1


阪神3年目の小川一平投手は先発中継ぎ両にらみでの起用となりそうだ。

前回4日の楽天戦では、6回から3番手で登板し、3回1安打無失点、5奪三振と快投アピール。ガンケルが腰の張りを訴えて開幕不透明なこともあり、白羽の矢が立ったもようだ。昨季はファームで11試合中、5試合に先発した。この日藤浪とともに甲子園のポール間をダッシュするなど、先発の調整を実施。「長いイニングを投げられるように準備していきたい」と力を込めた。

続きを読む