とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    内匠宏幸

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     交流戦が分岐点になる! とここで書いてきた。うまくいけば順位が大きく動く。逆なら先の見通しは、ますます暗くなる。このどちらかだったが、阪神はうまく乗り切った。

     6月12日、オリックス戦の戦いぶり、それは強さがあふれていた。交流戦全日程を解消し12勝6敗でのフィニッシュ。一気に借金を6個も返済した。先に触れたように最下位を脱出。さらにAクラス3位は目の前。2位巨人との差も現実的に届きそうなところにまでもってきた。

     ただし首位を走るヤクルトとは、12.5ゲーム差。阪神を上回る強さで交流戦をクリアし、ここだけは厳しい数字が残っている。それにしてもヤクルトの戦いはすごい。村上、山田がドンと構え、脇を固める選手もしっかりと役割を果たしている。投手陣もセットアッパーからクローザーが万全の体制を敷き、崩れる気配はまったくない。

     さあレギュラーシーズン再開からタイガースのさらなる巻き返しはあるのか。ヤクルトとの差を詰め、ミラクルが起きる可能性は? そこで阪神が動いた。僕も何度も書いてきたが、ようやく新外国人野手の獲得に着手。その名が明るみに出た。

     これは当然の策である。マルテが故障。もうひとりのロハスは相変わらず。6月12日のゲームでは8番の打順だった。高待遇で迎えた外国人が8番を打つ。これってどうなんだ。韓国プロ野球での実績は申し分のないものだった。しかし、それをうのみできない壁があった。数年前のロサリオ、そしてロハスも日本野球に順応できない。そこを見極めるのも、獲得にあたった渉外担当の役目のはずだが…。

     さて、その新外国人候補アデルリン・ロドリゲスは、日本球界に在籍していたとのこと。2年前にオリックスにいたのだ。この記事を読んで思った。今度は失敗できないという慎重な対応がそこに出たのか。少しでも日本の野球を経験していることのメリットに着目した。僕は今回の獲得内定報道をそう捉えていた。

     マイナーリーグでかなりの長打力を示している右打者。彼がこのまま入団し、阪神の救世主になれるかどうか。日本野球経験者を選んだことに、納得はしているが、監督の矢野は一体、どういう起用法を考えるのか。そこが大いに気になる。

     ロドリゲスは主に一塁を守り、三塁、外野もこなせるという情報がある。となれば阪神ではどこを守らせるのか。ポジションがポイントになることはいうまでもない。

     交流戦で阪神が好調だった要因は投手陣のがんばりと、打線の活発化にあった。特に4番佐藤輝、5番大山の活躍が、すべてチームの勝ちに結びついていた。この2人のポジションは佐藤輝が三塁で、大山一塁。これでかっちりと固まった。マルテが離脱していることもあるが、大山を一塁に固定したことで、攻守の形ができあがった。それまでは大山を外野で起用するなど、僕には理解できない起用法で矢野はしのいだりしたけど、今の形を壊す必要性はなくなった。

     相手の先発投手によって、佐藤輝をライトにしたりすることもあるが、そろそろ今の一、三塁を固定すべきだ。相手が右であろうが左であろうが、動かすようなバッターではない。この2人のよさを存分に出さすために、もうポジションをいじることはない。

     となれば次の問題が出てくる。ロドリゲスをどこで起用する? 獲得がこのまま成功すれば、当然、ベンチは彼を使う。最初は代打で、となるかもしれないが、先発で使うなら外野。この一択になる。本職が一塁ということであっても、大山をまた外野になんて論外。さらに大山を三塁に戻し、佐藤輝を右翼。これも反対である。

     当たり前のことだが、今後を考えれば佐藤輝、大山ありきで考え、進めていくことを前提にするべきなのだ。ロドリゲスのバッティングに期待するのはいい。だが、チームのできあがった形を崩してまで配慮することはない。そのあたりを矢野はどう頭に描くのだろうか。獲得後の注目点はロドリゲスのポジションにある。(敬称略)【内匠宏幸】 (ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「かわいさ余って」)




    【内匠宏幸】新外国人候補ロドリゲスはどこで起用?佐藤輝三塁、大山一塁固定で先発なら外野一択(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/31fc3b0ceef37ec572d4a2b31bacac0fa8c979d6  大山はファーストで調子が上がった感じで、もうサードには戻せない。サトテルをサードにして、ロドリゲスを外野にするのが無難かな。 #hanshin



    完全ド正論。 全くその通りです。 【内匠宏幸】新外国人候補ロドリゲスはどこで起用?佐藤輝三塁、大山一塁固定で先発なら外野一択(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/31fc3b0ceef37ec572d4a2b31bacac0fa8c979d6 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    週末のDeNA戦は連勝した。明らかに力上位の戦いっぷりだった。まずはターゲットが決まった。近いうちにひとつ上がって5位に浮上できる。そう感じさせる2試合だった。

    シーズンはまだ3分の1にも達してしない。ポジティブに考えれば、十分に巻き返せる猶予はある。そんな中で、僕はひとつの「人事」が気になった。2年目の外国人選手、ロハスが2軍に降格。このニュースだ。先の広島戦でチャンスに三振。これが決定打となり、監督の矢野は断を下した。これでしばらく、いや、長期間は昇格することはないだろう。あれくらいのバッティングなら、若手にチャンスを与えた方が有意義。そう考えても不思議ではない。

    そこでなのだが、外国人野手がマルテだけとなったことで、緊急補強に乗り出してもいいのでは、と考えたりしている。投手力が安定してきたことで、課題になるのは明らかに攻撃力に移る。特に下位打線だ。ここに新たな外国人が入れば、ガラリと様変わりする望みが見えてくる。

    シーズン中の新外国人の獲得。これは昔から阪神の「得意技」だった。苦肉の策で、何度もこの手法を使って、ことごとく失敗してきた過去がある。それでも何とかしたい。現場がそう考えているかもしれない。

    いい例がヤクルトである。前半戦を支えたサンタナが故障で長期離脱になった。オスナひとりの状況で、球団はいち早く反応した。すでに新外国人選手の方針が明らかになっている。サンタナ抜きで首位戦線にいる。ここを維持し、抜け出すために、穴埋めが必要。これが球団のバックアップということになる。

    ところが今の阪神、球団から何のメッセージもない。これには事情がある。伝える側からすると、ここまで落ち込んでいる状況なら、番記者は上層部に取材をかける。ところがコロナ禍によって、取材が規制されている。対面取材はできない。電話取材も制限がかかっていると聞いた。

    これまでなら、これほど借金があるなら、球団の社長、副社長、本部長はいつも番記者に囲まれていた。そこから球団サイドの考えを得て、記事化していた。さらに新たな情報が出れば、大きなニュースになった。そういうファンと球団をつなぐ情報が、まったく出なくなっている。

    すでに今季限りでの矢野の退任は決定しているし、最後まで矢野体制で臨むことは確認されている(僕はこれも疑っているけど)。このまま最後までいっていいのか。球団として、当然、反攻への対策は練っていると信じている。どうせ今年限り、来年は新体制になるから、そこから変えていけばいい…なんて考えている? それはないですよね。

    球団フロントは今年、体制が変わった。しかしシーズンが始まって、球団トップの動きやコメントが、紙面に出ることは一切ない。果たして矢野と話し合っているのかどうか。こんなことまで気になってしまう「沈黙」(せざるを得ない状況だが)。僕は個人的に、対策を明かし、実現する実行力を見せてほしいと思っている。

    その一例が外国人問題とした。コロナ禍の特例で外国人の枠は緩和されている。それを生かすために阪神は7人もの外国人を抱えているけど、野手に限れば、ひとりがこければ、補てんできない構成になっている。まあ昨年限りでサンズを切ったことを悔いる声もあるけど、いまさら振り返っても仕方ない。

    こういう事態になっても、即座に対応できるように、渉外担当があり、常に情報をチェックしている。それを生かすのが今でしょ!と言いたい。もちろんシーズンが終わってオフの選手選びと、シーズン中のそれでは、中身は違う。レベルが低くなるけど、その中から吟味して獲得可能選手の中からベストマッチのプレーヤーをピックアップする。それが巻き返しの起爆剤になることがあるのだ。

    新外国人のケラーは開幕カードで、いきなり2軍に落ちたまま、いまも昇格する気配はない。ロハスも同じような処遇になる公算は大とみる。外国人の扱いは難しいけど、チームが窮地に陥っているのだ。いまこそ球団が動くべき時。近々、阪神新外国人を緊急獲得! という活字が踊っていることをひそかに願っている。(敬称略)【内匠宏幸】 (ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「かわいさ余って」)




    #hanshin #tigers #矢野燿大 #岩田礼男 #イワチェック 【内匠宏幸】ロハス降格で外国人野手はマルテのみ…「得意技」新外国人の緊急補強は今でしょ!(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/58d317caab50b4ab47b49398f3e2e0c1c6da078f  投手よりも野手やろな。 打線のバランスを考えれば右打者が欲しいよね。



    実況「今の阪神は17試合連続で3失点以下に抑えています」 なんで、そんなチームが最下位なの? そして、得点力上がれば勝てそうなんだから、外国人野手早よ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    8日の中日戦こそ、不振から脱出してほしい大山の同点2ランが効いて逆転勝ちしたとはいえ、心の底から喜ぶ気には、まだまだなれない。それほどしんどい試合運びが続いている。これでは半世紀も前の阪神の姿ではないか。打てない打線。でも投手が頑張る。それが当時のタイガースのスタイルだった。

    「1点でも取ってくれたら勝てると思ったもんよ」。あの頃の大エース、村山実はそう振り返っていた。

    投高打低の典型的なチームだった。村山、小山、バッキー、渡辺、江夏。圧倒的投手力を誇った半面、打線は非力を極めた。それでも何とか1点を奪う。それで十分だった。この1点を守って勝った。強打の巨人に、阪神はこの武器で対抗した。

    技術が向上し、野球道具も改良され、いまの野球はほとんど多く点を取らないと勝てなくなっている。それに乗り遅れているのが今シーズンの阪神。1点か2点しか得点できない試合がとにかく多い。チーム打率はリーグ最低、得点力も極めて低い。こんなことを繰り返していくと、ベンチは仕方なく動く。それが打順の変更であったり、起用だったり。これを決めるのは監督である。矢野の決断にかかっている。

    しかし、少しばかり不可解な発言があった。それはヘッドコーチの井上の談話である。不振を極める大山について聞かれると、4番から外すことを示唆する言葉を、トラ番記者に明かしている。これによって翌日の紙面には「大山4番降格」という見出しが大きく扱われる。

    もちろん井上にしたらはっきり明言したわけではないし、トラ番記者に対して正直で誠意ある対応をしているとも思う。ただ、4番を外す…というのは、チームにとって大きな出来事である。少なからず影響を及ぼす問題だけに、これは監督の口から出るべきものでは…の思いが強かった。

    星野体制下のヘッドコーチだった島野は決してそういう重要事項は監督より前に明かさなかったし、岡田体制の時の平田もそうだった。ヘッドコーチはあくまで監督を支え、表には見えぬ裏の部分で、チームをまとめていた。そんな固定観念があるから、そして今のチーム状況があるから、井上のコメントが妙に引っかかったわけである。

    話を結果の出ない打線に戻すが、これを選手の能力不足と片づけるのは簡単。そこで出てくるのがコーチの存在だ。ヘッドコーチの井上は昨年、打撃コーチ。そして現体制での担当コーチは北川。試合中、攻撃の時はベンチで矢野の横に、この2人の姿がいつもテレビに映し出されている。

    苦しい時、結果がついてこない時。その時がコーチの手腕が問われる時になる。ここで盗塁、ここはバント、ここはエンドラン。こういった戦術は監督の判断だが、根本的な打つ、打てないの問題は打撃コーチの責任箇所となる。

    果たして今シーズン、コーチから明確な攻撃指示が選手に伝わっているのか。打線として、みんなで束になって、ひとつの方向に向いているのかどうか。戦いぶりを見てきて、疑問に感じている。

    例えば相手投手の攻め方。打ちあぐねたら、普通、コーチからの指示がある。球種に絞るのか、ボールの高低に絞るのか。それともコースの幅で見極めていくのか。いろいろな攻略手順があり、それを指示するのが打撃コーチなのだが、見ている限り、そこには統一感が伝わってこない。

    よく解説者が「センター返しを」とか「逆方向に」と力説するが、これを打線全体でやられると、相手投手は本当に嫌になる、とよく聞いた。一流投手を攻略するには、そこまで徹底する必要があるのだが、いまの阪神には選手にお任せ、結果が出ればヨシッ、悪ければクソッで終わっているように見えてしまう。

    7日の中日戦でも、そんな場面があった。1死二、三塁のチャンスで打席に大山。ここはおいしい場面だ。普通に向かえば得点できる状況で、大山は力んで、力んで、強引に引っ張り三塁ゴロ。こういう場面で、強引さをやわらげ、タイムリーな指示を出してやるのがコーチのはず。打席に入れば選手次第。これでは多くを望めない。

    昔の話で恐縮だが、星野仙一は貧打が続いた試合後のミーティングで、打撃コーチの田淵を一喝。「どうするんや! 打撃コーチ、いいかげんにしとけ!」と怒鳴り散らした。選手に向けては言わない。あくまでコーチが改善策を考えろ、ということだった。

    星野が田淵を怒鳴った。矢野は同じように井上や北川に強いメッセージを送っているのか。それほど重要なポジションだけに、いまのうちに対処法を示してほしい。(敬称略)【内匠宏幸】 (ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「かわいさ余って」)




    「苦しい時こそコーチの手腕」 → 阪神の1軍コーチは全員矢野監督のYESマンです。ゴマすりはしても助言はできません。 https://www.nikkansports.com/baseball/column/takumi/news/202205080000909.html 



    これは、的を射ている記事ではないでしょうか?😅 【内匠宏幸】苦しい時こそコーチの手腕 阪神は明確な攻撃指示が選手に伝わっているか(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/22f1712be58db003f410dae8c6a24778bf241806 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    メジャーリーグが開幕した。大谷の1番先発投手に驚き、ダルビッシュ有の6回ノーヒット投球に思わず拍手。もっとビックリしたのがパドレスに入団したスアレスの大乱調だった。あの無双のクローザーが1死も取れずに2四球1死球で降板。ダルビッシュの勝ちを消した。
    心持ちも環境も大きく変わった中、スアレスでさえ、こうなるのだ。阪神時代の姿を見てきたファンは信じられないこと。それほどクローザーというポジションは難しい。
    まったくいいことなしの阪神にあって、ようやく光が差し込んできた。スアレスのあと、任せたはずのケラーがこけ、いきなりクローザー不在のピンチに新星が出現した。湯浅京己投手(22)である。まだまだ落ち着きがない。マウンドの上での動きが忙しすぎる。でもそれはキャリアのなさ。ボール自体はかなりの可能性を感じさせる。
    何よりバッターに向かっていく姿勢がいい。絶対に抑えてやるという気迫に満ちている。こういう若手のクローザーに出会うのは久しぶりだ。
    ひとりは広島にいた。津田恒実、炎のストッパーと呼ばれた男は、湯浅と同じような歩みでマウンドを死守した。1986年、広島カープのリーグ優勝の立役者に。だが、そこまでは故障の連続だった。最もひどかったのは右手指の血行障害。フォークボールを投げることができなかった。
    先発はあきらめ、リリーバーで再起を図った。すると86年の春、指と指の間が開くようになった。「これを見てください。ここまで指が開くようになった。恒実の指は春開く…ってこと」。何ともうれしそうな笑顔があった。
    あとの奮投はご存じの通り。甲子園での阪神戦。バースに投げたストレートは、確かに浮き上がったように見えた。それでも打ち込まれ、抑えに失敗することがあった。試合後、照明が消えたベンチに座り、涙する津田の姿に遭遇した。「ワシ、もうダメじゃ」とうめき、マネジャーがタクシーを呼び、帰りを促すと「こんなピッチャー、タクシーに乗る資格はないんやけ」。数キロ歩いて帰宅した。それほどの負けん気、これがクローザー津田を支えた。
    孤高のエース、北別府学が胴上げ投手を津田に譲ったのは有名な話である。完投できる点差にもかかわらず「最後は津田に投げさせてください」と監督の阿南準郎に申し出たほどの働きだった。若くして脳腫瘍に襲われ、天国に旅立ったのが悲しくて、悲しくて…。
    もうひとりは藤川球児である。彼もこの地位を確立するまで、苦難の道を歩いてきた。ドラフト1位で入団するも、しばらくはプロの体にならなかった。線が細く、スタミナがない。2軍での生活が続き、ようやく1軍に上がった矢先、事件が起きた。星野仙一の謝罪事件である。2003年の夏の始まり。東京ドームでの巨人戦。大きくリードした場面で星野は藤川をリリーフに出した。まったく実績もなかったが、この点差があれば大丈夫と星野は判断したのだろう。ところが球児は巨人打線の餌食になり、ホームランを食らうなどしてKOされた。
    試合後、星野は選手を集めたミーティングで謝罪した。自分の間違った起用法を認めた。あの星野仙一を謝らせた男、それは藤川球児だった。その後、タイガースでは使い物にならない、としてトレード要員に上がったが、そこでリリーフという道が見つかった。
    球史に残るJFKの誕生。最後、球児をクローザーに登用した時の監督、岡田彰布は「先発だとスタミナ不足。だが短いイニングならまず三振が取れる。向かっていく気持ちが強い。抑えの条件がそろっていた」と述懐している。そこから先は書く必要はないだろう。火の玉ストレートは野球ファンをとりこにした。
    まだ数試合だが、湯浅には津田や球児と同じ香りがする。先輩2人が打てるものなら打ってみろ、と投げ込んだように、湯浅のストレートにも魂が宿っているように伝わってくる。球児以降、タイガースに日本人クローザーは誕生していない。湯浅は紛れもなく後継候補だ。本物かどうかはまだジャッジできないけど、可能性は十分。今季限りで退任する監督、矢野が残す遺産になれば。それが「明日のタイガース」につながっていく。【内匠宏幸】(敬称略)
    (ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「かわいさ余って」)




    頑張れ~👊 【内匠宏幸】阪神湯浅京己は炎のストッパー津田恒実、火の玉ストレート藤川球児のようになれる(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/5bf4ad82141f983036b4460f7ecad4f8bd211e0f 



    確かに今のタイガースの試合では湯浅の成長を見守ることが唯一の楽しみになりつつある… 【内匠宏幸】阪神湯浅京己は炎のストッパー津田恒実、火の玉ストレート藤川球児のようになれる  https://www.nikkansports.com/baseball/column/takumi/news/202204100000484.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

    このページのトップヘ