とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    内野安打2本

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ▼1本目の内野安打
    佐藤1

    ▼2本目の内野安打
    佐藤2



     ◇セ・リーグ 阪神7ー1巨人(2021年4月7日 甲子園球場)

     プロ初勝利を挙げた阪神の伊藤将司投手(24)が114球の熱投を振り返った。

     「今日は粘り強いピッチングができたので、本当に勝ててよかったです」

     初めてのお立ち台から見た景色には「最高です」と笑顔。球場のファンへ向けて、「新人の伊藤です。少しでも1勝多く取れるように、頑張っていきますので、ご声援よろしくお願いします」と自己紹介し、新人らしからぬ落ち着いた受け答えを披露した。

     試合後に石井大から受け取ったウイニングボールについては「両親にあげたいと思ってます」と親孝行な一面も見せた。




    てか佐藤もマルチなんかむっちゃええやん



    佐藤君 今日はマルチ安打の活躍でした 内野安打2つ 本人はド派手にヒットか本塁打を打ちたかっただろけどね😳🐯 しかし? 佐藤君と鍵谷投手との対戦を観て思った🙄🐯 内角の攻めに食らい付いていたと思う🤔🐯 ボール球も見極めてたよね? 結果は三振ではあったけど pic.twitter.com/BdkVlFsOJt


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神2-3巨人>◇7日◇甲子園

    阪神ボーアが原采配に惑わされず、適時打を放った。

    3点を追う7回2死一、三塁。右腕の大竹に対し1ボール1ストライクから甘く入ったスライダーを右翼へ大きなファウルを放つと、巨人は左腕大江を投入してきた。異例の交代だったが動じず、2球ボール球を見極めてフルカウントから三塁手のグラブを弾く強烈な適時安打。「2ストライクからの、あのような継投は初めてだったけど、集中を切らすことはなかったよ。良いところに飛んでくれてよかったね」。この打席の前まで対右腕の打率2割6分6厘に対し、対左腕打率は1割8分8厘だったが、苦手の左腕を攻略した。

    5回は右寄りに守るボーアシフトの裏をかいた。通常なら三塁ゴロの打球で内野安打。8月26日中日戦以来10試合ぶり、今季11度目のマルチ安打で気を吐いた。




    阪神ボーア、11度目マルチ安打 左腕&シフト攻略(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0382096ab5a415568c3eca074509919f48f4df16  ボーアシフト,対応しつつある。



    打線は6安打2得点と6回まで無得点で先発を援護する事が出来ず😭 7回にボーアたんによってようやっと点は取れましたがそこから追加点なく😔 9回に先頭糸原君のHRが飛び出し1点差まで詰め寄るものの追い付けずまけほ😭 糸原君サンズちゃんボーアたんマルチ安打🙌糸原君復帰後初ヒット&HR素晴らしすぎる🥳


    続きを読む

    このページのトップヘ