とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    元阪神ドラ1

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     DNAレベルで備わっていたアスリートとしての本能。それが様々な経験を経て、一つの方向に集約されようとしている。「未来ある子達のために。一緒に夢を追っていきたい」。99年阪神タイガースドラフト1位、現在44歳の的場寛一さんは、人生の岐路に立ち意気込みを新たにしている。

     的場さんはこの3月から、栄養補助食品、プロテインなどを扱う「DNS」の代理店を立ち上げた。前職はスポーツメーカーのアンダーアーマーに勤務していたが、同社の一部門だった「DNS」の子会社化に伴い自ら独立する道を選んだ。

     アスリートのフィジカル面での意識に関しては、元々はアメフトからのフィードバックが大多数だった。だが、近年は考え方が進み、ほぼ全てのスポーツで身体作りの重要性が認められる世界となった。

     そこで野球市場の拡大というテーマが挙がり「私に話をいただいて、代理店という形で個人としてやる形でスタートしました。どこかで独立志向はあったので」とタイミングが一致した。

     まだスタート直後だが、関東圏を中心に営業に勤しんでいる。これまでの人間関係を活用し、自らの足で仕事を獲得する。自宅のある都内から往復5時間ほどかかる現場にも、電車、バス、徒歩で赴く。

     高校、大学、社会人の野球チームを訪れては「個々の能力をアップさせる目的で身体作り、パフォーマンス向上のため、サプリメントの大切さを伝えさせてもらってます」と熱のこもった営業を行っている。

     ここで生きてくるのが経験だ。的場さんは阪神タイガースで6年間の現役生活を経験。左膝の故障や右肩脱臼など、思い描いた現役生活ではなかった。走攻守3拍子揃った遊撃手として期待されながら悔しい思いをした。

     「怪我に関しては、備えていれば防げたかもしれないなと今になって思います。大事な若い時期に膝を痛めて、下半身のトレーニングもできず時間がかかった、プロとしての意識がまだ低かった」

     自らの苦い経験はもちろんだが、成功例も知っている。2004年から一緒にプレーした金本知憲氏(前阪神監督)には「怪我に関する意識、概念が変わりました。『肉離れは怪我じゃない』とおっしゃってた。考え方次第でその後の結果、未来が大きく変わるんだなと思った」と衝撃を受けた。身体作りへの意識の高かった金本のエピソードも、トレーニングとサプリメントの重要性を説く大きな武器となっている。

     NPB引退後はトヨタ自動車野球部に所属し6年間プレー。元プロという色眼鏡で見られるリスクを、誠実な人柄やプレーへの姿勢で克服した。結果、若手から慕われる存在となり、チームを日本選手権連覇に導くなど活躍した。

     野球部を引退後は同社人事部に配属され、社内イベントを担当するなど組織の中での役割を担った。周囲は東大や京大出身のエリートばかり。そんな環境で神経と睡眠時間を削りながら業務に取り組んだ。

     「一つずつ、自分が成長しているなと感じられた。野球と一緒やなと思いました。今となったら本当にいい経験でした」

     不安定なプロ野球の世界から、世界の大企業トヨタ社員への転身。安定した生活が約束されていた。ここで終わればハッピーエンドだが、そんなタイミングでアスリートのDNAがうずいた。
     「スポーツに魂の根っこがあるのかな。『スポーツを通じて社会を豊かにする』という企業理念に惹かれて」と、アンダーアーマーに転職。収入面での条件は下がったが湧き出るチャレンジ精神を止められなかった。

     そして現在だ。子供の頃からの夢だったタテジマのユニホーム、世界に名だたる大企業への就職、スポーツ事業大手を経て的場さんは独立の道を選んだ。

     全ての経験が血肉となり、険しい道をあえて選ぶ精神性を身につけた。生活は楽ではないが悲観などしていない。「勇気はいりました。でも、やりがいはある。今はグッと屈んでる状態。そこからどれだけ高く飛べるか、自分自身楽しみです」。組み込まれたアスリートの本能。掴んだノウハウで未来を担う若きアスリートの道を切り拓く。自らのビジョンの具現化へ。的場さんが動き出した。

    ◆的場 寛一(まとば・かんいち)1977年6月17日生まれ。兵庫県尼崎市出身。愛知・弥富(現黎明)高から九州共立大を経て、1999年ドラフト1位(逆指名)で阪神入団。同年4月11日の巨人戦(甲子園)で初出場初スタメン。左膝手術や右肩の脱臼など度重なる故障により、05年シーズン後に戦力外通告を受けた。06年から社会人野球のトヨタ自動車でプレー。12年限りで現役引退。同社で勤務の後、アンダーアーマーでの勤務を経て2021年3月に独立。DNS代理店を立ち上げた。NPB通算24試合出場、打率・143、0本塁打、1打点。180センチ、72キロ。右投げ右打ち。

    まいどなニュース



    ▼的場寛一さんのTwitter





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/19(金) 16:59:05.40 ID:JX5i2B+E0
    no title

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/19(金) 16:59:58.61 ID:JX5i2B+E0
    ちな桧山の成績
    1992 (23) 007試合 .176 (017 -003) 00本 01打点 .176 .176 .352
    1993 (24) 033試合 .162 (068 -011) 02本 06打点 .219 .309 .528
    1994 (25) 032試合 .278 (036 -010) 02本 07打点 .278 .500 .778
    1995 (26) 115試合 .249 (305 -076) 08本 36打点 .305 .397 .702
    1996 (27) 130試合 .263 (464 -122) 22本 73打点 .353 .455 .808
    1997 (28) 136試合 .227 (466 -106) 23本 82打点 .333 .425 .758
    1998 (29) 122試合 .226 (398 -090) 15本 52打点 .317 .407 .724
    1999 (30) 095試合 .256 (285 -073) 08本 37打点 .331 .393 .724
    2000 (31) 087試合 .220 (159 -035) 04本 16打点 .328 .377 .705
    2001 (32) 121試合 .300 (406 -122) 12本 57打点 .355 .448 .803
    2002 (33) 110試合 .293 (416 -122) 13本 61打点 .340 .445 .785
    2003 (34) 111試合 .278 (414 -115) 16本 63打点 .338 .459 .797
    2004 (35) 130試合 .306 (468 -143) 18本 84打点 .352 .481 .833
    2005 (36) 119試合 .278 (302 -084) 08本 40打点 .352 .421 .773
    2006 (37) 085試合 .180 (133 -024) 02本 12打点 .243 .263 .506
    2007 (38) 085試合 .191 (089 -017) 03本 13打点 .311 .303 .614
    2008 (39) 094試合 .300 (110 -033) 00本 19打点 .355 .409 .764
    2009 (40) 082試合 .225 (089 -020) 01本 09打点 .283 .303 .586
    2010 (41) 072試合 .254 (067 -017) 01本 12打点 .296 .373 .669
    2011 (42) 069試合 .274 (062 -017) 01本 08打点 .333 .355 .688
    2012 (43) 067試合 .224 (058 -013) 00本 06打点 .333 .241 .574
    2013 (44) 057試合 .196 (051 -010) 00本 13打点 .305 .275 .580
    通算成績 1959試合 .260 (4863 -1263) 159本 707打点 .331 .416 .747

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/19(金) 17:00:57.04 ID:JX5i2B+E0
    伊藤隼太さんの成績
    2012(23) 22試合 .148(*54-*8) 1本 *5打点 0盗塁 OPS.401
    2013(24) 30試合 .145(*62-*9) 1本 *4打点 0盗塁 OPS.442
    2014(25) 52試合 .294(119-35) 2本 12打点 1盗塁 OPS.743
    2015(26) 63試合 .252(135-34) 2本 12打点 0盗塁 OPS.650
    2016(27) 29試合 .245(*53-13) 1本 *4打点 0盗塁 OPS.599
    2017(28) 73試合 .261(*69-18) 2本 *9打点 0盗塁 OPS.678
    2018(29) 96試合 .247(150-37) 1本 13打点 0盗塁 OPS.675
    2019(30) 出場なし
    2020(31) 出場なし
    通算 365試合.240(642-154) 10本 59打点 1盗塁 OPS.631

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1613721545/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【元阪神ドラ1伊藤隼太 戦力外からのハローワーク(4)】

     現役を引退したプロ野球選手のうち、指導者や評論家に転身できるのはごくわずか。第2の人生に悩む者は多い。伊藤は昨年12月にトライアウトを受験した2日後、戦力外となってセカンドキャリアを模索する選手向けに、選手会が主催した研修会に参加した。

     「講師やスタッフは20人近くいたのに、選手の参加者は僕を含め4人。あまりの少なさに驚きました。プロ野球選手が引退後の進路に悩むとは聞いていましたが、気持ちをなかなか切り替えられず、踏み出せない人は多いのかなと思いました」

     慶大の同級生の多くは卒業後、一般企業に勤めている。年に数回集まって旧交を温めながら、社会情勢やサラリーマンの生の声を聞けるのは貴重な機会だ。どこの世界でも人とのつながりの大切さは共通だと知らされ、この研修会にも今後の人脈づくりに役立てばと顔を出した。講師の1人に元阪神投手で公認会計士の奥村武博氏(41)もおり、その後も進路の相談に乗ってもらった。

     妻、3歳の長男と家族3人、手元にある生活費で食べていけるのは1年ほど。戦力外通告後はいつ底をつくか分からない不安から、少しでも稼げるようオンラインイベント、オリジナルグッズ製作など収入源を確保する準備を進めた。ユーチューバーの活動も開始。今後の進路に対する考えが二転三転したことで、慶大の同級生だった妻に「不安を抱かれ、モメたこともありました」。

     だが、トライアウト後には現役続行を最優先とすることで気持ちが固まっていた。第一志望のNPBから声がかからなかった場合に備え、関係者を通じて韓国、台湾、米独立リーグなど海外でプレーできる可能性を探ってもらった。

     すべては「野球人生の区切りをつけるため」。所属先を失い、1人で練習を続ける苦労が身にしみた。これまでのオフの自主トレのように、球場を貸し切る予算はない。阪神同期入団の後輩、西田直斗氏(27)が大阪府内で監督を務める中学硬式野球の練習拠点を借りれたのは助かった。打撃や送球の練習はレンタルスペースを使い、体幹トレーニングは砂浜。ジムに通い、自宅近くの大阪城の坂道を走った。

     最も困ったのはキャッチボール。トライアウトまでは阪神の2軍施設を使わせてもらったため、球団スタッフが相手を務めてくれたが、受験後は平日の練習パートナー探しに苦戦した。オファーを信じて黙々とトレーニングを続けたが、頼みの海外の球団も世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか具体的に話は進まなかった。




    【今日の紙面から】 ・元阪神ドラ1、伊藤隼太〝独白〟連載 「戦力外からのハローワーク」④ トライアウト後、選手会主催の研修会に参加したが…そこで見た「第二の人生」の現実は… #hanshintigers #TigersDreamlink #mappy_e #愛媛マンダリンパイレーツ #伊藤隼太 #npb #ホムラジ #夕刊フジ pic.twitter.com/4imNd7Lg0b



    伊藤隼太 #51 中京大中京高→慶応大→阪神 2011年ドラフト1巡目 #hanshin pic.twitter.com/bynBODUF0H


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【元阪神ドラ1伊藤隼太 戦力外からのハローワーク(1)】

     プロ野球12球団が宮崎、沖縄で一斉にキャンプインした2月1日。人気球団のドラフト1位ルーキーとして9年前、球春に大きな脚光を浴びた男が、松山市のグラウンドで新たな野球人生をスタートさせた。昨季限りで阪神を戦力外となり、独立リーグの四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツに野手コーチ兼選手として新加入した伊藤隼太外野手(31)。華やかな世界を後にして2カ月間、かつての野球エリートは何を思い、どう過ごしたのか。短期集中連載で独白する。

     その日は突然やってきた。2軍戦全日程終了後の昨年11月3日。鳴尾浜球場での練習後、2軍マネジャーに封筒をポンと渡された。「明日、紙に書いた時間に指定したホテルに行ってほしい」。

     翌日午前にスーツ姿で訪れたホテルの一室。嶌村球団副本部長とともに待っていた、谷本本部長に「来季の契約はしません。9年間、ドラフト1位で入っていろんなプレッシャーもあったと思いますが、チームのためにやってくれてありがとう」と告げられた。

     「時間にして5分もかかっていないくらい、ほんと短かったですね。家族には前から『今年でクビかも』とは話していましたし、妻はビックリしている感じに見えないよう気を使ってくれていたと思います。3歳になる1人息子はまだ小さいので分かってませんけどね」

     金本前監督最終年の2018年は1軍で自身最多96試合に出場。左の代打1番手として一振りにかけたが、矢野監督に代わってからの2年間は一度も昇格できなかった。球団内で自分が置かれた立場にも察するところがあり、「クビを宣告されたら即、球界を去ろう」と心に決めていた。

     しかし、野球人生の区切りとなるはずの打席は回って来なかった。10月30日からタマスタ筑後で行われた、ソフトバンク2軍とのウエスタンリーグ最終3連戦。「ずっと1軍に昇格できていないので、戦力外になることを覚悟して試合に臨みました」。1戦目は2打席立てたが、2戦目からは代打待機。ベンチ裏で準備を続けた。出番が来そうな場面では、ベンチで防具を着けバットを持ってアピールもしたが、名前を呼ばれないままシーズン全日程が終了した。

     「燃え尽きるつもりで準備していたのに、できませんでした」。そして「このままじゃ終われない」と悔しさが募る自分に気づいた。戦力外通告を受けた後も、その思いは変わらず。約1カ月後に神宮球場で行われる、12球団合同トライアウトの受験を決めた。現実は厳しいと知りながらも、「NPBを目指すことを掲げないと、モチベーションを維持できない自分もいました」。 (明日に続く)

     ■伊藤隼太(いとう・はやた) 1989年5月8日、愛知県瀬戸市出身。中京大中京高で通算29本塁打。慶応大では東京六大学を代表する左のスラッガーとして活躍し、3年時の世界大学選手権では日本代表の4番に座った。2011年ドラフト1位で阪神入団。外野の定位置獲得には至らず、20年オフに戦力外通告を受けた。通算365試合出場で打率・240、10本塁打。今年1月に独立リーグの四国アイランドリーグplus・愛媛に球団初の野手コーチ兼選手として加入。公式Youtubeチャンネル「伊藤隼太の独壇場」を開設。家族は夫人と1男。




    【今日の紙面から】 ・元阪神ドラ1、伊藤隼太〝独白〟連載 「戦力外からのハローワーク」② 2年間、1軍出場ゼロ。ライバルや後輩が昇格する中迎えた背水のシーズン。コロナ感染で狂った歯車… #hanshintigers #TigersDreamlink #mappy_e #愛媛マンダリンパイレーツ #伊藤隼太 #npb #ホムラジ #夕刊フジ pic.twitter.com/e9CzKYbp8Y





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/12/09(水) 17:03:34.84 ID:Z+doxIjN0
     阪神は7日、大阪市内で新入団選手発表会。晴れ舞台でドラフト1位の佐藤輝明内野手(22)=近大=がスポットライトを一身に浴びた一方で、9年前のドラフト1位はこの日、神宮球場で選手生命を懸けた12球団合同トライアウトに臨んでいた。入団時には佐藤と同じく大卒の左打ちスラッガーとして、虎党の大きな期待を集めた伊藤隼太外野手(31)だ。定位置をつかめないまま、今オフに戦力外通告を受けた“しくじり先生”は「全ては1年目の春季キャンプ」と自身のつまずきを回顧。入れ替わりでプロの世界に飛び込む若虎たちへ、「自分を強く持ってほしい。他人の目を気にして自分を見失うな」と魂のエールを贈る。(聞き手・山戸英州)

     --トライアウトでは4打数1安打。右中間への二塁打で得意の打撃をアピールできた

     「センター返し、逆方向を意識する中でうまく打ててホッとした。妻、子供、両親や兄弟が見守るなか、1本出て本当に良かった」

     --今日は阪神が新入団発表。ドラ1の佐藤輝とは今年対戦している

     「近畿大学と阪神2軍で練習試合をやったときに直接見ましたが、とにかくパワーはすごい。助っ人外国人選手級。でも粗削りな面も多い。球団、マスコミ、ファンがじっくり育てられたら、それこそギータ(ソフトバンク・柳田選手)のように成長するでしょうけど、そこまで待てるか。ここがポイントになると思います」

     --阪神のドラ1は大変

     「ほかの球団を知らないんで単純な比較はできませんが、聞いている話だとそうですよね。この9年間、パッと思い浮かぶのはしんどいときのことの方が多い。サヨナラ打、逆転ホームランなどいい思い出もありますが、自分のなかでは苦しかった何もない日々の方がよく覚えていますね。期待も大きかった最初の2年間と、ラスト2年。肩をケガしたときとかね」

     --入れ違いになる佐藤輝に、同じドラ1だから伝えられることは

     「僕はね、1年目で新人王だった高山や、立派に成長した大山のように成功者じゃないから、あまり語れることはないですよ。でもね、どこまで自分を強く持ってやれるかですよ。僕の場合、周りの目を気にし過ぎて。自分自身を見失っている期間が長かったんで。何かね、どういう風にプレーしていたかな…。せっかくアマチュア時代に培った経験、構築したスタイルがあったのに、プロの壁にぶつかるまで貫けなかった。だから自分を強く持ってほしい」

     --自分のなかでこうありたいというイメージができなかった?

     「イメージはしてたんですよ。全てはプロ1年目の春季キャンプでしたね。イメージのなかではアマチュア時代同様、キャンプのなかで自分の打撃、守備をつくりあげてオープン戦、公式戦を迎えるのかなと思っていたんです。でも実際には自分の時間なんて存在しなかった。全てを見られてあちらこちらでメニューをこなし、個人メニューをやる体力はなかった。1日を必死にこなすので精一杯。その時点で自分を見失っていましたね。他人の目を気にせずにやれていたら、また違う結果が出ていたのかなと」

     --周りに合わせようとハイペースに

     「人に合わせよう、期待に応えよう、こればっかり考えてしまっていた。自分がどうなりたいとか、それがなかった」

     --キャンプから大勢のファンが押し寄せる

     「アマチュア時代、慶早戦だと神宮にお客さんもたくさん来ますけど、練習なんて誰も見てませんから。それが新聞を読むと『伊藤、〇スイングで〇本柵越え!』って載っている。あれ、意味わかんないすよ(笑)。逆方向を意識してバットを振っても1スイングにカウントされるし。それで柵越えしなければ、『なんだ、ホームラン打てないのか』と言われたり、書かれたり。結果、自分のペースを見失うことになった。報道陣も多く、ファンの方も予想以上にたくさん来られていた。そんな環境が最初から分かっていたらまた、対応できたのかもしれませんけどね。まあ、それも含めての実力なんでね」

     --中京大中京高、慶応大とエリート街道を歩んでもギャップを感じた

     「完全に、地に足がついてなかった。これに尽きますよ。1月の新人合同自主トレは“自主”です。キャンプはその延長線上だと思って2月になった途端、別世界に連れていかれた感覚に陥った。当時は金本さん、城島さん、新井さん、鳥谷さん、桧山さん、関本さん、すごい選手ばかり。現実感もつかめなかった」

     --報道陣も多かった

     「当時、申し訳なかったですが会いたくなかった。報道陣だけじゃない、人と会いたくなかった。どこ行っても追い掛け回される。全体練習、ランニングメニューが終わりウエートの時間だけが唯一、気が休まる時間でした。外から部屋の中は見えないので、扉を閉めて30分ほど、何も考えずボーっとしないと心身ともに持たない。それからトレーニングをして、何事もなかったような表情で引き上げる日々でした。佐藤くんも、意識して1日30分だけでもいい、1人になれる時間を絶対に持つこと。そこで頭と体を切り替えて、翌日に臨む。これを1年目からちゃんとやれる、やれないは大きいと思う」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/736614238e9a99e24625162b25b797c0de994f3f

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/12/09(水) 17:04:22.27 ID:rhOgWGPS0
    不吉な言葉をドラ1に吐くな

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1607501014/

    続きを読む

    このページのトップヘ