2


 前日2日の巨人戦で左肘付近に死球を受けた阪神・近本は、外野ノックやフリー打撃、バント練習など通常の試合前練習のメニューをこなした。

 近本は3回無死からの第2打席で巨人・今村の4球目が左肘付近を直撃した。痛みに顔をゆがめて倒れ込み、一度はベンチに退きながらも強行出場。バント安打を2本、いずれもセーフティで決めるなど4戦ぶりマルチ安打を記録していた。矢野監督は試合後に「しびれたり、痛かったりというのがあったんだけど、現状は投げられるということだったんで。明日また腫れが出たり、次の日はどうか分からないんで。そこは明日にならないと分からない部分」と話していたが、大事には至らなかった模様だ。




昨日の試合で、左手手首辺りに死球受けた近本選手は、今日の全体練習では全ての練習メニューをこなしたそうですv(^o^) 大事に至らなくて、本当によかったです。



近本、大丈夫そうなんやな😅通常通り練習してるみたいで良かった😅


続きを読む