1


阪神ドラフト1位森木大智投手(18=高知)が高知・安芸キャンプで初の打撃投手を務めた。セットポジションから2段モーションで41球。事前に球種を宣告し、直球に加えカーブも交えた。

いきなり同期対決が実現した。打席にはドラフト4位前川右京外野手(18=智弁学園)が入った。22球を投じ安打性の当たりは2本にとどめたが、そのうち1本は右翼への本塁打級の特大飛球を打たれた。高卒ルーキー同士、練習とはいえお互いの意地がぶつかった。

高知高校の先輩栄枝裕貴捕手(22)も打席に入り、19球投じた。こちらは安打性の当たりをゼロに抑えた。

森木は21日の練習後、「久しぶりの実戦で相当荒れると思うので、バッター相手に自分なりのピッチングができれば。結果どうこうより自分で納得いくかどうか」と見据えていた。この日は時折ロジンを手にするなど、ペースを乱さず落ち着いたマウンドさばきだった。

森木は今後、25日に初のシート打撃に登板予定。平田2軍監督は、順調にいけば3月4日からの教育リーグ、オリックス3連戦の初戦(鳴尾浜)に登板する可能性を示唆している。




【安芸】続いて注目のドラ1森木選手が登板!前川選手と真剣勝負です! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #イチにカケル! 虎テレでは宜野座・安芸キャンプをライブ配信  https://movie.hanshintigers.jp  https://t.co/NITSvYQDqy



@TigersDreamlink 胸熱やん!


続きを読む