とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    前田健太

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・西純矢投手(19)が25日、宮崎市内のホテルで契約更改交渉に臨み、現状維持の1200万円でサインした。ドラフト1位で入団した今季は2軍で11試合に登板し、4勝3敗、防御率4・00。「来年は1試合でも多く1軍で投げられるように。1日でも早く上で勝てるように頑張りたいと思います」と飛躍を誓った。

     今秋のフェニックスリーグでは、ツインズ・前田健太投手(32)の“間”を参考にした新フォームがフィットした。ここまで3試合で2勝1敗、防御率3・79。プロ入り後、新たにツーシームを習得して打たせて取る投球を覚えたが、平田2軍監督に「小さくまとまりすぎてるんじゃないか」と指摘を受けた。

     そこで現在は「三振を取れるように、一人一人全力で投げること」をテーマに設定。19回でイニング数を上回る22三振を奪っている。何より、豪快な投げっぷりがよみがえったことで宝刀・スライダーのキレも復活。勝負の2021年に向け、視界は良好だ。

     広島出身の右腕にとって憧れだった前田も1年目は1軍登板なし。それでも2軍で経験を積み、2年目に9勝を挙げてエースへの階段を駆け上がった。「先発完投型の前田健太さんのようになりたい」という右腕について、矢野監督は「西は来年どれだけ飛躍していくか楽しみ。(来春の1軍宜野座キャンプに)呼んでも支障がないかなと思っているけど」と期待を寄せた。沖縄から甲子園の舞台へ―。西純が“マエケンロード”を歩む。(中村 晃大)



    【阪神】西純矢、マエケンロード歩む…“間”を参考にした新フォームがフィット(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース 純矢も記事多くて嬉しいぞ☺️☺️  https://news.yahoo.co.jp/articles/486bc30e0328d9d7910376bc7a27c4f9ca61cc59 



    彡(゚)(゚)マエケン体操のアレンジにも挑戦しろ 阪神・西純矢が現状維持で更改 来季1軍登板目指す 理想は「前田健太投手のように」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/25/0013890643.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1






    阪神園芸さんとの 秘話、裏話もあります😂 見て下さい!  https://youtu.be/UnFONkfFn0o  pic.twitter.com/6h31wyQ6JF



    @maeken1988 阪神園芸と言っちゃったらもうあの球場確定じゃないですか···


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ツインズの前田健太投手が21日、自身のYouTubeチャンネル「マエケンチャンネル」を更新。マエケン流「スライダーの投げ方」を公開した。

     「やっぱり僕といえばスライダーじゃないですか」として、マエケン流の握り方、投げ方を動画で実演。「少し皆さんと感覚が違うかなと思うので、それを伝えていけたらいいかなと思います」とコツを披露している。

     プロ1年目は直球とカーブのみだったという前田。当時のブラウン監督にスライダーのマスターを推奨され、試行錯誤の末にマスターしたという。マエケンチャンネルではブルペンでの投球を披露。同じ握りからリリースの違いで3種類の変化を見せるスライダーを、分かりやすく解説。常識とされているものを覆すマエケン理論も展開している。

     詳細はマエケンチャンネル「https://www.youtube.com/watch?v=xNS9R5QR0h8&feature=youtu.be」まで。前田は「高校野球の選手の方、アマチュアの方、そして草野球をしている人たち、マエケンスライダーで無双してください」と締めくくった。






    今夜19時YouTube新しい動画配信します!!! 日本時代すごいと思ったトップ3を 発表します😊 マエケンチャンネル見てください🙋‍♂️



    マエケンチャンネルめっちゃ参考になる🤗 【1番自信のあるスライダー】投げ方のコツ教えます!!  https://youtu.be/xNS9R5QR0h8  @YouTubeより



    マエケンチャンネル思ったよりおもしろいな


    続きを読む

    このページのトップヘ