阪神板山祐太郎外野手(26)が今季初めて1軍に合流した。荒木と代わり、そのまま出場選手登録される見込み。

    今季はウエスタン・リーグで67試合に出場して打率2割5分8厘、3本塁打、23打点。ここ5試合は20打数10安打で打率5割と調子を上げていた。

    昨季は1軍未出場に終わり、オフにはレッズ秋山の自主トレに志願参加。同じ左打ちのヒットマンを参考に、フォーム改造にも取り組んだ。チャンスをつかんだ5年目が、貪欲にアピールを目指す。




    阪神・板山が今季初1軍合流 絶対結果出せるから自信持って❗️ 頑張れ板山選手👍️ #板山祐太郎  https://www.sanspo.com/baseball/news/20201016/tig20101614230008-n1.html  @sanspocomから



    阪神・板山が今季初昇格へ 2軍ではチーム最多安打(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/2fb792f36d43da4ea0889eddca118d5673fbf7b8  そら、二軍に置きっぱなしにしてたら、最多安打にもなるやろ。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    tikamoto


    1


     「中日3-9阪神」(26日、ナゴヤドーム)

     阪神は6試合ぶりに「1番・中堅」でスタメンに復帰したが近本が4安打の活躍。

     初回は中日先発・梅津の初球を中前にクリーンヒット。

     3点を追う五回に迎えた3打席目は2死一、二塁の好機。1ボールからの2球目、外角低めのフォークに反応し、反撃ののろしをあげる中前への適時打を放った。

     1点を追う七回の第4打席は2死二塁の場面。中日三番手の福を相手にフルカウントから中前に安打を放った。中堅・大島の好返球で本塁をついた二走・梅野がタッチアウトとなった。

     そして迎えた八回の第5打席。4点を奪って逆転し、なお2死一、二塁。4番手のゴンサレスの外角低めの直球を右前に運ぶ適時打を放った。

     この日は5打数4安打2打点とリードオフマンの役割を果たす活躍。近本の1試合4安打は2019年8月4日の広島戦(マツダ、5打数4安打)以来。通算3回目。今季は初。




    【一軍】阪神7-3中日 8回表 光司が輝きを取り戻したで!!本日4安打!! 投手:ゴンサレス 打者:近本 結果:ライト前タイムリーヒット!! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



    @hanshintigersjp 泣ける…



    @hanshintigersjp 近本くん梅雨明け‼️



    @hanshintigersjp この復調はでかい


    続きを読む

    このページのトップヘ