とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    元阪神

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     元阪神で昨年まで四国アイランドリーグplus・徳島に所属していた福永春吾投手(27)が5日、海外のプロ野球に挑戦することを明かした。

     すでにオファーは届いており「言葉も分からない不安もありますけど、海外でやる楽しみの方が勝ってます。日本と違う環境で野球をやってみたい気持ちはずっと持っていた」と新たなステージを見据えた。

     20年オフに阪神を戦力外となり、21年は古巣だった徳島に再入団。継続して取り組んできた変化球の制球が向上し35試合で1勝2敗11セーブ、防御率1・64の成績を残した。NPBを離れてからは海外志向が強くなり「台湾や韓国で経験を積んでNPBに戻れたら」と決意。昨年も5月に台湾への移籍が決まっていたが、就労ビザが下りず断念していた。

     昨年12月の12球団合同トライアウトは受験しなかったが「海外のプロリーグで実績を積んで最後は日本で少しでも長くプレーできたら」とNPBへの返り咲きという最終目標はブレない。現在は高校、阪神でも先輩だった陽川とともに和歌山で自主トレを行っており、1月は広島、徳島と拠点を移しながら契約締結の吉報を待つ。「(阪神で同僚だった)馬場とか、斎藤とか昨年も連絡は取り合ってましたよ」。阪神では藤浪らと同世代の右腕が、海の向こうで再発進すべく準備を整える。




    06ブルズ時代からの知ってる立場として 福永春吾投手のいい朗報を待っている!!  https://news.yahoo.co.jp/articles/fa30c5cf60c3b9d06b27645196554573163c57d9 



    春吾くんがんばれーい!💪 元阪神の福永春吾が海外リーグ挑戦「日本と違う環境で野球をやってみたい」 昨年は独立L徳島に所属― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/01/05/kiji/20220105s00001173405000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     元阪神のジャスティン・ボーア内野手(33)がメキシカンリーグのレッドデビルズと合意したことが4日、関係者の話でわかった。

     ボーアはマーリンズ時代の18年に25本塁打を放つなど、メジャー通算92本塁打の実績を残した後、20年に来日。阪神では99試合に出場し、打率・243、17本塁打、45打点をマークした。親日家でもあるパワーヒッターは契約延長を望み、自由契約になった後も日本球団への移籍を模索したが、実現しなかった。

     昨季は米ジャイアンツとマイナー契約を結び、3Aで33試合、打率・213、6本塁打、17打点。6月に韓国リーグLGと合意し、32試合に出場したが、打率・170,3本塁打、17打点と結果を残すことができなかった。




    Justin Bour se une a la Pandilla para que #HagamosH1S7ORIA 🏆 en el 2022 ⚾️✨ #VamosDiablos 👹 @interceramicMX pic.twitter.com/FyVQ5HREEv


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神、ロッテで活躍した鳥谷敬氏(40)が22年、日刊スポーツ評論家に就任した。昨季限りで18年間の現役生活に幕を下ろし、評論家初仕事は阪神梅野隆太郎捕手(30)との正月対談。10歳下にあたる後輩とのロングトークから、現役時代のクールなイメージからは程遠い本来の素顔が浮かび上がった。

    ◇ ◇ ◇ ◇

    鳥谷さんは現役引退発表から間もない頃、長年背負い続けた肩書との決別を早くも宣言していた。

    「『野球選手の鳥谷敬』は過去のモノになった。これからは『野球選手の鳥谷敬』は捨てるつもりで。40歳のおじさんとして、自分の価値を新しく作り直していくことが目標になる」

    ロッテでユニホームを脱いだ直後の昨年11月中旬、穏やかな表情で新たなスタートに目を向けていた。

    現役時代、特に阪神時代の16年間は公の場でクールなスタイルを貫いた。本人の言葉を借りれば、注目度の高い球団で心を整え続けるために、結果を出し続けるために「『野球選手の鳥谷敬』を一生懸命演じている感じだった」。今は肩の荷が下りたようにも映る。

    評論家初仕事となった正月対談ではにこやかに梅野を出迎え、さりげなく会話をリード。真剣な話題が続くと、ジョークを飛ばして空気をほぐした。時には大きく口を開けて爆笑。後輩の悩みに優しく寄り添い、押しつけることなくアドバイスする姿が印象深かった。

    今回、撮影込みで2人に空けてもらったスケジュールは約1時間。やむを得ない制限さえなければ、白熱した野球談議は48分間では収まらなかったことだろう。ユニホームを脱ぐ際に「鉄仮面」も外し終えた鳥谷さん。柔らかな笑顔と軽快な話術も今後、トレードマークとなりそうだ。【遊軍=佐井陽介】




    . #鳥谷敬 氏の記事です。 . ぜひ、お読みください!!! . 「鉄仮面」外し終えた鳥谷敬氏の正体は…梅野を包み込んだ48分間にヒント .  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202201020000138.html  . #PAMS #パムズ #鳥谷敬 #千葉ロッテマリーンズ #阪神タイガース #00 #梅野隆太郎  https://www.instagram.com/p/CYOFrAnvcs_/?utm_medium=twitter 



    阪神梅野隆太郎に大先輩・鳥谷敬氏が授けたスランプ脱出の秘策とは?(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/fba087be7c78d4eb86a5bbc1be66e91c15365920 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    明けましておめでとうございます!阪神頑張れ!2022 Year of 🐯! Ganbarimasho! #2022NewYear 🇯🇵 🇺🇸  https://youtu.be/CUe4NXJOAkc  https://t.co/csQAKjrzyM









    光り輝く栄光目指しあけましておめでとう!  https://twitter.com/mmurton9/status/1476917170894512161 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     昨年阪神から自由契約となり、今季は台湾・中信兄弟でプレーした高野圭佑(30)が、31日までに自身のYouTubeチャンネルに投稿。28日放送のTBS系「プロ野球戦力外通告2021」に出演した際、番組内容を巡り台湾で波紋を呼んだことを明かしたうえで、事実関係を釈明した。

     高野は「テレビなんでニュアンスの違いがあった。給料の部分の食い違いについてお話したい」と説明。番組内では2軍生活の時の月収が10万円と記載されたが、「この10万円の部分が台湾でもニュースになってしまっていて、『高野が10万円で雇用されていたのではないか』『外国人の最低賃金に違反しているのではないか』と報道されて問題になってしまっています」と語った。

     この詳細について高野は当初、2軍では0円契約を結ぶ考えだったが、ビザの問題から中信兄弟側の計らいで実際には月収「20万円」の契約を結んだと説明。続けて「外国人にかかる税金、国民健康保険、源泉徴収などを引いて手取りにすれば12万円にするほどになり、それを番組の方にお伝えしたところ、番組のなかで給料約10万円というところで記載されてしまったようです」と振り返った。5分27秒の動画ではその担当者のLINEも公開し、自らの口で“真実”を伝えている。

     この件を受け、中信兄弟のGM、林監督に連絡。「今回、ご迷惑をおかけするような形で報道されたことや、台湾内で『不当に雇用しているのではないか』と問い合わせが来ていることに対して謝罪しました」とし、理解も得られたという。高野は「僕は中信兄弟の選手たち、ファン、CPBLのファンが好きなのでそういった誤解が解けて本当に良かったです」と語っている。

     高野は2015年、JR東日本からドラフト7位でロッテ入り。19年7月にトレードで阪神に移籍した。20年は1軍登板がなく、11月に戦力外通告。トライアウトを受けたがオファーはなく、台湾・中信兄弟入りした。今オフも12球団合同トライアウトを受け、日本ハム・新庄監督から評価されるなどして注目を浴びた。





    続きを読む

    このページのトップヘ