とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    佐藤輝明

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神・佐藤輝明内野手(22)が練習休日の22日、将来的な日本代表入りに意欲を示した。23日に開幕する東京五輪には、母校・近大から2012年ロンドン五輪アーチェリー男子個人銀メダルの古川高晴(36)=近大職=が出場。世界最高峰の舞台を意外に身近に感じている。

    4年に1度の祭典がいよいよ本格的に開幕する。佐藤輝も胸を高鳴らせた。いつか自分も日の丸を背負って戦いたい―。東京五輪の注目の選手を問われると、母校の先輩の名前を挙げた。

    「アーチェリー代表の古川高晴さんです。近畿大学出身ですし、近大の野球部とアーチェリーの練習場は隣なので、実際にお話をさせていただいたこともありますし、応援しています」

    古川は近大時代の04年アテネ大会から5大会連続で五輪に出場。12年ロンドン大会では男子個人で銀メダルを獲得した。現在も近大職員として母校を拠点に練習する。早速23日から試合のある大先輩と、交流があった。

    狙った的に矢を放つアーチャーと、小さな白球をバットで観客席へとほうり込むアーチストと畑は違うが、トップを目指すアスリートという点では同じ。日本を背負って戦う古川の存在は、22歳にも大きな刺激だ。

    その東京五輪には、阪神から青柳、岩崎、梅野の3人が野球日本代表として参戦。侍ジャパン戦士を身近に感じるからこそ、視線はおのずと高いところへ向いた。

    「代表に選ばれて野球をやってみたいという気持ちは強くなりました。そのために自分のやるべきことを継続して行い、結果を出していけるように頑張りたいです」

    大学2年時に日本代表に選出されて日の丸を背負ったが、プロでも―。2024年パリ五輪で野球は実施競技から外れ、28年ロサンゼルス五輪での復活も不透明。だが、五輪でなくともワールド・ベースボールクラシック(WBC)やプレミア12がある。

    いつかもう一度、ピンストライプのユニホームに袖を通す。そんな将来像を想像しながら、今はじっくり己の牙を磨く。(織原祥平)




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神佐藤輝明内野手(22)が、球宴で得た金言で後半戦に向け、さらなる打撃向上を目指す。

    甲子園で全体練習が行われ、炎天下、アルプススタンドを階段ダッシュし下半身を強化。球宴明け初の屋外フリー打撃では、40スイングで6本の柵越えを放った。

    球宴では憧れのソフトバンク柳田から直接アドバイスをもらった。ソフトバンクの球団公式ツイッターの動画によれば、柳田から「(打球を)投手の手の方へ返すイメージで」と打撃練習中のアドバイスだった。佐藤輝は「球界を代表するすごい打者ですし、今日すぐにとかではないが、これからも参考にさせていただきながら練習していきたい」とギータ流も引き出しのひとつとして、活用していく。

    ほかにも広島鈴木誠や多くの強打者からも学んだ。「内角もそうですし、変化球、真っすぐに対してのアプローチだったり、いろいろ試すことのできる、いい期間だと思うので、有効に過ごしたい」と、多くの課題に取り組む。球宴で獲得した賞金200万円には「とりあえずは、ためておきます」と話していたが、お金では買えない貴重な先輩たちのアドバイスを財産とする。【石橋隆雄】




    お二人共。ありがとう。 ウチのテルにアドバイスくれて。 後半戦も楽しみです! 阪神佐藤輝明お金で買えない財産 柳田金言、鈴木誠也ら強打者から学び(日刊スポーツ) #Yahooニュース #阪神タイガース  https://news.yahoo.co.jp/articles/c7ae3c4b945988e6a5b612883440846ba3ceaf6f 



    阪神・佐藤輝明選手が甲子園全体練習に参加。球宴後初めて屋外でフリー打撃を行い、ソフトバンク・柳田悠岐選手から学んだ打撃の極意を今後に生かすことを誓いました。本日の大阪サンスポに掲載されています。 #阪神 #佐藤輝明 #サンスポ 阪神情報はサンスポ  https://www.sanspo.com/tag/npb/tigers/  pic.twitter.com/qI3kO8S1SH


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・佐藤輝明内野手(22)が21日、甲子園での全体練習に参加し、球宴後初の屋外フリー打撃など通常メニューをこなした。後半戦へ向けて掲げたテーマは、内角球対策や、変化球、直球へのアプローチ。前半戦は両リーグ最多の121三振を喫したが、五輪期間中に改善を図り、後半戦では生まれ変わった姿を見せる。

     糸口は見えている。前半戦の課題を振り返り、佐藤輝が打撃改善に取り組む。これまで矢野監督から成長への過程の一つとして内角球の対応を挙げられていることも踏まえ、ブレーク期間中に意識するテーマを掲げた。

     「内角もそうですし、変化球、真っすぐに対してのアプローチだったり、いろいろ試すことのできる良い期間だと思う。無駄にすることなく、有効に過ごしたいなと思います」

     ここまでは上出来。出場84試合で20本塁打。持ち味のフルスイングで豪快な一発を放っている一方、両リーグ最多の121三振を喫した。相手バッテリーからの執拗(しつよう)な内角攻めに苦しんだ。また緩急を使った厳しい攻めにも苦しんだこともあり、内角球はもちろん、直球や変化球の見極め、そして対応力向上が、後半戦への鍵だと自覚する。

     さらなる進化を遂げるべく、この日は灼熱(しゃくねつ)のような暑さの中で体をいじめ抜いた。他のチームメートと共に一塁側アルプススタンドでの“階段ダッシュ”を敢行。「暑くてしんどかったですね」としながら、「下半身も鍛えることができましたし、頑張りました」と充実感をにじませる。

     聖地で久々に響かせた快音が力強い。オールスターを終えてから休みを挟み、20日にチームに合流。この日、球宴後初の屋外でのフリー打撃を行い、状態を確かめた。40スイングで柵越え6本。その後のロングティーの合間には、動画でフォームをチェックするなど余念がなかった。

     球界を代表するスラッガーからの“金言”も受けている。球宴中はソフトバンク・柳田との対話も実現。「参考にさせていただきながら練習していきたいです」。ブレーク期間の今は試行錯誤を繰り返せる時期。後半戦初戦は8月13日・広島戦。雌伏の時を超えて進化させた打棒を披露する。




    阪神・佐藤輝 五輪ブレーク中に内角対策&直球、変化球へのアプローチ改善へ(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/46285e4537b5c9eb1167fd279bc81168630510f3  優勝の為には彼の奮起が必須‼️。💪彼が打てば周りも相当刺激を受けるはず。 対策を実らせて後半戦に期待だ。



    阪神・佐藤輝 五輪ブレーク中に内角対策&直球、変化球へのアプローチ改善へ(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/46285e4537b5c9eb1167fd279bc81168630510f3  みんな弱点克服、成長のために練習してるよ。ただそれが発揮できるかできないかだけだよ。変えて成功するし変えて失敗するし。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球・阪神タイガースが2008年以来となる前半戦首位ターンを決めた。熱心な阪神ファンとして知られる、アイドルグループ「櫻坂46」の小池美波さん(22)に前半戦の印象や、今後への期待について聞いた。




    マ、マジで!?(今更) サトテルと同級生だなんて! 櫻坂46・小池美波さんが語る阪神愛 佐藤輝は同級生 [KANSAI]:朝日新聞デジタル  https://www.asahi.com/articles/ASP7J5CMRP7GPTQP00Y.html 



    @NogiTigersTrain ちなみに小学校時代同じクラスで牛乳代わりに飲んでくれてたらしいです笑


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     五輪期間は成長期間! 阪神・矢野監督は初球宴を終えて再合流した新人の佐藤輝、中野に対し、五輪ブレーク中も成長期間と位置づけ、練習を優先させる方針を明かした。

     「新人やしリフレッシュを優先させるというのはないと思う。疲れがある中、どうするかっていうのも大事」

     1年目にして前半戦から主力として機能した。初めてのことばかりで、疲労が蓄積しているであろうことは想像に難くない。ただ一方、課題があることも明白。佐藤輝はさらなる打力向上が必要不可欠で、中野には守備力向上が求められる。疲労がある中、いかに課題と向き合うか。それが、本人たちの今後に生きるというわけだ。

     「シーズンに入っても競争は続く」。指揮官は常にチーム内競争を意識させており、新人も例外ではない。「リフレッシュ第一に考えるよりかは成長のために今何をやったらいいかを考えながらやっていこうかなと」。すべては選手の将来のためであり、勝利最優先のチームのため。後半戦へ向け、チーム力の底上げを徹底する。(山本 浩之)




    疲労とどう向き合うのかを学ぶことも大切です。 阪神・矢野監督、五輪期間で佐藤輝  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/07/21/kiji/20210721s00001173099000c.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ