とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    今季最短

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <巨人5-10阪神>◇20日◇東京ドーム

    阪神西勇輝投手が5回を6安打4失点と苦しみながらも3勝目を挙げた。

    序盤に5点の援護をもらったが、3回に松原に3号2ランを浴びるなど3失点。5回に梶谷の右犠飛で1点差に詰め寄られ、6回に代打北條と交代となった。ここまで3戦連続でクオリティースタート(6回以上、自責3以内)を続けてきたが今季最短&最多失点。それでも矢野監督は「あそこまで投げてくれたというのは、中5日でしんどいかなと俺も思ったけど、仕事はしっかりしてくれた」と評価した。8連勝すべて先発に白星が付き、先発が8人以上続けて勝利投手となるのは68年8月18~31日以来53年ぶりの快挙となった。




    【球質】西勇輝→岩貞祐太→小林慶祐→岩崎優→エドワーズ #阪神タイガース #西勇輝 続き https://youtu.be/4NTPu3tvDXY  https://t.co/NQrhXZrUoj



    2021/4/20 阪神・西勇輝 #Tigers_summary 中5日の影響もあってか球速は控えめ 4失点したとはいえ制球に間違いはなく、大崩れしないのが西らしさ たまにはこんな日があってもいい pic.twitter.com/6Pix0FYJl8



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    ◆JERAセ・リーグ 阪神―広島(22日・甲子園)

     阪神・岩田稔投手(36)が、今季最短の3回7安打6失点でマウンドを降りた。

     初回。2死一、二塁から会沢、堂林に連続適時打を浴びて2点を先制されると、2回は先頭で打席に立った投手の薮田に四球。さらに四死球を与えて1死満塁のピンチを背負うと、西川には押し出し四球。無安打で追加点を許した。

     3回は先頭のピレラに三塁線を破る二塁打を打たれると、2死三塁から長野に左翼線への適時二塁打、田中広に右越え適時三塁打、鈴木誠には左前適時打と3連続タイムリーで3点を失った。

     3回の攻撃で代打を送られて降板。計6四死球と制球が定まらず、3回までに76球。苦しい登板となった。




    やっと岩田降板か



    岩田の降板より先にこの試合が終わったやんけ・・・。( ˙-˙ )<アホゥ! #hanshin


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神-広島」(20日、甲子園球場)

     約1カ月ぶりに1軍で先発を務めた阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)が今季最短の3回5安打4失点とKOされた。

     初回は三者凡退。二回は味方の守備にも助けられ、無失点投球でつないだが、三回につかまった。1死満塁のピンチとなり、打者は4番・西川。カウント2-2から149キロ直球を左前に運ばれ、先制の2点二塁打を浴びた。

     ここで流れを止めたい所だった。2死満塁から坂倉の打球が投手方向を襲ってきた。ガルシアはとっさに左足を出したが、ボールが左足首に直撃し、無情にもその打球は右前方向へ転がった。この時点で4失点となった。

     痛みをこらえ、最後の三好は三ゴロに抑えた。三回裏の攻撃でガルシアは第1打席を迎えるはずだったが、代打・島田が送られ降板。9月18日・中日戦以来の先発だったが、悔しい登板に終わった。




    #阪神タイガース 阪神の助っ人外国人、中継ぎなら良いピッチングするのに、先発に回った途端ダメになるタイプのピッチャー多い 外国人枠があるから中継ぎピッチャーばかり沢山いてもなあ、、、 #ガルシア #ガンケル 来年どっちを残留させるべき?



    ガルシア3回4失点。。。 きついな。。。調整難しいとか?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム)

     阪神の先発・高橋は今季最短4回5安打3失点で降板となった。初回、ビシエドの右中間二塁打など2失点。2-2の三回はアルモンテの適時二塁打で勝ち越しを許した。

     2-3の五回1死二塁から代打・高山を送られた。だが高山は空振り三振に終わった。




    髙橋遥人4回3失点で降板か #阪神タイガース



    今日の遥人はあんまりやし、守備はいつも通り。遥人6回3失点でお願い。


    続きを読む

    このページのトップヘ