とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    勝利の方程式入りへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇オープン戦 阪神―楽天(2022年3月5日 甲子園)

     2番手で登板した阪神・小野が、開幕からの勝利の方程式入りに向けて、好投を演じた。5回から登板すると、先頭の武藤をスライダーで空振り三振、安田をフォークで空振り三振でリズムに乗ると、最後は黒川を外角150キロで3者連続空振り三振。球のキレ、変化球の精度、そしてテンポも良く、首脳陣と甲子園のファンに安定感をアピールした。

     「まっすぐの感じはずっといい。キャンプでは変化球の練習をやってきたので、まっすぐだけでなく、変化球でしっかり抑えたい」と語っていたオープン戦でのテーマを、実戦でもクリアした。「1つ目の三振は思い通りだったけど、2つ目のフォークは落ちきってなかったし、3つ目もボールを振ってくれての三振。もっと自分の意図した投球で抑えたい」と納得はしていなかった。







    阪神・小野が3者連続Kでアピール成功 最速152キロ(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/dd77c4bc99d5f399611dade4f195082bf1f702ea 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「オープン戦、阪神2-8楽天」(5日、甲子園球場)

     大敗を喫した中、阪神・及川雅貴投手(20)が2回1安打無失点と好投を見せた。

     0-8の八回に登板。まずは先頭・村林を1球で三ゴロに仕留める。続く和田恋には左前打を許したが、山崎剛を遊ゴロで二塁封殺に。2死一塁として、マーキを二ゴロに打ち取った。

     九回は先頭・川島を低めの直球で三ゴロ、続く武藤は外角直球で見逃し三振に。最後は銀次をスライダーで遊飛に仕留め、安定した投球を見せた。

     オフから先発に挑戦していたが、矢野監督は昨季に続いて中継ぎ起用することを明言。「悔しい気持ちはもちろんあります。でも、自分の立ち位置をしっかり理解してチームのために腕を振って行きたい」と、悔しさを糧に“勝ちパターン”入りへ意欲を見せていた。




    まけほー。 今日は藤浪投手と馬場投手が誤算でした。 今日の収穫は小野投手と及川投手の無失点ピッチング、島田選手マルチ安打、近本選手1打点でした。 明日はワイ今年初めての現地観戦に行きます。 pic.twitter.com/6aXTryTXBx



    およよ2回無失点ナイスピッチング!!


    続きを読む

    このページのトップヘ