とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    単独首位

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/04/04(日) 22:12:58.72 ID:S+vUfq1w0● BE:509689741-2BP(6000)
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202104040000903_m.html?mode=all

    阪神が単独首位浮上、矢野監督はV打の陽川を称賛
    [2021年4月4日18時37分]

    <阪神3-1中日>◇4日◇京セラドーム大阪

    阪神が単独首位に躍り出た。

    今季初のスタメン出場の陽川尚将内野手(29)が、同点の6回2死一、二塁で勝ち越しの左前打。ドラフト1位ルーキー佐藤輝明内野手(22)がスタメン落ちの中、今季初先発で結果を残した。チームは2度目のカード勝ち越しで、単独首位に浮上した。

    矢野燿大監督(52)は「重いムードを陽川があそこで返してくれたおかげで、こっちに流れがくる1本になった。ずっとバッティングの状態もよかったですし、使いたいなっていう風には思っていたんですけど。そういうところでは勝負どころでね、1本打ってくれたんでね。いい仕事をしてくれました」と褒めたたえた。

    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1617541978/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    阪神が単独首位浮上、矢野監督はV打の陽川を称賛
    https://news.yahoo.co.jp/articles/530f8a7ddc7a1e7011028e22b84bcc35bf5c941b


    阪神さん単独首位???? 強いね。いやーほんとに強いね。今年



    🐯ほー 広島負けた為単独首位浮上‼️ 明後日からの讀売戦に堂々と挑めますね‼️ 楽しみー😀

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    torakki-



    虎は野村克也氏の追悼試合でも勝利をつかみ、15年以来の開幕3連勝🎉巨人がDeNA戦に引き分けたため、単独首位に浮上しました‼︎ まだ3試合目ですが☝️ #hanshin #tigers #阪神タイガース    #hanshintigers #阪神 #神宮 #ヤクルト #野村克也 #追悼試合 #npb #糸原健斗 pic.twitter.com/vjociXXd17



    阪神、単独首位。 どうやったら負けるのか分からん。 このまま独走するのではないか。



    阪神単独首位なんか、、、


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1





    阪神ちゃんオープン戦単独首位ってまじ???🥺



    おっ、阪神オープン戦単独首位じゃん

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <阪神1-0ヤクルト>◇30日◇京セラドーム大阪

    阪神が投手戦を制し、開幕2連勝を飾った。日刊スポーツ評論家の山田久志氏は抜群の安定感を誇る救援陣を解説した。

       ◇   ◇   ◇

    阪神にとっては、連日の1点差勝ちになった。ヤクルトは1安打、阪神が4安打。どちらに転んでもおかしくない一戦だった。

    山田 阪神は最高のスタートを切った。両チームとも打てなさすぎだった。でも、どのチームにもいえるが、開幕からワンサイドゲームになる展開は考えにくい。ヤクルトはバレンティンがことごとくチャンスをつぶした。

    この2試合ではまったのは、ベンチが模索する勝ちパターン。抑えのドリスにつないだのは、「8回の男」を演じた新外国人ジョンソンだった。

    山田 ジョンソンは無走者でもクイックで投げるなど工夫をしていた。クレバーなタイプとみる。制球力もあるし、逆にまとまりすぎを感じるほどだ。このピッチャーの武器は曲がりが大きく、鋭いスライダーだろう。ヤクルト以外のチームも、このスライダーに慣れるのは時間がかかりそうだ。

    阪神ベンチは7回表に1死をとると、岩貞から桑原にスイッチした。後続を断って、8回のジョンソンにつなぎ、9回ドリスで逃げ切った。

    山田 桑原の7回途中の投入は、この試合は1対0で勝ちにいくハラをくくった継投だったといえる。まだ2試合だけではわからないが、8、9回が固まれば、このゲームでの桑原の使い方もそうだが、登板のなかった能見、藤川らバリエーションをもたせた起用ができる。つまりリリーフでプレッシャーをかける戦いができるということだ。

    今後は少しでも得点力をあげて勝ちパターンに持ち込みたい。

    山田 例えば7回裏1死から高山が四球で出塁、木浪が送りバントを試みたが二封される。この場面などは期待の新人だけに、打たせるのも、育てるという意味の経験になったのではないだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-03300813-nksports-base

    続きを読む

    このページのトップヘ