阪神矢野燿大監督が近本に出塁数アップを求めた。新人の今季は36盗塁で盗塁王に輝いた。

「1年目であの数字を残したのはめちゃめちゃスゴイ」と前置きしつつ、さらに高いレベルを要求する。「俺らが求めるところはもっと(塁に)出られる能力をつけていってもらいたい。出れば盗塁数だって絶対に増える。(打席で)粘るとかでも全然、違う」。今季は打率2割7分2厘だが、出塁率も3割1分3厘にとどまった。チーム1位だった糸井の4割3厘と大きく開いた。四球数31個も球団の規定打席到達者で最少だ。「攻走守すべてにおいて、まだまだレベルアップしてもらいたい」と指揮官。チームの歴代シーズン最多は04年赤星の64盗塁だ。近本も「(自分の足で)もう少し得点に貢献したい」と意気込んだ。




矢野監督が近本に出塁数アップ要求「盗塁も増える」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910230000607.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp  3割5分はほしいですね!



近本に求めるのは打率じゃなくて出塁率でしょ 打率なんか1割でも2割でも、出塁率で.380越えた方がええわい



近本は打率より出塁率上げてほしいというのが一ファンのねがいです、


続きを読む