とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    今季限り

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・矢野燿大監督(53)が31日、沖縄県内のチーム宿舎で全体ミーティングを開き、今季限りで退任すると明かした。ミーティング後、取材対応。内容を問われ、「今シーズンを最後に監督を退任するという思いを伝えた。俺自身、退路を決めることで気持ちを伝えさせてもらった」と説明した。

     矢野監督は2019年から指揮を執り、1年目は3位、2年目は2位、3年目の昨季も2位に入り、3年連続Aクラスの成績を収めた。

     キャンプイン前日に監督が退任の意向を表明するのは、異例。阪神では、2003年の日本シリーズ開幕前々日に当時の星野仙一監督がそのシーズン限りでの退任を表明しているが、他球団を含めてもキャンプイン前という時期の退任表明は過去に例がない。

     シーズンの順位に関係なくチームを去ることになる指揮官の下で、阪神は2005年以来、17年ぶりのリーグ優勝を目指すことになる。




    チーム宿舎での全体ミーティングで監督から選手に伝えられました。 #阪神タイガース #矢野監督 #キャンプ #沖縄 #宜野座 阪神矢野燿大監督が今季限り退任意思「後悔のない野球人生を」キャンプ前日に選手へ異例訴え  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202201310000637.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    矢野監督今季で退任かぁ... もう優勝しかない‼︎‼︎‼︎胴上げだぁ😭✊🔥 #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の桑原謙太朗投手(35)が今季限りで現役を引退することが19日、分かった。近日中にも会見が開かれる。今季は開幕1軍入りしたものの、7試合で防御率9・00。5月下旬から2軍暮らしが続いていた。近年は右肘痛などに悩まされ、満足のいく投球ができず、ユニホームを脱ぐことを決断したようだ。

     桑原は奈良産大(現・奈良学園大)から07年大学・社会人ドラフト3巡目で横浜(現DeNA)入団。10年オフにオリックスに移籍し、14年オフは阪神移籍。17、18年は2年連続で60試合以上に登板し、17年には43ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手賞のタイトルを獲得した。通算成績は242試合15勝13敗、78ホールド、防御率3・61。




    お疲れ様でした そしてありがとう 【阪神】桑原謙太朗、今季限りで現役引退 近日中に会見へ…17年最優秀中継ぎ(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/848a120714e3410c7ab6f892ced69cec9927bdce 



    桑原謙太朗引退なのか。 髙橋聡文と金本政権下でガッツリ投げてくれたのは印象深いけど、2人とも酷使したのが原因か阪神では短い輝きでしたね···。 復活ならず残念。お疲れさまです。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/09/20(月) 02:35:28.09 ID:s00NR1RP0

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/09/20(月) 02:35:58.43 ID:s00NR1RP0
    no title



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1632072928/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    この男がマウンドに立てば、勝敗は決したも同然だった。強烈リリーバーの一角として2005年にリーグ優勝、歴代4位の通算243セーブ、唯一無二のストレートで築いた三振の山。22年間のプロ野球人生を振り返れば、数え切れないほどの思い出がよみがえる。タテジマのユニフォームに別れを告げるその瞬間まで、残された時間は決して長くはない。だからこそマウンドで伝えたい想いがある。阪神タイガースの22番、藤川球児は、ファンとともに最後の道を歩む――。

    (文=遠藤礼[スポーツニッポン(スポニチ)])

    藤川球児が最後に見せる、渾身の一球、一球を目に焼き付けて……
    今まで手をつける暇も、余裕もなかった。それは走り抜けてきた時間と積み重ねた偉業の数だけ分厚い。ボロボロでもずっしりと重い“アルバム”をようやく自らの手で開き始めたのかもしれない。

    阪神タイガース・藤川球児の「最後の挑戦」が始まった。

    10月20日の広島戦。5回終了時のグラウンド整備が終わった一瞬の静寂を切り裂くように、おなじみの登場曲をバックに背番号22がマウンドへ上がった。8月31日に今季限りでの現役引退を表明してから初の1軍マウンド。喜び、悲しみ、感動、興奮……表現しうるすべての感情が渦巻いているようだった。

    「魂の12球」のうち、11球がストレート。甲子園に詰めかけた多くのファンが、その一球、一球に視線を送った。(写真提供=スポーツニッポン新聞社)

    投じた12球のうち11球がストレート。最速は147キロで数字上では「火の玉」と称された全盛期のスピードはなくても、スタンドやテレビから見守った数え切れないファンが自らの胸に刻まれた“球児の記憶”を呼び起こすように渾身の一球、一球に視線を送った。

    「結果はもちろん良いに越したことはないですけど、今、現状でできる精いっぱいを。今日見に来られたお客さんであったり、テレビとかラジオを聞いている人たちに最後まで頑張る姿というか。何とか感じてもらえたらなと思っています」

    過去を振り返る余裕なんてなかった。一瞬、一瞬をかみしめたい
    右上肢のコンディション不良を理由に8月中旬に登録抹消となって以降、懸命に調整を続けてきた。ファームでも実戦登板は1度だけ。本来ならば手術しなければいけない状態だという。それでも、キャリアの終点を決めた今、時間は有限。カウントダウンは打ち鳴らされた。11月10日の巨人戦で引退セレモニーが行われることも決まり、その約1カ月前に1軍へ帰ってきた。昇格した10月15日は、敵地での中日戦。今季最後のナゴヤドームだった。練習後、広報に託した言葉はある意味、新鮮だった。

    「もちろん残りの一試合、一試合でファンの人たちに(投げる姿を)見せたいものもありますけれど、自分自身が一つひとつのこの球場での光景というのをこれが最後になるのでかみしめたいという思いはあります」

    マウンドでは、チームの勝利のため一つでも多くのアウトを奪うことに徹する一方、これまで口にすることのなかった個人的な「感慨」の部分に触れた。セットアッパー、クローザーと白星を決定付けるポジションで、文字通り、身を削って腕を振ってきた。極端にいえば、毎日出番がやってくる仕事。後ろを振り返っては務まらない……そんな選択肢すらなかった日々。だからこそ、今は駆け抜けてきた過去を思い返すことが許された最初で最後の時間なのかもしれない。

    「今までは目の前の試合に立ち向かってきて、目の前のことで必死だったから、試合中に“昔こんなこともあったな”とか考える余裕もなかったけど、“今日で名古屋最後だな”とかそういう感情は自然と浮かんでくる」

    ナゴヤドームで登板機会はなかったが、試合後には幾度も対戦を重ねてしのぎを削ってきた中日・荒木雅博内野守備走塁コーチから花束を渡された。よみがえったのはリーグ優勝した2005年をはじめ、熾烈(しれつ)なペナント争いを演じたライバルとの激闘の記憶に他ならない。

    「ドラゴンズといえば、落合(博満)監督(当時)であり、井端(弘和)さん、荒木さん。本当に一緒に戦ったメンバーでファンも、スゴく分かってくれていて。何とか、この日に間に合わせて……。良い時間を頂きました」




    今シーズン限りで引退を表明された藤川球児投手🐯 球児投手のユニフォーム姿も最後なので撮りました💐 2020.10.22 Thursday @阪神甲子園球場 📷 pic.twitter.com/08vVpb9N13



    藤川球児の動画見たけど、やっぱストレートがギューンって伸びる感じするの好きだな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/08/31(月) 23:10:03.25 ID:yCLW4L+60
    あと5つくらいいけるやろ

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/08/31(月) 23:11:23.03 ID:StmNcUZ10
    3点差の時のみ起用しろ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1598883003/

    続きを読む

    このページのトップヘ