2


野球解説者の赤星憲広さんが、5日の「Going!Sports&News」で“今シーズン最高の守備”に阪神のルーキー、ショート中野拓夢選手(25)のファインプレーを選びました。

9月24日、優勝争いの中迎えた巨人との一戦。6-6の同点で阪神は9回裏、1アウト満塁とサヨナラ負けのピンチを迎えます。

バッターは丸佳浩選手。前進守備の三遊間へ速いゴロが外野へ抜けるところを、中野選手が横っ飛びでダイビングキャッチ。そしてすかさずホームへ送球、ランナーの生還を阻止しました。このファインプレーが阪神のサヨナラ負けを防ぎました。

この試合の解説をしていた赤星さんは、「これはもう、本当にすごかった」と驚きの一言。さらにその要因について、「脚が速いから追いつくことができた」と中野選手の脚力を絶賛。今季30盗塁し、盗塁王のタイトルを獲得した中野選手。今季のゴールデングラブ賞では受賞なりませんでしたが、ショート部門で2位に入りました。

赤星さんは、「中野選手はいずれゴールデングラブ賞をとる選手になってくれると思っているし、もっともっと上達してくれると思います」と期待を寄せました。




赤星が選ぶベスト守備は中野のサヨナラ阻止ホームフォースアウト



赤星がベストプレーで中野くん選んでくれてる!!


続きを読む