とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    初黒星

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神0-3巨人>◇8日◇甲子園

    阪神秋山拓巳投手は粘りの投球を続けるも、6回6安打2失点で今季初黒星を喫した。「三振が多くていつもと違うピッチングだったので、しんどいところはありましたけど、とにかくもっとリズムを持ってこられるピッチングがしたかった」。

    初回1死、2番坂本にバックスクリーン左横へ運ばれ、先制の1号ソロを被弾。そこからは直球で見逃し、変化球で空振り三振と毎回の10三振を奪った。打たせて取る本来の投球とは変わったが、巨人打線のバットには当てさせなかった。

    悔やんだのは4回。連打を浴び、味方の失策もからんで1死二、三塁から、吉川尚を申告敬遠。1死満塁から、炭谷に直球を捉えられ2点目の中犠飛を許した。「申告敬遠して、あそこはゴロを打たせないと、というところだった」。それでも、矢野監督は「1点ずつなんでね。やむをえないというか、先発としての投球というのはしっかりしてくれた」と仕事を評価。次は投打がかみ合った試合で2勝目をつかみたい。




    阪神秋山粘投6回2失点も初黒星「リズムを持ってこられる投球したかった」(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/c6d09270f8c8d10d972db963fcdacb25979a2da6  本来のピッチングとは少し違いましたが 10奪三振の好投 さすがの秋山君でした🙂🐯



    阪神0-3巨人 今の巨人に負けるとしたらロースコア…考えていた結果になってしまい残念な完封負けでした 秋山投手は6回2失点と役割を果たしてくれました!先発陣は安定しているので点を取れるかどうかがキーです 連敗はしたくないなぁ…藤浪投手と打線に期待!! ▲0.55


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、中日9-4阪神」(20日、Agreスタジアム北谷)

     阪神は、対外試合4試合目にして初黒星を喫した。

     先制したのは阪神だった。初回1死二塁で打席にはドラフト1位・佐藤輝明内野手(近大)。松葉が投じたフルカウントからの8球目を中前に弾き返し、先制適時打とした。この一打で6試合連続安打となった。その後は陽川尚将内野手にも2点適時打が飛び出し、3点を奪った。

     陽川はこの日、絶好調で六回にも小笠原から左越えの今年“第1号”アーチを放ってみせた。「ちょっとこすった感じだったんですけど、風にも助けられて」と振り返った。

     投手陣は、先発の西純が初回、阿部に同点3ランを浴びた。その後は立ち直り、四回まで無安打投球を続けたが、2番手としてマウンドに上がった岩貞も2失点を喫した。

     1点ビハインドの八回には育成右腕・鈴木が3者連続四球からピンチを広げ4失点と悔しい内容に。課題を見つめ直し、次回登板までに修正を図りたいところだ。




    【練習試合】阪神4-9中日 ゲームセット。佐藤輝、陽川の活躍が光るも投手陣がドラゴンズ打線に捕まりました。明日も練習試合でvs広島戦!そこで投手陣の巻き返しに期待や!がんばれ阪神タイガース!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



    @hanshintigersjp まけほー😵



    @hanshintigersjp まけほーーーーー Deathノックもう一回やりましょうデスデスデス


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     粘投していた阪神・青柳がマウンドで悔しそうな表情を浮かべた。30日の中日戦(ナゴヤドーム)。0-0の六回2死一、二塁、阿部に投じたツーシームを右前に運ばれた。6回1失点に抑えても援護なし。初黒星を喫したサイド右腕はうなだれた。

     「試合の入りは良かったのですが、自分自身のミスを含め、走者をためてしまったのは反省点です」

     今季初登板だった6月23日のヤクルト戦(神宮)は七回途中1安打無失点の好投。チームの連敗を「3」で止めた。

     開幕から9試合。これが阪神の先発陣が挙げた唯一の白星だった。先発投手が五回をもたずに降板したのが4試合もある。中継ぎ投手の負担軽減のためにも、長いイニングを投げて勝つことをテーマに掲げた。

     「カードの頭を任されている以上、長いイニングを投げなければいけない責任感がある。(中日は)いい打者が多く、一発もあるチーム。丁寧に投げていきたい」

     ピンチは招いたが、五回まで得点は許さなかった。三回。先頭・京田の投手正面へのゴロを処理し、一塁へバウンドさせて送球。これがツーバウンドとなってセーフ(記録は内野安打)にしてしまう。ここから2死一、二塁のピンチを招いたが、平田をスライダーでバットの空を切らせた。四回は1死一塁で、高橋をツーシームで一ゴロ併殺。迎えた五回、安打と死球で招いた無死一、二塁のピンチもしのいだ。6回1失点と最少失点に抑えたが、無援に泣いた。

     2番手・能見が七回につかまり、アルモンテに満塁被弾と炎上。開幕10試合を終え、2勝8敗の惨状だ。




    まけほー😭 青柳頑張ってたから、援護してあげたかった💦 明日こそは勝てますように☺️🐯 #阪神タイガース



    阪神・青柳に援護なし「走者をためたのが反省点」6回1失点も初黒星  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200630/tig20063021230010-n1.html  @sanspocomより 青柳くん対柳くんかぁ。横高ファンの川崎市民としては、どちらも応援したい。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「阪神1-2ヤクルト」(31日、京セラドーム大阪)

     阪神は打線が4安打1点と沈黙。開幕3連勝はならなかった。

     移籍後初登板となった先発・西が一回、バレンティンと雄平に適時打を浴び、先制の2点を献上。その後は粘り強く7回4安打2失点にまとめたが援護に恵まれず、初黒星を喫した。

     打線は四回に大山の犠飛で1点差。だが、七回2死二塁で代打・高山が空振り三振に倒れるなど、少ない好機であと一本が出なかった。

     ヤクルトは新加入の高梨が6回3安打1失点で今季初勝利。石山が今季初セーブを飾った。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2019/03/31/0012198909.shtml

    続きを読む

    このページのトップヘ