1


 ◇セ・リーグ 阪神0-4ヤクルト(2022年3月27日 京セラD)

 阪神が2戦連続の完封負けで、開幕3連敗を喫した。4番の佐藤輝が好機で2度、凡退した。矢野監督は試合後、「早い段階で(桐敷の)援護をというのが理想的やったけど、みんなも勝負にいった結果なので」と語った。初先発のドラフト3位左腕、桐敷に得点をプレゼントできなかったことを残念がった。

 チームは2年ぶりの開幕3連敗を喫した。ヤクルト相手に開幕3連勝をした昨季と真逆のスタートになった。29日からの広島3連戦(マツダ)へ「終わったことを軽く流すつもりはない。良かったという風にも全く思えていない。けど、いつも言うように、終わったことは変えられない。今からをどうしていくか。誰か一人ではなく、全員でやるしかない」と前を向いた。




桐敷君お疲れ様🙂🐯 初勝利とはならなかったけど 良いピッチングでした✨ 正直チームの流れは悪い.. 連敗しただけで矢野辞めろとか 結果論の采配批判とか外野も煩くて チームの悪影響にならんか心配だし.. でも大山君の最後の全力疾走は良かったぞ🙂🐯 あの気迫が反転攻勢の狼煙になると信じてる😌🐯 pic.twitter.com/VlpCqJmwG9



阪神 開幕3連敗 矢野監督が先発桐敷をかばう「早い段階での援護が理想的やったけど」― スポニチ Sponichi Annex 野球    打線や守備があれなら先発見殺しですね!  初戦の逆転負けが響いた形です。  #阪神タイガース #スポニチ  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/03/27/kiji/20220327s00001173706000c.html 


続きを読む