1


 ◇関西六大学野球 第6節第1日 京産大3-2神院大(2021年5月10日 皇子山)

 今秋ドラフト候補の京産大・北山亘基(4年)が先発し、15三振を奪い4安打2失点完投。6回に自己最速タイとなる151キロを計測するなど、視察した8球団13人のスカウトにもアピールした。

 「自分としてはそこまでいいとは思いませんでしたが、真っすぐで押せてはいましたし、チェンジアップで空振りを取れたのも良かったです」

 3回に味方の適時失策で1点を先制されたが、8回までわずか1安打投球だった。3回から7回までは外野への打球すらゼロで、直球もコンスタントに140キロ台後半を計測。阪神の熊野輝光スカウトも「フォームのバランスが良くなって、コントロールで崩れることがなくなった」と成長を評価した。

 4連覇を決めた大商大とは17日から直接対決。優勝の可能性は消えたが、勝ち点で並ぶ可能性はある。「秋につなげる意味でも勝ちきれるように。落としていい試合はない」。秋の反攻、夢のプロ入りへ重要な試金石となる。(北野 将市)




京産大の北山投手は評価が高いな。 【ドラフト中間予想】ピッチャー“ドラ1候補”ベスト10…3位達孝太(天理)、2位小園健太(市立和歌山)、では1位は?  https://number.bunshun.jp/articles/-/848048  #ドラフト会議



今年の阪神を見ていたら ドラフトの大切さを 改めて感じさせられましたよ。本当に。 京産大・北山 8球団13人のスカウトの前で猛アピール!!8回までわずか1安打 阪神スカウトも成長評価(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/c83785844f66a8a4d5ccefc189637ab5745a8893 


続きを読む