とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    卒業式出席

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ドラフト1位森木大智投手(18)が1日、高知高の卒業式に出席し、中学時代から6年間通った学び舎を巣立った。「紆余(うよ)曲折ありましたけど、そうすることによって自分自身が磨かれたかなと思います。内容の濃い6年間でしたし、本当に良い経験させてもらいました」と振り返った。

    前日1月31日は、野球部の専用グラウンドで“最後の練習”を行った。毎日自転車で学校から通ってきた道をランニング。グラウンドではキャッチボールを行い投げ納めた。「僕が小学6年の時に感じ取れた『高知中は細かい野球』をするチームというところで、感じ取れたのが今、よかったなと思っています」と6年前の自分に語り掛けるように言った。

    高知中時代から6年間指導した浜口佳久監督(46)は「一緒に高みを目指して大智と作り上げていく中で、逆に僕の学びがあった。それが大きかったですね、濃い6年間でした」と感慨深げ。なかでも中学3年時、中学軟式史上最速の150キロを投げた試合は「本当に今でも脳裏に焼き付いている」。プロへ巣立つ教え子に「親心というか、故障なく1日でも長く野球してもらえればと思う。欲を言えば日本を代表することだけでなくて、阪神ももちろんなんですけど、メジャーとか世界の舞台で活躍してほしいと思います」と願った。

    森木は久々に野球部の仲間とも再会し英気を養ったようす。2日から高知・安芸で行われている2軍キャンプに合流する。【中野椋】


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のドラフト1位・森木(高知)が30日、鳴尾浜球場での新人合同自主トレを打ち上げた。キャンプイン初日の2月1日に、高校の卒業式に出席する右腕。当日は、母校で自主トレすることを明かした。

     「たぶん(高知の)グラウンドに行くと思うので、動くと思います」

     30日の練習後、チーム本隊より一足早く、故郷であり、2軍キャンプ地である高知に入った。新人の移動休日予定である31日と2月1日の2日間は別行動となるため、自らの状態と相談しながら母校のグラウンドで自主トレを予定。たとえ一人であっても、2日のキャンプ合流から全力で動けるように、しっかりと練習は継続する。

     プロの春季キャンプは、約1カ月間に及ぶ長丁場。息抜きのためにゲームなどを持ち込む選手もいるが、最速154キロ右腕は違う。持参品としてまず挙げたのは、新人合同自主トレでも活用してきた「ドライブラインベースボール」考案のプライオボール。そして寮の自室で使用しているストレッチ道具…。四六時中、野球漬けの日々を過ごす構えだ。

     「1年目ですけど自分のペースを守りながら、たまにはそのペースをぶち破っていけるような。限界を一歩超えていけるように」。最高到達点を高く掲げる18歳。母校で迎える「2・1」から、本格的にプロとしての歩みを始める。(石崎 祥平)

    続きを読む

    このページのトップヘ