とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    入団会見

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の新外国人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)=前韓国・KT=とラウル・アルカンタラ投手(28)=前韓国・斗山=が19日、西宮市内の球団事務所で入団会見に臨んだ。

     ロハスの一問一答は以下の通り。

     -今の気持ちは。

     「少し遅れてしまいましたけど、こうやってここに来られることができて本当にうれしいです。チームのためにもファンのためにもしっかり自分のプレーをして貢献していきたいと思います」

     -チームは首位を走っている。

     「チームが好調でスタートできていることは本当にうれしいですし、見ていてすごいなと思いました。僕がこうやってチームのためにプレーすることができるようになって、チームの上位もキープして、どんどん試合で貢献していって、最終的に1位という形で締められればすごく良いと思います」

     -矢野監督とはどんな話しを。

     「矢野監督とは話しをさせていただいて、本当に会うのを楽しみにしていたっていうふうに言葉をかけてもらって。どのように準備していくだったりとか、どういうふうにやっていきたいかを話し合って。自分としては100%しっかり準備してきたので、いつでもいけるっていうことを伝えて、今後の予定とかを話しました」

     -ストロングポイントは。

     「色んなことができる選手かなって思います。去年韓国ではあまり監督から盗塁のサインというのは出なかったんですけど、それを抜くと、やはりパワーは自分の1番の持ち味かなと思います」

     -ファンにどんな姿を見せたいか。

     「自分の成績より、一生懸命やってチームの勝利に貢献することがまず1番のことなので。今ラインナップを打っている佐藤(輝)、大山、マルテ、サンズ。この中に加わって、なんとかチームの勝利に貢献できるようやっていきたいと思います」

     -佐藤輝の名前がいちばん最初に名前が出た。

    「本当にすごい良い選手だと思います。見ていてしっかり強いスイングができていますし。まだ1年目ですけど、彼は今後1軍で活躍すると思えるような選手です」

     -韓国時代もつけていた背番号24は愛着があるのか。

     「色んな理由があるかなってういうふに思います。ケン・グリフィーJr.やマニー・ラミレス、バスケのコービー・ブライアントだったり自分のお気に入りの選手が着ていたこともありますし。自分の誕生日が5月24日ということもあって、マイナーリーグでも24番を着ていたので、すごく多く着ていたかなと思います」

     -日本で知っている選手や対戦したい選手は。

     「名前は思い出せないですけど、何人かは戦ってみた選手はいます。田中選手であったり菅野選手であったり本当に色んな日本人選手と対戦してみたいなと思っています」

     -サンズとは縁があるが、アドバイスなどは。

     「本当にサンズから色んな助言をしてもらったり、契約が決まった後も色んな話をしました。サンズだけじゃなくてマルテ、ガンケルも知っていますし。マルテとサンズに関しては試合で戦ったこともあって。ガンケルもあるんですけど、あんまり話したりしたことはなかった。彼らが良い選手であったり良い人だっていうことは知っていたので、本当にサンズ選手の存在とか彼らの存在は大きかったです」

     (続けて自ら)「サンズ選手が僕のことを推してくれたりとか、入ってくれというふうに言ってくれたので、阪神タイガースはサンズ選手になにかプレゼントをあげてほしいなと思います(笑)」

     -野球一族だと。野球が身近にあったのか。

     「昔からバスケットボールと野球というのを2つやっていて。最終的に野球の道に進んでこのような機会を得ることができたので、野球に身近な家族に生まれることができて本当に幸運だったと思います」

     -日本の好きなところや好きな食べ物などは見つかったか。

     「大阪のことはまず初めに聞きました。すごいおいしい食べ物があったりというふうに聞いたので、色んなことに挑戦したり食べたりしたいと思っています。あとは日本語の勉強とかもしていますし。日本の文化に関してはまだ知らないことが多いんですけど、契約が決まった後も日本のこと、日本語を少ずつ勉強してきたので、どんどん覚えていきたいなと思います」

     -お気に入りの日本語は。

     「オハヨウゴザイマス。コンニチハ。コンバンハ。ゲンキデスカ。ゲンキデス。ワタシハ、ロハスデス。ガンバッテ。すみません少し緊張しているんですけど何個かは知っています。少しずつですけど学んでいきたいなと思っています。アリガトウゴザイマス」

     -意気込みとファンにメッセージを。

     「まず自分の目標としてはチームを優勝に導くこと。1年間通じてケガをしないように良い状態を維持してチームの勝利に貢献することがと思います。自分の成績よりもまずはチームの勝利を思っていますし、ファンの方々も今、コロナウイルスのせいであまり球場に足を運ぶこともできないかもしれないんですけど、その中でも僕たちは全力を尽くしてファンの方のためにもチームのためにも頑張っていきたいと思うので応援よろしくお願いします」




    阪神・ロハス「大阪のおいしいものを食べてみたい」佐藤輝は「すごい選手」一問一答 #SmartNews すげえいいヒゲだw  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/04/19/0014254748.shtml 



    阪神・ロハス「大阪のおいしいものを食べてみたい」佐藤輝は「すごい選手」一問一答(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/11a825d0838f0dc386ccd1f93b8306f9f5a53d0c  立派な顎髭な事、まるで○ースや‼️ バー○の再来や‼️



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の新外国人、ラウル・アルカンタラ投手(28)=前韓国・斗山=と、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)=前韓国・KT=が19日、西宮市内の球団事務所で入団会見に臨んだ。アルカンタラのテレビインタビューの一問一答は以下の通り。

     -今の気持ちは。

     「うれしいですね。2週間、隔離からあけたので、皆さんの前でお会いできて、うれしいです」

     -コンディションは。

     「2週間、いいコンディションでできたかなと思う。いつからか分からないですけど、練習にいい状態で臨めるかなと思います」

     -チームは絶好調。

     「うれしいですね。隔離期間中だけじゃなくて、米国でもチームからアプリを送ってもらって、そこで見る機会が多かったんですけど、すごいいいチームに来られてうれしい気持ちです」

     -タイガースのイメージは。

     「チームがすごく勝っているので。その中で先発投手がいい状態であるからこそかなと思う。その印象はすごく強いです」

     -米国、韓国でもプレーしてきたが、日本野球のイメージは。

     「競争のあるすごいいい野球をされているなというのが日本の印象です」

     -ストロングポイントは。

     「皆さんもご存知だと思いますけど、しっかりとゾーンに投げられるところと、速い球かなと思います」

     -ファンにどんなプレーを見せたいか。

     「先ほども言いましたけど、しっかりコントロールすることが自分の武器だと思うので、見てもらいたいなと思います。継続してしっかりと投球できるところを見てもらいたいなと思います」

     -日本で知っている選手、対戦したいのは。

     「ビデオを見て研究はしていますけど、全然、分かっていない状態なので、いち早く慣れたいなと思います」

     -ニックネームや愛称があれば。

     「アルカンタラと言われていましたけど、『ポペ』と言われていた。それでもいいかなと思います」

     -背番号が44を選んだ理由は。

     「43が良かったんですけど、なかったので、44をチームに選んでいただきました。背番号にふさわしくやりたいなと思います」

     -43は思い入れがあった。

     「去年、使っていた背番号だったので、去年いい成績が出せたのでそういう意味ではその番号がいいかなと思っていました」

     -日本語も少し勉強したと聞いたが、自己紹介などは。

     「ワタシハアルカンタラデス。アリガトウゴザイマス。そのぐらいかなと思います。まだ覚えている段階なので」

     -新型コロナウイルスの影響を受けているが、どんな思いで日々を過ごしてきたか。

     「世界中にとってつらい状況ではあると思うが、しっかりと前を向いてみんなでやっていくしかない。あとは感染予防をしっかりして、みんなで防いでいければなと思います」

     -今季の意気込みとタイガースファンにメッセージを。

     「皆さんの応援をテレビの中でアプリを通して見ていた。そこで早くプレーしたい気持ちだった。このまま引き続いて私だけじゃなくてタイガースの応援をしてもらいたいなと思いますし、ぜひみんなで優勝に向けて頑張りたいなと思います」




    ポペ🙂 ガンケルみたいに活躍出来るかな😊 阪神・アルカンタラ「いいチームに来られてうれしい」愛称は「ポペ」入団会見一問一答(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/83d51e01adbb4046c9b94a61bf9849a0ccabe5d9 



    なるほど アルカンタラの愛称 ポペなのか(笑)!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    2


     阪神の新外国人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30=韓国KT)とラウル・アルカンタラ投手(28=韓国斗山)が19日、隔離期間を終えて西宮市内の球団事務所で入団会見を行った。

     両打ちの大砲として期待されるロハスは「パワーは自分の一番の持ち味。佐藤、大山、マルテ、サンズ、この中に加わって、チームの勝利に貢献できるように」と中軸としの自覚は十分。佐藤輝についても「本当に凄い選手。強いスイングができています」と絶賛した。隔離期間ではトレーニングと並行して日本語も勉強。会見では「ワタシハロハスデス」「ガンバッテ」などを披露した。

     陽気なロハスとは対照的にグレーのスーツに黒のネクタイを締め、やや緊張気味に姿を見せたアルカンタラは「隔離から空けたのでみなさんの前でお会いできて嬉しい」と第一声。昨年、韓国で20勝を挙げた豪腕は快進撃を続けるチームの試合を動画アプリで観戦したことも明かし「凄く良いチームに来られて嬉しい。コントロールするところが自分の武器。見てもらいたい」と気合を入れた。

     会見後には揃って甲子園の施設内で矢野監督とも対面を果たした。今後は2軍に合流し、実戦出場する見込み。貯金11で首位を快走するチームにあって“虎に金棒”となる2人の合流になる。




    楽しみ過ぎる😳 阪神・ロハスがアルカンタラと入団会見「佐藤、大山…この中に加わって貢献」“虎に金棒”のW合流 - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/19/kiji/20210419s00001173304000c.html 



    キタ━(゚∀゚)━! しっかり調整してチームが苦しくなった時に颯爽と現れてくれ 阪神・ロハスがアルカンタラと入団会見「佐藤、大山…この中に加わって貢献」“虎に金棒”のW合流― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/19/kiji/20210419s00001173304000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     四国ILp・愛媛に野手兼任コーチとして今季から加入した、元阪神の伊藤隼太外野手(31)が30日、松山市内で入団会見を行った。入団を決意した思いを語った。以下は会見での一問一答【後編】。

     -愛媛を、四国を盛り上げようという思いは。

     「それが球団の方針でもありますし、県民球団ということで、県民の皆さんに支えられている気持ちでプレーしたい。地域貢献にも積極的に参加したい。愛媛を盛り上げて、四国アイランドリーグを盛り上げていきたい、と思って来ました」

     -今回の会見も自身のYoutubeチャンネルで生配信。今後も力を入れていくのか。

     「賛否はあると思うが、個人で発信していくことで、必ずチームにはプラスになるのかなと。阪神にいたときのように、メディアから注目されない立場になったので、自分から発信していくことが大事。チームや地域にためになると思う。もちろん野球、プレー、試合が最優先ですが、できる限りは続けていきたい」

     -楽天に入団する田中将大投手もチャンネルを立ち上げ、入団会見を生配信している。いつかコラボレーションしたいという気持ちは。

     「全くもって立場が違って、言える立場ではないと思うが、注目してもらえる、球団のためになるのならば積極的にやっていきたい、という気持ちもある」

     -ファンや他の選手たちに、どんなプレーや姿勢を見せたいと思うか。

     「常に全力プレーというのが必要になるし、して当然だと思う。NPBでやったからといって、手を抜くつもりもないし、逆にNPBでプレーした選手がこれだけやっているんだから、オレたちももっと頑張らないと、と若手が思ってくれるくらいに率先してやっていきたい。まだまだ体も動く。できると思っている」

     (会見後の囲み取材で)

     -会見を終えて。

     「午前中に必勝祈願にも参加して、改めてチームの一員になったことを実感できた。今は不安よりも、新しいことにチャレンジする楽しみ、わくわくが勝っているので、そういう気持ちを大事にしたい」

     -背番号「32」にした理由は。

     「大学1年生で初めてもらった番号が32。初心に返るとかそういう意味を込めて。大学の同級生たちと話していて、32番がいいんじゃないか、という声が多かった。自分でもしっくりきたので決めました」

     -気持ちを切り替えようという思いからか。

     「(阪神時代の)51番でも良かったですけど、すでにつけている選手がいましたし、自分自身、こだわりがあったわけでもないが、新しい自分をつくりたい、という気持ちもある」

     -コーチへの不安は。

     「プロ野球でレギュラー取って何年もプレーしたという選手ではないので、そのレベルの話はできないが、そういった選手から聞いたことは話せるし、伝えようと思う」

     -突然のオファーだったのか。

     「本当にたまたまなんですけど、オファーをいただいた前日に松中さんとお話しする機会があって、四国の、愛媛の話も聞いていた。それでオファーがあって、それも縁なのかなと思った」




    元阪神・伊藤隼太「熱い思い、誠意に応えたい」背番号は32 四国ILp・愛媛入団会見(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/797ae95a17e2adb1a74b98b8a5c4c7893aa7fe34  BCリーグでプレーした西岡剛選手、川崎宗則選手にも相談し、背中を押されたんですね! #アイランドリーグ #愛媛マンダリンパイレーツ



    @poeDPwJ5c6yCqtY 元阪神タイガースの伊藤隼太に注目ですね‼️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     四国ILp・愛媛に野手兼任コーチとして今季から加入した、元阪神の伊藤隼太外野手(31)が30日、松山市内で入団会見を行った。入団を決意した思いを語った。以下は会見での一問一答【前編】。

     -入団に至った経緯は。

     「昨年の11月に阪神タイガースを退団してから、トライアウトを受けてNPBの球団から特に誘いもなく、なかなか所属先が決まらない中で、1月の中旬に愛媛球団からお話をいただいて、とても熱い思いを受け、その誠意に応えたいという気持ちになった。まずは個人的な目標として、NPB復帰が一番にあるが、それだけではなく、選手の育成であったり、チームの優勝であったり、自分に期待されていることをすべて追い求めてやっていきたい。自分が思いきってプレーできる環境を与えてくださった球団に対し、身を粉にして働きたいと思う」

     -指導に関しては。

     「コーチという立場、肩書きがついたのは初めて。プロを目指すレベルの選手に指導するということは、自分もできないといけない、理解しないといけない。そういった部分で自分にもプラスになると捉えている」

     -数字的な目標は持っているか。

     「パッとは出てこないが、野手ということと、年齢のことを考えると、NPBに戻るためには圧倒的な数字を残す必要がある」

     -決断するに当たり、誰かに相談したりはしたか。

     「阪神時代にお世話になった西岡剛さん、そのつながりで川崎宗則さん。昨年香川にいらっしゃった松中信彦さんにも縁があってお話を聞いた。入団が決まってからは、(阪神で)一緒にプレーはしていないが、桜井広大さんが香川で2年間プレーされていたのでお話を聞いたり、昨日は歳内(宏明、ヤクルト)とも話をしました」

     -印象に残った言葉などは。

     「いろいろな選択肢がある中で松中さんから、スカウトが見に来てくれたり、注目度という面で国内でプレーした方が、と。(決断の)きっかけのひとつにはなったかなと思う」

     -西岡選手や川崎選手は独立リーグでプレーしているが。

     「NPBでの実績が全然違うので、100%参考にするのは違う、とも思うのですが、共通して言っていたのは、NPBは注目もされて、ものすごい緊張感の中で結果を出さないといけない。そんな中で野球を始めた時の気持ち、野球が楽しくて仕方ない、楽しいから練習するし、うまくなったらまた楽しい、そういう気持ちが薄れてくる。それをもう一度思い出すじゃないですけど、NPBの時みたいにきゅうきゅうしてプレーする必要はないから、と。本当に自分らしくプレーしたらいいんじゃないか、と言われた」

     -プロでの9年間で自分らしく、という気持ちは持てていたか。

     「もちろん阪神でのプレーで、楽しかったことも成功体験もあるが、思い返してみても、しんどかったり、つらかったりした思いや経験の方が残っている。それを自分の中でポジティブな思いに変えていこう、と」




    伊藤隼太「NPBに戻るために圧倒的な数字を」愛媛入団会見一問一答【前編】(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/5341b53e05182ca5dd566b5a02fa528a78773943  圧倒的な数字残すのは、かなり難しいぜよ! でも楽しんで上を目指そう。 新しい発見はたくさんあるぞ!



    @tsuyoshi_ni やっぱり剛くんが言ったんですね〜😍


    続きを読む

    このページのトップヘ