とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    初勝利

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    (セ・リーグ、阪神4ー1巨人、4回戦、巨人3勝1敗、15日、甲子園)阪神は五回、佐藤輝明内野手(23)が逆転の4号2ランを放ち、八回のメル・ロハス・ジュニア外野手(31)の2号2ランで試合を決めた。今季初先発の青柳晃洋投手(28)が8回1失点で初勝利。5日のDeNA戦(甲子園)以来の白星で、1引き分けを挟む連敗を「6」で止めた矢野耀大監督(53)のテレビインタビューは以下の通り(チーム成績2勝15敗1分、観衆3万4153人)。

    ーーまずはおめでとうございます

    「ありがとうございます」

    ーー五回の佐藤輝のホームランは

    「みんなも期待しているように僕もホームランと思っていました。ツーアウトだったし、より大きなホームランになりました。いい場面で打ってくれて、うれしかったです」

    ーー球場の雰囲気が変わった

    「輝が打つと、そういうムードが変わる力を持っている選手なので…。それもヤギが頑張っていることの方が、大きいのかなと思いますけど」

    ーー青柳は8回1失点

    「初回に1点取られましたけど、スタートから落ち着いて、ヤギらしく投げてくれたので、どこまでいこうかなというところで、八回まで投げてくれたのは大きい。ベンチに帰ってきても、声を出してくれるので、チームにとって、ヤギにとっても、スタートは遅れましたが、いいスタートを切ってくれました」

    ーーファンが喜ぶ素晴らしいゲーム

    「もちろん、毎日、喜ばせたいと思って、こういう結果になっているのは申し訳なく思っていますけど、全員で全力で戦ってくれてるところには、僕も何とかしていきたいという気持ちは毎日持ちながら戦っています」

    ーーロハスの一発が大きかった

    「1点差は流れ的にイヤなところがあったので、あの2点は全員がまだいけるというムードが高まったと思います」

    ーー明日からも熱い試合を

    「こんな状況でも、応援してもらえて感謝しています。一緒にこれからも戦っていきたいと思います」




    【佐藤輝選手・ロハス・ジュニア選手・青柳投手のヒーローインタビュー、矢野監督インタビュー】 4月15日(金) 阪神vs巨人(甲子園)  https://youtu.be/cftMMeNMGjc  @YouTubeより



    矢野監督はホームラン出た時に青柳さんぐらい喜んでどうぞ 初年度はやっとったでしょ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    (オープン戦、ヤクルト4ー9阪神、27日、沖縄・浦添)阪神は七回からの3イニングで8点を奪って快勝した。一方で木浪聖也内野手(27)、小幡竜平内野手(21)、佐藤輝明内野手(22)が失策を記録するなど、守備への不安を露呈した。矢野耀大監督(53)の主な一問一答は以下の通り。

    ーー先発・藤浪が2回無失点

    「いいボール行っていたね。安定しているっていうか、うん。勝てる球、投げていたんじゃないの?」

    ーーローテへの期待

    「そりゃ入ってもらわな困るし、今日の球やったら投げたら勝てる投球になってくると思う」

    ーー1回無失点の及川の今後は?

    「まあ、中でいこうかなと思ってる」

    ーー捕手は26日は梅野、27日は坂本。3月も起用は

    「決めているわけじゃないんだけど、リュウも肩の状態もあったから、決めてそうしたわけではなくて、現段階で何かを決めてるとか、そんな感じではない」

    ーー守備は?

    「うーん。まあまあ、みんなも思ってると思うけど、球際は今日も課題がたくさん出てる。もっと締まったプレーをこっちは望んで高い競争、試合にスタメンで出ていくメンバーにプレッシャーを与えるようなプレーが見たかったけどね。守備に関しては締まりのあるプレーをしていかないという課題はあったと思ってます」

    ーー安芸ではコロナ感染者が増えて、2軍選手が帰阪ができない。入れ替え等への影響は?

    「入れ替えするにも『陰性』が何回かとか、ちゃんとしないと、こっちから行ったとしても、そういう風になってしまったら(感染して)良くないし。今の状況で責めることもできないし、チームとして、これをどうしていくかということだけ。ある意味、この時期で良かったってこともあるかもしれないので…。見たい選手もいっぱいいるし、こっちに呼びたい気持ちもあるんだけど、『じゃあ、こうします、ああします』ということは言える状況にないので。待つ(という)感じやけど…」




    〇虎将トーク OP戦初勝利も3失策に阪神・矢野監督は「締まりのあるプレーをしていかないと」(サンケイスポーツ) エラーは今年も両リーグ最多になりそうだね  https://news.yahoo.co.jp/articles/4c3429e078de2ca76690213e471a29834637e629 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇オープン戦 阪神9-4ヤクルト(2022年2月27日 沖縄・浦添)

     阪神が開幕カード前哨戦の相手となるヤクルトに逆転勝ちした。

     阪神は3回、江越の死球と盗塁で無死二塁から坂本の右前打で先制。2点をリードされた7回には江越の左翼への2ランで追いつくと、2死二塁から島田の中前適時打で勝ち越し。8回には佐藤輝の犠飛と代打・梅野の中越え二塁打で2点を加えた。9回2死一、二塁では途中出場の小野寺が星から左翼に3ラン。若手が開幕に向けてアピールした。

     先発した藤浪は2回を1安打無失点。5番手の伊藤将も2回2安打無失点と結果を出したが、守備では3失策と課題を残した。




    ヤクルト4 - 9阪神 [勝]伊藤将1勝0敗0S [ホームラン]江越ツーラン1号、小野寺スリーラン1号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20220227.html  #阪神タイガース #イチにカケル



    @TigersDreamlink 👏👏👏👏👏 とらほ~🐯



    @TigersDreamlink 伊藤将司くん藤浪晋太郎くんナイスピッチングでした ガンケル先生早よ治してね腰 [勝]伊藤将1勝0敗0S [ホームラン]江越ツーラン1号、小野寺スリーラン1号 のほかに[失策]も記載して


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     元阪神で、現在は台湾でプレーしている高野圭佑投手(29)が19日、自身のツイッターを更新。この日の阪神―ヤクルト戦(甲子園)でプロ初登板先発で初勝利を挙げた阪神時代の後輩、西純矢投手(19)を祝福した。

     高野は「タイガース関連のTweetは自重しておりましたが…今日だけは」と前置きした上で「西純矢!ナイスピッチング!!!本当にナイスピッチング!!!」と西純の投球をねぎらった。「俺はモニターの前で祈ってた!」と後輩の活躍を願っていたことを明かし、「あとは先輩方をしっかり応援して、祈れ!!!」と指令を送った。

     高野は2016年にロッテに入団。19年途中にトレードで阪神に移籍し、20年まで在籍した。1年間だけだが、西純とはチームメートで、フォロワーからは「ええ先輩ですね♬」と称賛するコメントのほか、「みんなドキドキです!」と高野に同意する声も寄せられた。




    タイガース関連のTweetは自重しておりましたが…今日だけは。 西純矢!ナイスピッチング!!! 本当にナイスピッチング!!! 俺はモニターの前で祈ってた!!! あとは先輩方をしっかり応援して、祈れ!!!



    @Takano30 制球もととのった〜!



    高野さんタイガースにいた期間は短かったけどタイガース愛強くてすき  https://twitter.com/Takano30/status/1394969340420710402 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神3-1ヤクルト>◇19日◇甲子園

    阪神が接戦を制した。プロ初登板初先発の西純矢投手(19)が5回無安打無失点の好投。西純は立ち上がり、制球に苦しみ、1、2番に連続四球で無死一、二塁のピンチを背負った。だが山田哲人内野手(28)から始まる中軸を抑え、無失点で切り抜けた。2回も先頭の青木宣親外野手(39)を四球で歩かせたが、併殺などで無失点。3、4回は3人で片付け、5回でマウンドを降りた。

    均衡を破ったのは、近本光司外野手(26)の一振り。5回1死でヤクルト田口麗斗投手(25)のフォークを捉え、右翼スタンドへ先制の3号ソロ。西純に勝ちをつける千金弾となった。

    6回からは馬場皐輔投手(26)が登板。1番から始まるヤクルト打線を6、7回と3人ずつで完璧に封じた。投手陣の力投に応えるように、打線は7回に追加点。1死一、三塁で一塁走者の近本が二盗を仕掛け、防ごうとしたヤクルト中村悠平捕手(30)が二塁へ悪送球。ボールが中前に抜ける間に、三塁走者が2点目のホームを踏んだ。

    8回からは岩崎優投手(29)が登板。2死から代打の西浦直亨内野手(30)に初安打を許し、一、三塁から中村に適時打を打たれて1点差に迫られた。だが8回にジェリー・サンズ外野手(33)が10号ソロで、貴重な3点目のソロ。9回はロベルト・スアレス投手(30)が締め、ヤクルトを振りきった。




    とらほー🐯 2019年ドラ1西純矢投手プロ初登板でなんと5回ノーヒットで勝利投手ー‼️ あー!また阪神強くなったー! pic.twitter.com/S9G4dBhRpY



    まぁ〜可愛らしい☺️ 西純矢選手のヒロイン。 初々しさが微笑ましいかったわ〜☺️一瞬、未成年の主張か?と思う話し方やったわ🤣 阪神ファンは一気に息子感よなぁ😍 近本くんも、終始ニコニコ笑顔で可愛らしい☺️ 聞いてるこっちも、ニコニコになるお二人さんでした☺️ 勝利おめでとう!!!



    西純矢投手、おめでとうございます㊗️ pic.twitter.com/eFbRo8gES1


    続きを読む

    このページのトップヘ