とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    佐藤輝明

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇侍ジャパン代表メンバー発表

     11月の強化試合「侍ジャパンシリーズ2022」を戦う代表メンバー28選手が4日、発表され、阪神・佐藤輝明内野手(23)が初選出された。外野手枠の選出で、背番号「7」をつけて臨む猛虎の和製大砲。日の丸でも豪快アーチをかけ、来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の代表入りへ向けて持ち前のパワーをアピールする。また阪神からは佐藤輝とともに近本光司外野手(27)、中野拓夢内野手(26)、湯浅京己投手(23)も選出された。

     日の丸を背負っても、丸くなるつもりはない。豪快な打棒を武器に侍ジャパンの一員に名を連ねた佐藤輝が欲するのは、心地よい感触と球場内に響きわたる快音で大歓声を巻き起こす一発だ。

     「選んでもらって光栄。しっかり振って、ホームランを打てるように頑張ります。(WBCに)選んでもらえるように、しっかりアピールできたら」

     今季レギュラーシーズンでは20本塁打を放ち、左打者ではNPB史上初となる新人から2年連続の20本塁打以上を達成した。リーグ4位の84打点もさることながら、やはり佐藤輝の旗印は「本塁打」と言える。だからこそ侍ジャパンを率いる栗山監督から白羽の矢を立てられた。それなら、その持ち味を存分に発揮するのが、一人の侍としての礼儀だろう。

     日本の指揮官が求める「侍像」に合致する存在でもある。栗山監督はこの日、選出した全野手に対して「できれば2つのポジションで守ってもらいたい」と複数守備位置制を敷く方針を示した。外野手として選ばれた佐藤輝も例外ではないが、すでに阪神でも基本的に右翼と三塁で併用されており、その点については支障がない。それどころか試合展開などによるベンチの要求に柔軟に対応することができるのは、大きな強みと言える。

     さらなる進化を促すきっかけとなるかもしれない。9月12日、中日戦を視察した際の栗山監督からは「僕が…というより、佐藤選手が活躍する姿を、みんなが待っているというのは、よく分かっている」と可能性を買われた。そしてこの日、送り出す側の阪神・矢野監督からは「あいつの実力で本当にそこ(代表の座)をつかみ取ったというふうには、俺も捉えていない。(呼んでもらって)“当然でしょ”というところまでいってほしい」とハッパもかけられた。当の本人も闘志を燃やす。

     「トップ選手が集まる場なので、しっかり結果を出さないと(WBC代表には)選ばれない。頑張ります」

     今年3月の台湾との強化試合が中止となり「もう一回チャンスを頂けたので、うれしい」と胸を躍らせたが、目指すべき舞台は先にある。来年3月のWBCへ向かう号砲を、自らのバットで打ち鳴らす。(長谷川 凡記)

     ▽佐藤輝の日本代表歴 近大2年時の18年、大学日本代表に選出。7月米国で行われた日米大学野球では2試合に左翼とDHで先発して7打数1安打1打点。同月オランダでのハーレム国際では3試合にDHと2度の代打で6打数無安打。守備の出場はなかった。




    #侍ジャパン シリーズ2022】 #佐藤輝明 選手コメント 「選んでいただけて光栄です。侍ジャパンはこどもの頃からWBCを見て憧れをもっていましたし、その憧れの日の丸のユニフォームを着て、しっかり活躍できるように頑張ります」 #阪神タイガース #Tigers pic.twitter.com/HRmr6AWL7k



    @asahi_tigers 背番号7✌️おめでとう㊗️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     11月の侍ジャパン強化試合(5日・日本ハム戦、6日・巨人戦=東京D)と同9、10日に行われるオーストラリア戦(札幌D)の代表メンバーが発表され、阪神からは4人が選出された。

     近本光司外野手、中野拓夢内野手、佐藤輝明内野手、湯浅京己投手。近本と佐藤輝は3月の台湾戦のメンバーにも入るはずだったが、新型コロナの影響で開催中止。今回が4人ともトップチームでは初の代表入りとなった。また、阪神では背番号8の佐藤輝は「7」を背負うことになった。

     以下は各選手のコメント。

     近本「日本のトップ選手が集まるところなので、自分自身にとっていい経験になるようにしたいですし、自分が変われるチャンスだと思って、チャレンジ精神を持ってやっていきたいと思います」

     中野「野球をやる上で、いつかは日の丸を背負って戦いたいという思いは学生の頃からずっと持ち続けていましたし、そういう機会を今回いただけたので、プレッシャーや緊張はあると思いますが、そこも楽しみながら日本のために自分のプレーをして貢献したいと思います」

     佐藤輝「選んでいただけて光栄です。侍ジャパンは子どもの頃からWBCを見て憧れを持っていました。その憧れの日の丸のユニホームを着て、しっかり活躍できるように頑張ります」

     湯浅「侍ジャパンに選んでいただいたこと、素直にうれしいですし、光栄です。日の丸を背負ってプレーするということは一つの目標でもありましたし、自分の持っている力をしっかり出して、日本の力になれるようにがんばります」




    阪神から侍が何人も出てきてそれもここ4年内のドラフトって考えたらやばすぎるな



    侍ジャパン阪神の選手4人も 選ばれてるのマジで神


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神第35代監督に岡田彰布氏(64)の就任が内定した。正式発表、就任会見はもう少し先になるが、オリックス監督時代の2012年は担当記者として密着し、デイリースポーツ評論家として健筆を振るう中で、16年と今年は“岡田番”として接してきたデイリースポーツプロ野球デスクの西岡誠(41)が『岡田の心』と題し、18年ぶりのリーグ優勝を狙う来季の岡田野球の予想図、在り方などを全4回で占う。第1回は野手編。

      ◇  ◇

     今季、矢野監督はあらゆる選手の打順、守備位置を動かした。打線の中軸を打つ大山、佐藤輝も関係ない。岡田氏は将来の阪神を担う2人が動く姿を見るたびに、記者席でつぶやいていた。

     「なんでいつもこういうことをするんやろうなあ。動かす選手を間違っとるで」

     岡田氏は以前から「一塁・大山、三塁・佐藤輝」を提唱し続けてきた。「2人はクリーンアップを打たないとあかんのやから、固定してやらんと。打撃に集中できるようにしてやらんと、伸びるもんも伸びへんで」。同氏の監督就任後は間違いなく2人の守備位置は固定され、来季の4番を争わせる形になる。

     2人に対する期待は大きい。「2人がこのままダメになったら、阪神は終わってしまう」と奮起を促す。一方で今季の成績はもちろん、技術、考え方、振る舞いなどに物足りなさを感じていることも事実だ。

     今オフは3年ぶりに秋季キャンプが実施される見込み。佐藤輝はプロ入り後、初めて安芸での鍛錬となる。「一番伸びる時やからな、秋は。大山もやけど、一番鍛えなあかんのは佐藤(輝)やで」。2人にはポジションを与える代わりに徹底的に鍛えられ、“変化”が求められる。中軸として責任と自覚も植え付けられるはずだ。

     2人とともに「ドラフト1位クリーンアップ」で話題となった近本は役割が変わりそうだ。「3番だと、後ろにクリーンアップがおるから足が生きへん。まだ赤星ほどの盗塁のスペシャリストではないけど、もっと走れるよ」。1番打者に求めることは、安打数より出塁率。近本が3割後半の出塁率を維持していることは評価しており、来季は「1番・中堅」が有力だ。

     また、岡田氏は近年の外国人選手に頼る傾向も危惧してきた。「育成するにしても、日本選手のポジションがなくなるやん」。外国人選手を起用するとしても、外野の一角だけ。一、三塁、中堅以外は競争になるのではないかと見ている。そうなれば日本選手はチャンスが増える。

     ただ、岡田阪神ではシーズン中に「競争」は起きない。首脳陣の仕事は「見極め」と話す同氏。開幕までにレギュラーを勝ち取った選手はほぼ固定されるだろう。逆に言えば、選手は今秋のキャンプでアピールし、来春はシビアな競争を勝ち抜くことが求められる。

     自身が優勝へ導いた2005年は、メンバーそれぞれが強烈な個性を放っていた。「選手個人のファンが多い時、阪神は強いんよな」。勝つことが最大のファンサービス。甲子園を熱狂させるチームを作り上げていく。

     ◆岡田彰布(おかだ・あきのぶ)1957年11月25日生まれ、64歳。大阪市出身。現役時代は右投げ右打ちの内野手。北陽から早大を経て79年度ドラフト1位で阪神入団。新人王(80年)、ベストナイン、ゴールデングラブ賞各1回(いずれも85年)。94年オリックス移籍後、95年現役引退。オリックス、阪神コーチを歴任後、2004年阪神監督就任。05年にリーグ優勝。08年退任。10年から12年途中までオリックス監督。現デイリースポーツ評論家。




    大山なんて、今年たらい回しでユーティリティになってたもんな😅 これはやって欲しいね。 #阪神タイガース /岡田次期監督なら佐藤輝&大山は守備固定か 「打撃に集中」させて4番争い 番記者が占う心の内/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/10/04/0015693471.shtml  # @Daily_Onlineより



    当然やろな… 岡田次期監督なら佐藤輝&大山は守備固定か 「打撃に集中」させて4番争い 番記者が占う心の内 #SmartNews  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/10/04/0015693471.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1664758714/


    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/03(月) 09:58:34.46 ID:5rIXdNuU0
    まぁまぁよな

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/03(月) 09:59:47.05 ID:cGwMowpZ0
    どんでんっぽい成績

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神3-3ヤクルト(2022年10月2日 甲子園)

     佐藤輝が今季の全143試合で先発出場を果たした。大きな故障をすることなく完走。チームで唯一の“皆勤賞”となり「そこはうれしい。この先も続けたい」と胸を張った。ただし、快音は響かせられなかった。いい当たりが正面を突いて4打数無安打。9回に栄枝が同点打を放った直後のサヨナラ機は、申告敬遠で歩かされた。

     2年目のレギュラーシーズンがこれで終了した。打率、打点など、打撃成績は1年目から軒並み良化。懸念の三振数は173から137に減った。手応えをつかんだ一方、歯がゆさも残った。昨季の24本塁打から20本に減少し、「ホームランを増やすことができなかった」と悔しさをにじませた。CSで勝利を呼ぶ一発を放つ。




    佐藤輝明全試合出たのか。素晴らしいな



    ☑️2022年の佐藤輝明 ☑️9/27 10試合連続安打 (1安打2四球) ☑️9/28 11試合連続安打 (2安打) ☑️10/2 開幕から全143試合でスタメン出場 プロ2年目で全試合スタメンは2005年の鳥谷以来17年ぶり 「多く試合に出られたという事なのですごく嬉しいですしこの先も続けていきたいなと思います」 #阪神タイガース


    続きを読む

    このページのトップヘ