とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    候補4人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今年の阪神は開幕投手を誰が務めるのか注目されている。現役時代、開幕投手を5度経験し、引退後も多くの球団で投手コーチとして開幕投手の決定に携わってきたデイリースポーツ評論家の佐藤義則氏(67)が、阪神の開幕投手選びについて語った。

      ◇  ◇

     3月に入るとオープン戦も本格化し、25日の開幕へ向けて各チームとも総仕上げの段階に入ってくる。注目の一つに開幕投手をだれが務めるのかというがある。早々と決定しているチームもあれば、これから絞り込んでいくチームもある。

     阪神はというと、現状では青柳、秋山、西勇、伊藤将の4投手が候補に挙がっている。矢野監督は「まだ決めない」とコメントしていたが、内心ではすでに決めているのかもしれないし、言葉通り、まだ決めかねている状況かもしれない。

     私が考える開幕投手の絶対条件は、やはり1年間、先発ローテーションから外れることなく投げてくれる投手になってくる。チームの大黒柱、エースと呼ばれる投手が開幕マウンドに立つべきだ。

     そういう条件で見てみると、青柳は昨季の最多勝投手、秋山も2年連続2桁勝利を挙げており、ともに安定感がある。西勇は昨季は6勝止まりながら、通算勝ち星(101勝)は他の3人を大きく上回り実績は一番だ。伊藤将は球の力は4人の中で一番あるけど、まだ2年目。今年はどうかな。いずれは開幕マウンドに立つであろう投手だとは思うが。

     いずれも10勝以上できるだけの力を持った投手が4人もそろっているからこそ、矢野監督も頭を悩ませているんじゃないかな。開幕投手を任せられるような投手が見当たらなくて悩んでいるんじゃないから、ある意味、うれしい悩みといえる。

     チームの大黒柱が開幕マウンドに上がるというのは昔も今も変わらないと思うけど、近年はそこに対戦チームとの相性も加味していくことが一般的になってきた。開幕カード、さらに2カード目、3カード目の相手との相性も見ながら、開幕ローテーションの順番を決めていくのだ。

     今年の阪神の開幕カードの相手はヤクルト。昨季の対戦成績を見ると、青柳は4勝1敗、秋山は0勝0敗、あとの2人はともに0勝1敗で、青柳の相性の良さが際立っていた。2カード目に当たる広島戦の数字を見ると、青柳は0勝1敗、秋山は5勝3敗、西勇は2勝4敗、伊藤将は3勝0敗だった。秋山と西勇は昨季に限らず、これまで総じて広島との相性がいい。

     こういうデータも見ていくと、開幕投手の最有力はやはり青柳になってくるんじゃないかな。最多勝のタイトルを取ったことで、相当自信を深めていると思うし、投手陣を引っ張っていく覚悟もできているだろう。もちろん今後のオープン戦での結果も関係してくるとは思うが。

     開幕投手を伝えられるのは、投手の立場からすれば早ければ早いほどありがたい。そこに向けてしっかりと気持ちを入れて調整に入っていけるからだ。12球団で12人しかいない開幕投手に選ばれることは投手にとって名誉なことであり、緊張よりも「よし、やってやるぞ!」という気持ちの高ぶりも出てくる。

     今年の阪神は、いつ本人に伝えられるのか、あるいは、すでに伝えられているのか。いずれにしても、矢野監督がどういう決断をするのか注目したい。




    阪神まさか開幕投手藤浪とかあるんかな、普通に最多勝の青柳でいいと思う、藤浪はまず楽なとこで投げさせてあげたらいい



    おー阪神は青柳さんが開幕投手有力か。 #阪神 #青柳晃洋「開幕投手をやりたい気持ちもすごくある」自身初の大役へ自己採点「100点」(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/a442a6bcd13525dc89f4a10ee76a0c56a51a3f99 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神の開幕投手争いが本格的に始まる。沖縄・宜野座春季キャンプは17日で第4クールが終了。休日を挟んで19日楽天戦(金武)には秋山、20日の中日戦(宜野座)には青柳が先発でそれぞれ2イニングを投げる予定。伊藤将も中日戦に中継ぎ登板。19日には西勇がシート打撃に登板し、矢野監督が候補に挙げた4人の投手が第5クールにそろってマウンドに上がる。

    昨季最多勝で本命の青柳は昨季までは開幕ローテ入りを狙い、2月初旬で初実戦に臨んでいた。今年は調整を任され「僕の中では開幕ローテに入ると思っている。ローテじゃなくて、シーズンを見据えての練習ができている」とこれまでとの違いを実感。中日戦に向けては「去年、カウントが悪い時にツーシームに頼ってしまったところがあった。悪いカウントでも別のボールを投げたりとか、試したい」とテーマを掲げた。

    3月25日、ヤクルト戦(京セラドーム大阪)の開幕戦に先発するのは誰か? 矢野監督は「もちろん開幕は特別なところだし、普段とは違うような気持ちで登板すると思うから」と話した一方で、「2番目に投げる投手も3番目に投げる投手も大事になってくる。全体を見て、1年間どう力を出せるのかなってところも考えながらの判断になる」と話した。4投手全員が2ケタ勝利を記録している。ハイレベルな競争に注目だ。【古財稜明】




    阪神ハイレベルな開幕投手争い、候補4人が第5クールで登板 矢野監督「全体を見て判断」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202202170001121.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  いよいよこの時が来たね 開幕投手争い。さあ注目です🤭🐯


    続きを読む

    このページのトップヘ