とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    兼任コーチ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     オリックスの能見篤史投手兼任コーチが新天地でのキャンプ初日の1日、ブルペン入りした。抜群の制球力を証明するように内外角と高低を丁寧に突く内容で、クイックも織り交ぜるなど直球のみ78球を投じ、順調な調整ぶりを示した。

     「投げやすかったですね。例年よりは、しっかり動けているかなと、投げていて感覚があります」

     福良GM、湊球団社長が見つめる前で、黙々と投げ込んだ。阪神時代から黙々と投げ込む左腕はユニホームが変わっても、キャンプ初日のブルペン投球は変わらない。「基本、第1クールの間は全部(ブルペンに)入ろうと思っています」と力を込めた。

     チームは9日の紅白戦を皮切りに5試合を予定。「シート(打撃の登板は)ストライクを投げないといけないですから。紅白はもう言われているので」と能見。第3クール以降の紅白戦での登板が見込まれる。兼任コーチとしての正式な指導も解禁され、投げ終わりには、捕手役を務めた頓宮と言葉を交わした。「初めて受けてもらって投げやすかったです」と笑顔を見せた。




    能見さんの オリックスユニフォーム姿… やっぱイケメンは何着てもイケてる事がはっきりしたよ😮



    能見さんオリックスのユニフォーム似合うなぁ😳


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     元阪神の伊藤隼太外野手(31)が四国ILp・愛媛マンダリンパイレーツに入団することが22日、決まった。野手コーチ兼選手としてプレーする。

     伊藤は自身のインスタグラムでコメント。入団の経緯について「一緒にチームを強くし、優勝したいという想いとともに、自分の夢の実現に対してのサポートをさせてほしいという愛媛球団の熱意に心動かされ、率直にこの球団のために力になりたいと思いました」と説明。続けて「何より、もう一度、自分に思い切り野球ができるチャンスを与えてくれた球団には感謝しかありません」と記した。 また、決断に至るまで「多くの人に相談し、話を聞き、とても悩みました」と吐露。熟考した末に「今の自分にとって最善の選択だと思っています」とし、「新たな所属先も決まり、気持ちも晴れやかになるとともに、新しい土地へ行く不安な気持ちよりも、今はワクワクやドキドキといった感情の方が大きく勝っています」とやる気をみなぎらせた。

     ファンや関係者に感謝の思いを重ね、「四国全土を盛り上げられるよう一生懸命プレーします」と力を込めた。

     伊藤は昨年阪神を戦力外となったが、トレーニングを継続。今月5日、自身のYouTubeチャンネル「伊藤隼太の独壇場」では「NPB復帰を目指して今年1年間やっていきたい」とプロ野球復帰への思いを語っていた。

     経歴は中京大中京、慶大を経て2011年ドラフト1位で阪神に入団。プロ9年間で、通算365試合に出場し、打率・240、10本塁打、59打点の成績を残した。






    . この度、四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツに選手兼任コーチとして入団することが決まりましたのでご報告させていただきます。 自分に思い切り野球ができるチャンスを与えてくれた愛媛球団に対して、全力プレーで恩返しするつもりです。 これからも応援よろしくお願いします!!



    @itohayata0508 おめでとうございます🎉 頑張ってください。 応援しています😊👍🏻



    @itohayata0508 歳内のように活躍してNPB返り咲きといけ‼️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    昨季限りで阪神を退団した伊藤隼太外野手(31)が独立リーグの四国IL・愛媛に入団することが22日、決まった。コーチ兼任選手としてプレーする。伊藤は「あくまで選手としてやらせてもらうことになりますが、コーチをさせてもらう経験もいい勉強になると思っています」と前向き。現状、2月1日からチームに合流する見込みだ。

    11年ドラフト1位入団も19、20年は1軍出場なし。昨年3月下旬には新型コロナウイルスに感染。11月4日に阪神から戦力外通告を受けた。「チャンスをもらったのに、それを生かせなかった」。以降はトレーニングを続けながら他球団移籍の道を模索。12月7日の合同トライアウトにも参加し、元巨人の田原から右中間二塁打も放った。

    年末には自身のYouTubeチャンネルであらためて現役続行の意思を表明。国内外問わずプロ球団への移籍を目指したが、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、海外チームとの交渉もまとまらなかった。そんな状況で愛媛からオファーが届き、感謝の思いを胸に入団を決断。この日、球団から発表された。

    元虎戦士では19年オフに阪神から戦力外通告を受けた歳内が昨季、四国IL・香川でリーグ最優秀防御率と大活躍し、シーズン途中の9月にヤクルト移籍を果たしている。伊藤もNPB復帰、海外プロ球団への移籍を目指し、新たなユニホームに袖を通す。【佐井陽介】

    ◆伊藤隼太(いとう・はやた)1989年(平元)5月8日生まれ。愛知県出身。中京大中京から慶大を経て、11年ドラフト1位で阪神入団。12年9月27日ヤクルト戦ではプロ初本塁打を満塁本塁打で記録した。18年は自己最多の96試合出場。1軍通算成績は365試合出場で打率2割4分、10本塁打、59打点。177センチ、82キロ。右投げ左打ち。

    ◆愛媛マンダリンパイレーツ 四国IL初年度の05年からリーグ優勝7回、リーグ年間優勝2回。15年は初の年間総合優勝を果たし、独立リーググランドチャンピオンシップも制覇。16年は前後期Vを飾った。現在は元巨人の河原監督のもと、日本ハム、阪神、ヤクルトなどで活躍した正田も所属。OBでは元巨人の土田、元日本ハム、ロッテの金森らがNPB球団でプレー。








    伊藤隼太が四国アイランドリーグ愛媛に入団だと…?



    伊藤隼太、四国IL行くのか



    隼太決まったか


    続きを読む

    このページのトップヘ