1


 浮上へ、阪神・秋山が先陣を切る。28日のヤクルト戦へ、甲子園での投手指名練習に参加。キャッチボールやショートダッシュなどで最終調整した。今季最多の貯金「2」に向けても流れをつくろうと気合十分だ。

 「チームは本当にいい流れだと思うので、その流れに乗って、攻めていきたい」

 4試合連続でカード頭を任され、その大切さを理解している。前回21日の広島戦では6回1/3を4失点で2勝目を挙げたが、先発として長いイニングを投げたい思いが空回りした部分もあった。反省から今回は「目の前のイニングを抑えることに徹底して、抑えていった結果が長いイニングにつながれば」と考え方を改めて臨む。

 ヤクルトには近5試合の登板3連勝中で、自身には負けが付いていない。1ゲーム差で2位の背中にピタリと付けているだけに、相性のよさそのままに先発の仕事を果たしてチームを浮上させていきたい。




7月28日18:00より神宮球場にて東京ヤクルトスワローズ戦!予告先発はタイガースが秋山拓巳投手!スワローズはG.イノーア投手です。秋山投手には抜群の制球力を活かした粘り強いピッチングで、自身3連勝を飾ってもらいましょう! #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル pic.twitter.com/ZAdiUbAzus



@TigersDreamlink ホームランだけに気をつけてピッチングしてくれれば勝てる。打線も頼んだよ☺️勝つぞ😃



@TigersDreamlink 貯金2に。


続きを読む