とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    先発転向

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     初の1軍キャンプスタートとなる阪神・及川が、“先発仕様”の投げ込みを行っていくことを宣言した。

     先発再転向を見据え「長いイニングを投げるということは緩急が大事になる。カーブ、チェンジアップは投げていきたい。球数も必要。しっかり投げ込めたら」と宣言。カーブの感触は上々で「指にかかって回転もかけられている感覚がある」と手応えを口にした。

     また疲労の軽減などを目的にコンパクトな投球フォームへも修正中で、“変身”した姿で先発ローテーション争いに挑む覚悟。30日は投手陣最多タイの51球を投じ、投球後には練習を見守っていた梅野と言葉も交わした。「今年は先発でスタートするので、どう変えるかとかそういう話をした」。着々と、先発への移行を進めていく。




    新たな武器も手に入れます。 先発転向の阪神及川雅貴ブルペン51球「順調です」カーブ完全取得に手応え  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202201300000853.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・及川は先発転向を見据え、今オフはチェンジアップを磨き上げる。「前からチェンジアップは投げているんですけど、どうしても習得しきれない部分があった。選択肢として(序列は)最後なんですけど、やっぱり先発となったら緩急というか、そういうのが大事になってくると思う」。21日は鳴尾浜球場で自主トレ。伊藤将からも助言を受けるなど、今後も試行錯誤を続けていく。






    大きな武器となってくれるはず。 阪神及川雅貴「なんとかしたい」チェンジアップ改善へ 伊藤将司に教わる  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112200000856.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神の高野圭佑投手(27)が20日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の1000万円でサインした。来季に向けて先発転向をもくろむ。「(首脳陣が)先発の可能性を見いだしてくれた」と意気に感じながら挑戦していく。(金額は推定)

     新たな可能性に取り組んでいく。高野が来季に向けて先発転向の可能性を首脳陣から告げられたのは甲子園での秋季練習中。「先発での起用をプランで持っているので取り組んでくれと、投手コーチから」。現在は、新球種の習得や投球練習での球数を倍近くに増やすなどして準備を進めている。

     新天地での1年目は満足できる内容ではなかった。今年7月にロッテからトレード移籍。「7月からとはいえ、もっと(勝利に)貢献できたというシーズンでした」。今季はロッテ在籍時に2試合で防御率13・50、阪神では4試合で1ホールド、防御率4・76。いずれもリリーフ登板だった。

     今オフは、オリックス・山岡ら同じ広島出身の選手と自主トレを行う予定。猛虎2年目の来季こそ思う存分にパフォーマンスを発揮する。





    高野のことを阪神が先発起用も検討してくれてるみたいですね😊 もし来シーズンのマリーンズにいたら先発ってアイデアが生まれる可能性は低かったんじゃないかな。 色んなポジションにチャレンジすることは良いことだと思う。 阪神で一軍で大活躍してほしい😊 熱く冷静高野! #chibalotte



    阪神・高野、先発転向へ「可能性を見いだしてくれた…」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース どっちにしたって、可能性が広がるのは良きこと。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000051-dal-base 



    高野くんに関してはロッテ時代よりも阪神の方が期待された登板をしてくれてると思うからありがたいわ☺️ 先発だったらバッティングしないと行けないけど確かにチャンスが広がるもんね❗️ そして現場維持の契約更新おめでとうございます㊗️❗️


    続きを読む

    このページのトップヘ