とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    佐藤義則

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「オープン戦、ヤクルト6-9阪神」(16日、神宮球場)

     阪神の大型新人・佐藤輝明内野手(近大)の評価は毎試合、上がる一方だ。デイリースポーツ評論家・佐藤義則氏が、投手目線から見た佐藤輝を解説する。

     ◇ ◇

     阪神はキャンプ時から感じていたが、チームとしてスイング力が非常に高くなってきている。そのレベルの中でも、佐藤輝のスイングスピードは目立っているね。

     このタイミングで苦言や提言など必要ないし、実際に変えるべきフォームの欠点も見当たらない。

     欠点ではなく、特徴として解説するなら、佐藤が低めの球を打ちに行くとき、投手側の肩、つまり右肩の上がり幅が、他の選手よりは大きい。そして、そのボールに反応しようとした際に、バットのヘッドが落ちてしまうと、空振りする確率が上がる。

     この日で言えば三回、スアレスから空振り三振を喫した場面だ。アウトの中で、三振が多いのは、それが理由となっているように思う。当然、私が佐藤輝に投げる、またはコーチとして投手に指示するのであれば、高めの力のある球でファウルや空振りを取ってカウントを稼ぎ、低めの変化球で勝負、というのが基本線となるだろう。

     ただ、佐藤輝サイドに立てば、だからといってフォームを改造する必要はないと考える。このスイング軌道だからこそ、大きな飛距離を期待できる面もある。

     その上、四回の本塁打は左投手の高め直球を捉えたものだ。つまり、高めでファウル、空振り、という狙いの先手を打てる能力も持ち合わせているようだ。

     となれば、あとはプロの一線級のピッチャーが投げる低め変化球に対する慣れを待てばいい。長年プロでやってきているバッターでも、高低を使った配球に対応するのは難しいのだから、深刻になる必要もない。そこをファウルできるようくらいになれば、私から見ても恐ろしい打者となるだろう。




    阪神 際立つ佐藤輝のスイングスピード「慣れを待てば恐ろしい打者に」佐藤義則氏の視点(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/aa69d3106dbe31ba00ab4c24c466509d6fc586c9  この確信に満ちた表情🤭🐯✨ 佐藤君のスイングスピードとパワー さすが超大物ルーキーだよ😄🐯



    彡(゚)(゚)要は殆ど心配要らんからこのまま慣れてけって話 阪神 際立つ佐藤輝のスイングスピード「慣れを待てば恐ろしい打者に」佐藤義則氏の視点/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/03/16/0014155920.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     16年ぶりのリーグ優勝を目指す阪神の、春季キャンプが終了した。優勝のカギは「やはり投手陣」とする本紙評論家・佐藤義則氏(66)が、キャンプ視察を通じて感じ取ったところを総括する。

     ◇ ◇ ◇

     まず「おっ」と思わされたのが、矢野監督の表情だ。キャンプ最終盤を迎え、西勇、高橋という主力の離脱がありながらも、「今年はいいですよ」と力強い言葉を掛けてくれた。空元気ではない自信の表れと受け止めた。

     たしかにブルペンや、練習試合を通じて「なるほど」と思わされるものが、少なくなかった。

     目に付いたところをいくつか挙げていくがまずは、藤浪に触れたい。ここまでは、順調だ。直球も、スライダーなど変化球も、十分な質を備えており、しかもそれが安定的に投げられている。

     ただ、打者が立ったところで、その安定したフォームがやや、上体に頼ったものになる傾向があり、ブルペンや、イニング間の投球練習と比べるとばらつきが少し大きくなる。

     藤浪に限らずカウントが後手になるとピッチングが苦しくなる。打者がいてもいいバランスで投げられるようにできれば最善。ただ、すぐに習得できなくても、甘くてもファウルを取れるボールがあるのだから、「攻め方」でカウントを稼ぐ方法も頭に置いておいてほしい。

     新戦力では、チェンが少し心配だろうか。以前の球威がなくなった分、技術で勝負することになるだろう。それがどこまで通用するか、通用しない場合の見極めをどうするか、がシーズン中、問われることになりそうだ。

     ドラフト上位の伊藤将、佐藤蓮は、目を見張るような特徴はないが、プロでやっていけそうだなと思わせる力量は感じた。伊藤将はやや変則ながら、今のところリリースポイントのぶれが見られない。佐藤蓮はオーソドックスなフォームからの力強い球が持ち味だろう。

     各チームとも先発6、リリーフが左右それぞれ3ずつの、12人を基本線として微調整を施していく。阪神もチーム事情によるが、この2人のような若い投手はデビュー戦はともかく、先発から覚えさせるのが成長を早めるように思う。

     西勇や高橋の復帰見込みは分からないが、それでも12人を選べるレベルにあるのは強みだ。

     ただあえて、物足りない部分を指摘すると、全体的な傾向だが特に若い投手の、変化球への意識だ。簡単な話、捕手のミットが動かないような変化球を誰も投げられていない。キャンプも終わりにきて、ちょっとこの精度ではさみしい気がした。

     阪神はスタッフ的に、終盤までリードしていれば勝率が飛躍的に高まるだけに、特に先発陣は「最低でも七回までは」という意識でいてほしいし、それを実現するには変化球の制球力は欠かせないものとなる。

     布陣は、十分。各投手が実力を発揮できれば優勝できるはずだ。




    近年の課題はずっと打線。無援護をどれだけ減らせるかですね>阪神投手陣は優勝できる陣容 佐藤義則氏の分析「藤浪は直球も変化球も十分な質」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/184ed08321db0d72657a618f28d81f242dc97751 



    西の代役、ではなくチームの主役を張ることのできる投手なんですから。 【佐藤義則氏の眼】阪神・藤浪は西勇の代役でなくエース目指す時/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/02/26/0014107865.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場)

     阪神・藤浪が七回に登板して、162キロというボールを投げた。本当に素晴らしい球だった。今、彼が持っているものの中で、最高のタイミングで腕を振ることができたと言える。

     フォームに関して目立ったところでは、左足を上げる時、膝を地面から垂直方向でなく、軸足(右足)よりもさらに右、左腰をひねるような感じで中堅方向へ上げている。

     藤浪にとってタイミングを取りやすい足の上げ方にたどり着いたのだろう。その“効能”については、本人に確認するしかないが、思うに左膝を真上に上げてから体重移動に入ると、上体の突っ込みが早まり、最後に手が出てこない。左足が着地するまでのタメを作って、そこから気持ちよく腕を振るための足の上げ方に見えた。

     工夫や鍛錬で、さらにスピードを上げられる可能性があるが、まずはこの日の162キロのタイミングを完全に自分のものにすることを優先させてもらいたい。

     セットアッパーはもったいない。藤浪にはやはり、先発で勝つ投手になってもらいたい。先発となると、すべてを全力とはいかない。変化球も増える。そこで陥りがちなのが、緩い球を投げる際に肘が下がり、その肘の高さがスタンダードになってしまうというリスクだ。

     藤浪がこの162キロのタイミング、腕(肘)の高さを完璧にマスターした上で、力を抜いて150キロ、力を入れて160キロを投げるコツをつかめば、いくらでも勝てるピッチャーになるはずだ。(デイリースポーツ評論家)




    昨日の162キロを出す前の藤浪さん🐯 https://t.co/PbBlBBXjHR



    藤浪162㌔とか、やればできるじゃねぇか。三嶋みたいに、クローザーで使えばええ働きするんじゃね?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「DeNA9-1阪神」(28日、横浜スタジアム)

     前日の阪神・岩貞に続き、この日は中田も4回KO。西勇と青柳を除き先発陣が安定していない現状を考えれば、2番手以降の中継ぎの奮起が求められるが、この日のようにそこも苦しいやり繰りが続いている。デイリースポーツ評論家の佐藤義則氏は「現場の人間じゃないから言えない部分もある」という前提で、中継ぎ陣の「メリハリ」の重要性を説いた。

     「今、先発が早く代わった後の2番手以降の投手は、同じようなメンバーがどういう状態であれ、毎日のように1イニングずつ投げているような形だ。これでは苦しいし、投手の調子もなかなか上がってこない。『第2先発』じゃないが2、3イニングぐらい投げさせる投手がいてもいいかもしれない」

     この日は中田が降板した時点で点差は2点。こういった中で逆転勝ちを目指すために、中継ぎの働きは欠かせないが、この日は中継ぎで計6失点。そこを機能させるために佐藤氏が考えるのが「第2先発」の起用となる。

     「劣勢の中で長めに投げるリリーフがいれば、その分休ませられる投手も出てくる。結果的に試合に負けたとしても、休めたことで前向きに修正を図れて調子を上げていけるきっかけにもなる。他にリリーフの起用で言うなら、こういう状況では調子のいい投手を長く投げさせるのも一つの手にはなる」

     現状、リードした展開では岩崎、スアレス、藤川の3人。その中で言えば、開幕から好調のスアレスを早めに投入し、イニングをまたがせることも現状打破の一手となり得る。

     「スアレスは開幕から調子がいいだけに、そこまでつなげずに終わってはもったいない。スアレスはソフトバンクでも一緒にやっていたが、性格的にも真面目だし、イニングまたぎの登板もこなせる選手だから、今ならそういう起用をしてもいいのではないか」

     開幕から思うように進まず、3カード連続で負け越し。まだまだ連戦は続いていく。

     「負けている時の投手起用の難しさはよく分かる。連戦が続くだけに、修正しながらやっていかないといけないだろう」




    2勝7敗で最下位か。頑張れよ! 【佐藤義則氏の眼】阪神 中継ぎ起用にメリハリを #SmartNews  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/29/0013465149.shtml 



    阪神は中継ぎ起用にメリハリを…佐藤義則氏が指摘(デイリースポーツ) #Yahooニュース 今のフロントは、どうせ口やかましいどん様を監督にする覚悟なんかないだろうから、佐藤さん投手コーチとして戻ってきてくれんかな? 福原コーチを育てる意味でも  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200629-00000032-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     近づく開幕。今季はコロナ禍の影響で、当面は無観客での開催となるが、当初予定より3カ月遅れで始まる本番に胸は躍る。毎年恒例のデイリースポーツ評論家陣による順位予想。阪神は15年ぶりのリーグチャンピオンになれるのか。パ・リーグは西武が3連覇するのか。

      ◇  ◇

     【藤田平氏】

     阪神を優勝候補にしたのは新外国人選手の補強がうまくいったから。加えてガルシア、マルテと去年を経験した選手がいるのも大きい。

     120試合と試合数が減り、連戦が増えるというところで、投手の数が多いところが優位になってくる。阪神は人員が豊富だし、外国人投手の入れ替えで賄える部分も大きいと見ている。

     昨年は3桁の失策を数えたディフェンス面だが、開幕前最後の練習試合となったオリックス戦では、近本やマルテの好守に代表されるように、守備力の高まりを感じた。これをどうか1年続けてほしい。投手力を売りにしているチームだけに、堅実な守備とワンセットでなければ、つかめるはずの勝利を取りこぼしてしまう可能性がある。

     対抗馬は広島。リーグ4連覇を逃した昨年の反省がチーム全体に広がっていることに加え、一昨年まで3連覇した経験値がある。年代的にも脂の乗った選手が多いのも強みだ。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 広島

     3位 巨人

     4位 DeNA

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 西武

     3位 日本ハム

     4位 オリックス

     5位 楽天

     6位 ロッテ

     【佐藤義則氏】   

     セ・リーグは中日、ヤクルトを除く4球団の争いになる。今季は6連戦が増えるため、先発が踏ん張りきれなかった時のリリーフ陣が重視されるなど、例年以上に投手層の厚みが要求される。

     そうなると、阪神が有利か。課題とされた打線も、外国人は未知数の部分もあるが、糸井が3番あたりに入ればしっかり機能し、投打のバランスの取れたチームになる。

     巨人も強いだろうが、手のつけられない打線というイメージはない。攻撃力はDeNAの方が上ではないか。

     パ・リーグはやはり総合力でソフトバンク。西武も打線は遜色ない。涌井も加入し、先発投手陣が厚みを増しつつある楽天にもチャンスがあると見る。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 巨人

     3位 DeNA

     4位 広島

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 楽天

     3位 西武

     4位 ロッテ

     5位 オリックス

     6位 日本ハム

     【岡 義朗氏】    

     阪神は糸井、近本の1、2番がカギ。固定できれば一気に得点力が上がる可能性がある。長打も足もある1、2番は相手バッテリーにとってかなりの脅威だ。後ろにクリーンアップが控えているだけに、好機でこの2人が打席に入れば歩かされることも少ない。勝負強さもあるコンビだけに、さらに得点力アップが見込める。

     1、2番を固定するということは当然、中軸が固定される必要がある。ボーア、マルテら助っ人勢がクリーンアップとして機能することが大前提。もともと投手力は高いだけに、得点力さえ上がれば優勝へ近づける。

     パは打線だけなら西武が最強。しかし投手力を含めた総合力では、ソフトバンクが上回ると見た。

     ◆順位予想

     セ・リーグ

     1位 阪神

     2位 巨人

     3位 広島

     4位 DeNA

     5位 中日

     6位 ヤクルト

     パ・リーグ

     1位 ソフトバンク

     2位 西武

     3位 オリックス

     4位 楽天

     5位 日本ハム

     6位 ロッテ




    タイガースOBで 評論家の方々の 順位予想を見る限り 首位予想されてるのは 意外と少ないね😭 藤田平氏は首位予想! ほとんどの方々は "優勝争いできるが… それには ◯◯が鍵を握る!"と… 鍵を握る選手は たくさん居るみたいやね✨👍


    続きを読む

    このページのトップヘ