1


 「巨人5-6阪神」(16日、東京ドーム)

 阪神・アルカンタラが来日初登板初先発で巨人打線相手に6回7安打5失点。昨季は韓国で20勝を挙げ最多勝に輝いた右腕は、苦しみながらもNPB初白星をつかんだ。以下、アルカンタラとの一問一答。

  ◇  ◇

 -今の気持ちは。

 「うれしいですね。初めて上で勝つことができたのでとてもうれしい気持ちと、これからも頑張りたいなという気持ちです」

 -良かった部分は。

 「コントロールが良かったと思います。もちろん、いいコントロールでいけなかったところもありますけど、全体的に見て良かったかなと思います」

 -験担ぎやルーティンはあるか。

 「しっかりキャッチャーとしゃべって、試合の中で組み立てていくということだけを意識していました」

 -六回の満塁のピンチではマウンドに来たマルテと話していたが、助言があったのか。

 「『いいピッチングをしているから。落ち着いていくことと、しっかり低目に投げること』というのはいつも言ってくれました」

 -家族と離れて暮らす。励みや支えになっていることは。

 「もちろんさびしい気持ちもありますけど、いい時も悪い時も家族が一番支えてくれる存在なので、いつもコミュニケーションを取りながらやっています」

 -今後どんな投球で貢献していきたいか。

 「もっと成長して、チームを勝たせられるようなピッチングをこれからも続けていきたいなと思います」




マルちゃんって本当に献身的にチームプレイするよね。去年より守備力が上がって余裕がうまれてるからこその助言かなと思う。 阪神・アルカンタラと一問一答「しっかり低目に投げること」マルテ助言で初白星(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/b940e7f8d9b8601d036306d732c5dfed23283889 



>>> 韓国球界関係者が舌を巻いたのは、その冷静さ。マウンドでカッとすることはなく、穏やかで周りを見渡す能力に優れていた。 性格的にも日本で上手くいきそうだな マルテも素晴らしい助言でした 阪神アルカンタラお立ち台でまさかの…「アッアッー、オハヨウゴザイマス」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105160001368.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 




続きを読む