とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    今季限り退任

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/02/03(木) 23:35:05.52 ID:CAP_USER9
    球界大御所が矢野監督の「今季限り退任」表明で揺れる虎に緊急提言…「阪神は次期監督として落合博満にオファーすべき」


    プロ野球のキャンプが1日、沖縄、宮崎、高知、所沢などでスタートした。
    矢野燿大監督(53)が前日に「今季限りでの退任」を明かした衝撃の余波の中で船出したのが阪神だ。

    巨人OBでヤクルト、西武で監督を務めた広岡達朗氏は「今すぐ辞めた方がいい」との辛辣な意見で、異例の事態をぶった斬り、次期監督として中日を4度リーグ優勝させた落合博満氏(68)を推薦した。


    「今すぐに辞めた方がいい」

    何事もなかったように阪神の沖縄・宜野座キャンプが始まった。

    前日の全体ミーティングで選手、スタッフらに「今季限りでの退団」を表明した矢野監督は、グラウンドで行われた歓迎セレモニーで挨拶に立ち、
    「今年は寅年。僕達がリーグ優勝して、日本一になって、その頃には(新型)コロナも収まって、日本中に笑顔を届けられるような未来を想像して、このキャンプ、厳しく、その中でも全員で苦しい練習を楽しみながら乗り切っていきたい」と宣言した。


    もう「今季限りで退任」の問題に触れることはなかったが、ファンや球界からは、賛否両論、様々な反応の声が出た。

    “ビッグボス“こと日ハムの新庄剛志監督は、「それ(開幕前の退任)どっかで聞いたことがある。オレも言っていたよね。早めの引退。似てる」と、自らも、2006年の開幕直後に「今季限りでユニフォームを脱ぐ」と明かして、ラストイヤーを戦ったことに重ねた。
    そして「矢野さんが今年で終わるってことで、選手もいろんな思いがあると思うし、変わるんじゃないですか」と”退任効果”が生まれると予想した。

    このタイミングでの退任表明に疑問を抱いたのは阪神で臨時コーチを務めたこともある“球界大御所“の広岡氏だ。
    「いったいどういうことなんだ? 正直ビックリした。”さあキャンプイン”というタイミングで、指揮官が”今年で私は辞めます”と伝えることなんか聞いたことがないし、信じられない行動だ。相当な決意や覚悟があってのことなのだろうが、その思いは最後まで胸に秘めて戦うべきだろう」

    さらに広岡氏は、こう続けた。
    「果たして1年でいなくなる監督に選手がついていくのだろうか。監督の契約年数は3年でも短い。5年なければ選手は指揮官の方を向かない。辞めるということは監督にとって最大の責任の取り方。結果が出なかったから辞める、チームを強くするための球団の方針に納得がいかないから辞めるというのが責任の取り方であって、最初から“今年で辞める”では責任の所在が曖昧になる。単なる逃げだ。
    それなら今すぐに辞めた方がいい。求心力を失い、チームがバラバラになる危険性がある。このことでチームがまとまり、いい方向、いい結果に結びつくか?と聞かれれば、はなはだ疑問。球団は慰留したのだろうが、最終的に、このタイミングで退任の意向を公表することを認めてしまったことにも問題はある」


    水面下では時間をかけて次期監督選びが始まる。生え抜きのOBか、それとも外部招へいか。
    OBの中でも、若手なのか、経験者なのか。阪神は、様々な選択肢から検討を重ねることになるが、広岡氏が推薦するのは、意外な人物の名前だった。

    「次期監督としては落合にオファーをするべきだ。今の球界で阪神を勝たせることができるのは彼しかいない」
     
    落合氏は、中日で2004年から2011年まで8年間指揮を執り、リーグ優勝4度、日本一1度、2位3度、3位1度と驚異的な好成績を残した。
    監督退任後は、2年間の評論家生活を経て、中日のGMに就任。

    ドラフト戦略には賛否があり結果は出なかったが、ここでも3年間、独自の手法で辣腕をふるい、チームを統括的に立て直した経験を持つ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c867e99c09ffea0db9072e234a2edb3c0c309e04?page=1


    >>2以降に続く

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/02/03(木) 23:35:18.97 ID:CAP_USER9
    【続き】


    「阪神は昨年優勝にあと一歩までいったが、チーム力があったのかと言えばそうではない。巨人がつまらない野球をやって、こけただけだ。矢野はキャッチャー出身ということもあり、多少は野球を知っている。生え抜きではないが“阪神愛“もあった。だが、井上ヘッドも含め首脳陣が若すぎた。ヤクルトの高津も若い監督だが、彼にはメジャーや韓国、台湾など、あらゆるところで野球をやってきた豊富な人生経験があった。
    監督としての能力差が、紙一重のところで出たと思う。その足りなかった部分を埋め、あと一歩のチームを勝たせるのに最も適した人材は厳しさと粘り強さを持った落合だ。現役時代の素晴らしい成績だけでなく監督としての実績もあり、彼の著書を読んだが、なにより、しっかりとした野球理論、哲学を持っている。彼なら阪神を優勝させますよ」

     
    落合氏は、関西のテレビ番組にゲスト出演し、阪神について語る機会が少なくない。

    先日もMBS系の番組で、阪神OBの掛布雅之氏と対談して阪神や佐藤輝明らについての持論を展開させた。

    中日監督から阪神監督の“横滑り“には、虎を18年ぶりの優勝に導いた故・星野仙一氏の先例もある。
    “劇薬“ではあるが、在野にいる監督候補としては球界大御所さえ認める落合氏がナンバーワンの”優勝請負人”であることは間違いないだろう。

    いずれにしろ、矢野監督の前代未聞の退任表明により、阪神は、ペナントレースの戦いと並行して次期監督選定を進めるという異例のシーズンを迎えることになる。

    落合氏は、関西のテレビ番組にゲスト出演し、阪神について語る機会が少なくない。

    先日もMBS系の番組で、阪神OBの掛布雅之氏と対談して阪神や佐藤輝明らについての持論を展開させた。

    中日監督から阪神監督の“横滑り“には、虎を18年ぶりの優勝に導いた故・星野仙一氏の先例もある。
    “劇薬“ではあるが、在野にいる監督候補としては球界大御所さえ認める落合氏がナンバーワンの”優勝請負人”であることは間違いないだろう。

    いずれにしろ、矢野監督の前代未聞の退任表明により、阪神は、ペナントレースの戦いと並行して次期監督選定を進めるという異例のシーズンを迎えることになる。



    【了】

    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1643898905/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



     阪神の矢野燿大監督(53)が31日、今季限りでの退任を発表した。キャンプイン前日に恒例の全体ミーティングを実施。その席で選手、スタッフに退任の意向を示した上で、今シーズンに懸ける思いを伝えた。超異例とも言えるタイミングでの発表に「伝えたことで戦っていく決意、覚悟はできた」と指揮官。まさに集大成となる最終年へ、退路を断って挑んでいく。矢野監督との一問一答は以下の通り。

      ◇  ◇

     (テレビ会見で)

     -ミーティングではどんな話をしたのか。

     「スアレスが抜けた穴というのはチーム戦力的にもかなり大きい部分。でも、若いピッチャー陣にとってはひと枠空いたので。それは大きなチャンス。その穴を1人で埋められなくても2人3人で。野手がもう1点取れればピッチャーだって楽だし、しっかり守ってやればその穴も埋められる。現状は戦力的にはダウンという感じかもしれないけど、キャンプが終わった時にレベルアップできて、穴を埋められて成長できたというキャンプにしていこうと」

     (続けて)

     「そういう話をしたのと…。もう1個は、えぇ…俺の中で、今シーズンをもって監督は退任しようと思っているので、それを選手たちに伝えて。俺も選手たちに『後悔のない野球人生を歩んでもらいたい』とか、『きのうの自分を超える日々を過ごしてほしい』とか言っている中で。俺自身が退路を決める中で、監督としてきょうのあいさつも『最後だな』と気持ちを持ってあいさつをさせてもらったし。あしたの2月1日の一日というのも、もう返ってこない一日なので。その一日も退路を決める、『来年はもう監督という立場でここに来ていることはないんだな』という気持ちを持って、自分も挑戦していきたい。それがチームのためにも選手のためにも、申し訳ないけど俺のためにもなるのかなという決断で決めたこと。そういうふうに伝えさせてもらいました」

     -話をした時の選手の雰囲気や表情は。

     「どうなんかな。俺もこみ上げてくるものがやっぱりあったし。でもスタートなんでね。なにも後ろを向いてやるためにそんなことを言ったわけではない。俺が辞めることで頑張ってくれというんじゃなくて、選手の見本になりたい。で、一日一日やりきりたいというのを伝えさせてもらったので。思いはしっかり伝えられたというのは、自分の中ではある感じです」

     -意気込みを。

     「去年の悔しさをもちろん持っていますし、でも去年やれた、成長できた部分もたくさんある。長いシーズンを乗り越えていける、そういう自信があふれるようなキャンプにしていきます」

     (ペン記者取材)

     -家族には伝えた。

     「そら最初に言うやろ(笑)」

     -反応は。

     「いや別に特に変わった反応、ビックリするような感じもないし。『そうなんだね』という感じでした」

     -スッキリした表情に見えるが。

     「いやもうスッキリしたね。言うことでマイナスな部分も、もちろんあるっていうのを自分の中でしっかり考えて。それでも伝えた方がやっぱりいいというか、自分も覚悟をさらに決められるということもあるし」

     -フロントからは慰留もあったのか。

     「もちろん、ありがたいというか、そういう言葉を頂けた部分もあった。こんなんね、本当は俺が決めることじゃなくて球団の方々が決めることだと俺も理解してるんだけど。でも自分の中で決断したんであれば、なるべく早く伝えるというのが球団にとってもいいのかなと」

     -3年契約を終えての4年目。集大成という気持ちも。

     「プロなんで結果が求められるというのはもちろん当然。でも本当に3年間、中身というか、みんなの姿勢というか、いいチームになってきたなというのが俺の中にあって。伝えられることはこの3年間、全力で伝えてきたし、俺の勝手な個人としての集大成としてね、1年間やりきるというところには、みんなきてくれたなというのはある」

     -今年こそ優勝。

     「そらしたいよね、したい。俺たちの野球を貫くことの先にそれがあると思っているんで。そういう気持ちで今シーズンも戦っていく決意、覚悟はできたかなと思います」

    続きを読む

    このページのトップヘ