1


 「阪神-ヤクルト」

(9日、甲子園球場)

 阪神が初回に拙守連発でヤクルトに5点を先制された。これで9試合連続で先制点を取られる結果となった。

 初回、高橋が先頭の塩見を遊撃内野安打で出塁を許すと、続く青木にも右前打と連打された。3番の山田は三ゴロで1アウト…と思われたが、三塁・大山が一塁に悪送球。無死満塁とピンチを広げた。

 続く4番・村上に左前適時打を許し2点を献上。さらに1死一、二塁から続く中村に左前打を打たれた。ここで左翼・サンズが痛恨のファンブル。二走・山田が本塁に生還した。大山とサンズの失策でリーグワーストの72失策が記録された。

 負の連鎖は止まらない。続く1死一、二塁サンタナの中堅前方に上がった飛球を近本が前進したが打球はグラブの下をすり抜け、後逸(記録は二塁打)し、2者が生還。立ち上がりから5点を失った。




セ・リーグは3試合とも初回に得点が入っている 阪神の高橋遥人投手は期待してたので5失点は意外!!



え、まさか最近の阪神先発陣はその回で計5失点するの流行ってる?


続きを読む