とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    初戦突破

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     大会2日目の第1試合は選抜8強入りの智辯学園と、岡山代表の倉敷商の対戦となった。

     序盤3回までは投手戦となり、静かな入りになった。智辯学園はエース・西村 王雅がマウンドに上がると、ランナーを出しても落ち着いた投球で倉敷商打線を繋がせない。

     対する倉敷商は先発に背番号10・三宅 貫太郎を送る。130キロ台のストレートと、変化球を効果的に混ぜながら智辯学園打線を封じる。

     両チームの野手も好守でピッチャーを援護するなど、引き締まった展開で3回までが終わった。しかし4回、智辯学園は3番前川 右京が内野安打で出塁すると4番山下 陽輔のフエンス直撃の適時打で先制。その後7番森田 空のスクイズを狙った内野安打でも1点を加えた。智辯学園の2点リードで試合が進む。

     智辯学園は5回、一気に畳みかける。6番・三垣 飛馬のタイムリーに、7番・森田 空のスクイズなど打者一巡で一挙5得点、7回にも3点を挙げ、10対0とリードを広げた。

     先発・西村は中盤以降、変化球を増やして倉敷商打線に的を絞らせなかった。得点も許さず8回95球でマウンドを降りた。

     意地を見せたい倉敷商は、9回に3番・山下周大と4番・藤森 旭心の連打などで無死二、三塁とチャンスを作る。ここで途中出場の品田 祐希が智辯学園・藤本竣介からタイムリーを放ち、1点を返した。

     しかし智辯学園3番手・小畠 一心から同点にはできず。智辯学園が10対3で初戦を突破した。




    #甲子園 智弁学園10-3倉敷商(終了) 智弁000 250 300=10 倉商000 000 003=3 【倉】三宅、永野、柏内 【智】西村、藤本、小畠 ※詳細→  https://bit.ly/37wAYSa 



    智弁学園勝ったんや。安定だな。やはり、智弁と和智辯出場する甲子園はわくわくするなʕ º ᴥ ºʔ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     第103回全国高校野球選手権大会は第1日の10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦を行い、夏初出場の新田(愛媛)が4-2で中止の昨夏を挟んで2大会連続26回出場の静岡を破った。新田の甲子園での勝利は、初出場で準優勝した1990年の選抜大会以来、31年ぶり。

     新田は大会第7日第3試合の2回戦で、東明館(佐賀)―日本航空(山梨)の勝者と対戦する。




    【夏の甲子園】日大山形、新田、日本航空が2回戦へ  https://www.sankei.com/article/20210810-KVNOLNPU7VP3JBSOBWTGU5CC6Y/  @Sankei_newsより



    「ミラクル」再び 7回逆転のピンチにセンター好守 (愛媛新聞) 【新田―静岡】7回裏新田1死一塁、左中間への大飛球を好捕する中堅手・長谷川。一塁へ送ってダブルプレーとし、ピンチを脱する=甲子園(撮影・宮内佑己)【新田―静岡】7回…  https://www.ehime-np.co.jp/article/news202108100075  #地域のニュース #ローカルニュース pic.twitter.com/5ME4M9kERZ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    (10日、高校野球選手権大会 日大山形4-1米子東)

     日大山形は一回、佐藤拓斗の適時打で先制すると、三回には佐藤、伊藤翔海の連続適時打で2点、六回には斎藤堅史の適時打で1点と小刻みに加点し、流れを渡さなかった。米子東は相手を上回る12安打を放ったが、あと1本が出ず、九回の1点止まりだった。




    日大山形の滝口くんがスアちゃんレベルにえげつい投球…流石やな👏 米子東来年 決めてくれよ史上初の偉業を!



    日大山形といえばボーイズビーアンビシャス校歌ね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇全日本女子硬式野球選手権関西予選 阪神タイガースWomen5ー0淡路BRAVEOCENS(2021年6月20日 鳴尾浜)

     阪神タイガースWomenが20日、高校から大学、クラブチームが集いアマ日本一を決める第17回全日本女子硬式野球選手権大会(8月7日~12日、愛媛県松山市)の関西予選に臨み、淡路BRAVEOCEANSとの初戦(鳴尾浜)を5―0(7回制)で突破し、全国大会への切符を手に入れた。

     2回1死一塁から田口が右中間適時三塁打で先制すると、4回は2死一、二塁から前田、浅野の連続適時打で3点を奪うなど、効果的に得点を重ねた。

     投げては3投手の1安打完封リレー。5回無安打無失点の植村は「ストライク先行で打たせて捕る投球ができて良かった。松村選手のリードも良く、チームが勝てて本当に良かった」と充実の表情。野原祐也監督は「本戦出場を決める大事な試合ということで緊張感もあったと思いますが、選手たちがよく準備をして臨んでくれた。先発した植村が試合をつくってくれたのと田口の先制打が大きかった」と振り返った。




    全日本選手権大会への出場が決定しました🤩 投打が噛み合い、チーム全員で勝ち取った勝利です✌️✌️✌️ #虎テレ にてたくさんのご声援ありがとうございました🐯💕 ナイスゲーム✌️✌️✌️とらほ〜🐯👍🏻 #阪神タイガース #全日本選手権大会 #女子野球 pic.twitter.com/aLPYvQXhp6



    @Tigers_Women 男子も女子も日本一目指して! 猛虎魂!!



    @Tigers_Women *♬೨̣̥(≧∇≦)♬✧*おめでとぉ💖*⋆¸¸.•*¨*🎉🎊🎉㊗️🎉


    続きを読む

    このページのトップヘ