1


 阪神電鉄で長年愛され、昨年引退した車両「赤胴車(あかどうしゃ)」が新たに団地の集会所などとして活用されることになり、4日、尼崎車庫(兵庫県尼崎市)から都市再生機構(UR)武庫川団地(同県西宮市)に移送された。阪神電鉄のシンボルは今夏から「団地のシンボル」に生まれ変わる。

 昭和33年にデビューした赤とクリーム色の車体は、少年剣士の活躍を描いた当時の人気漫画「赤胴鈴之助」になぞらえ、赤胴車の愛称で親しまれてきた。

 昨年6月、武庫川線での運行を最後に全車両が引退。他の車両は全て廃車され、現存する最後の一両となる。

 UR都市機構兵庫エリア経営部の団地マネジャー、盛田欣哉さん(53)は「地域コミュニティーの中心として大切に保存していきたい」と話していた。







無事、広場に設置されました😊 #赤胴車 pic.twitter.com/TF7HULjw8j



阪神電鉄本線を、颯爽と駆け抜けた「赤胴車」は、 その後、武庫川線で余生を過ごしていましたが、 2020年6月に新型車両へと置き換えられました。 今後は、「地域の集会所」として活躍するそうです。 みんなに親しまれる車両で、幸せですね。 #阪神電車 #赤胴車  https://news.yahoo.co.jp/articles/5424e426803cdf2f2c592bf74ca48f97463a29a0  pic.twitter.com/xfXesbwYPQ


続きを読む