sanz


 「オープン戦、阪神-広島」(9日、甲子園球場)

 注目のドラ1ルーキー・佐藤輝明内野手(21)が放った左翼席への甲子園第1号に、チームメートも驚きをい通り越して嫉妬?すら芽生えたようだ。

 「(自分が)タイムリーを打って、チームを盛りあげた後に、佐藤がホームラン打って盛り上がったんですけど…ちょっと自分的には悲しくなりました。全部持っていかれた、そういう気持ちがあります。みんな2点タイムリーを打ったのを忘れていたよ(笑)」

 声の主は佐藤輝の直前に左越えの2点適時打を放っていたサンズ。冗談交じりにスーパールーキーの記念すべき一発の感想を語った。




阪神は佐藤輝明を6番における鬼打線です ていうか5番サンズもやばすぎます



阪神、ルーキー佐藤選手の本塁打がインパクトある。 でも、レフト佐藤ではないのか? ランナーに走られ放題のサンズがレフト守らないだけでもプラスだが(捕手目線でガックリくる)、何故ライトへ置く?ファーストでしょう。(⌒-⌒; )マルテの外野の方がマシ。 サードは大山選手一択。 #阪神


続きを読む