とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    危機感

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【トラとら虎】

     阪神の高山俊外野手(27)が沖縄・宜野座キャンプで危機感を抱きながら定位置争いに挑んでいる。近本の中堅は不動として、両翼を競うライバルは糸井、サンズに、新助っ人ロハス、ルーキー佐藤輝と多い。「ハイレベルな戦いになるから必死です。いまから結果を出し続けないと置いていかれますから…」

     これまで紅白戦を含む全9試合に出場。打率・444(27打数12安打)。そのうち5試合でマルチ安打を放つなど、見違えるような成績を残している。

     好調の要因は打撃フォームの改造だろう。内角の速球に苦しむことから、思い切って構えをオープンスタンスに変えることにした。成果は安打の内訳でも分かる。左翼4本、中堅3本、右翼5本。両サイドへの対応力がついてきた証しである。

     オフには胸を突かれる出来事があった。一つは4歳上の伊藤隼太外野手(現四国独立リーグ愛媛)の解雇。もう一つは大器と評判の佐藤輝明内野手の入団だ。

     伊藤とは左打ちの外野手という他にも共通項は多かった。お互い東京六大学のスターで、ドラフト1位も同じ。ただ違うのは高山が2016年、打率・275をマークして新人王に輝いたことだが、トータルで見れば期待を裏切り続けたあたりも共通している。

     そんな延長線上に今年の佐藤輝の獲得はある。矢野監督は内野志望のルーキーを外野で起用する意向で、現に評判通りの打撃を見せている。いまのところ高山の成績は佐藤輝と遜色ないが、ここに糸井、サンズ、ロハスも加わり、熾烈な外野戦争は本番に突入しても続くことになる。

     球団OBのひとりは「高山が好調なのはそんな競争心の相乗効果。佐藤輝が高山のお尻に火をつけたといっても過言ではない。多分、伊藤の解雇にしても、明日はわが身と捉えたはずで、今年が定位置を取り戻す最後のチャンス」と注目している。(スポーツライター・西本忠成)




    高山は危機感持ってやってくれてると思うから応援できる 60と26は知らん



    高山は危機感アリアリやろね 盟友、横尾もトレード


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・高山俊外野手(27)が27日、中日との練習試合(北谷)に「6番・DH」で出場し、3試合連続のマルチ安打をマークした。好調を維持する背番号「9」だが、レギュラー奪回に向けて、今後の実戦こそ「本番だと思っている」と危機感を忘れない。2016年の新人王が、逆襲に燃えている。

    ■定位置奪回へ「本番」これから

     崖っぷちの男は、これくらいでは満足しない。本当の勝負はここから。意地のマルチ安打にも、高山の表情はグッと引き締まったままだった。

     「(状態は)分からないですね。ここから(試合に)出られなくなってきてからが、自分のなかで本番だと思っている」

     笑顔なく帰途のバスに乗り込んだが、打棒は好調だ。三回1死一塁の第2打席は、昨季、最優秀中継ぎ投手のタイトルに輝いた福から左前打を放ってチャンス拡大。崩されながらも、巧みなバットコントロールでしぶとく落とした。七回は山本の直球をとらえて右前打。21日の広島戦(宜野座)から3試合連続のマルチ安打と気を吐いた。

     一回1死二、三塁では沢村賞左腕・大野雄から中犠飛。矢野監督は「中身がいいよね。俺らから見ていても『ああ、ちょっと違うな』という感じに見える」と評価した。大野雄、福と一線級の投手からも結果は残した。それでも本人は「どうなんですかね」と気を緩めない。脳裏には、苦い記憶がこびりついていた。

    ■昨季はコロナで仕切り直しに…

     「去年もね、この時期まではよかった」

     定位置奪取へ、並々ならぬ決意で臨んだ昨シーズン。キャンプ中の対外試合は9試合で打率・323(31打数10安打)と打ちまくり、MVPにも選ばれた。オープン戦でも打撃10傑入りした。

     開幕スタメンへ、あと一歩とした矢先に、コロナ禍で自宅待機。開幕前の6月の練習試合では打率・188(16打数3安打)と落ち込んだ。シーズン入り後は限られた打席で調子を上げられず、自己最少の42試合出場で打率・152。0本塁打で3打点もプロ入り最低だった。隙を見せれば足元をすくわれるのがプロの世界。同じ轍を踏むわけにはいかない。

     D1位・佐藤輝(近大)や新助っ人・ロハス(前韓国KT)の加入で今季はより苦しい立場。実際、糸井が実戦に出始めたことで、この日は守備に就かず、指名打者でのスタメンだった。高山は「今のままじゃダメだと思いますね」と気を引き締める。ここからが本番。シーズンを笑って終えるため、誰よりも結果を貪欲に追い求める。(原田遼太郎)




    昨年活躍したサンズが"スタメン確定"とは言えないくらい、高山俊と小野寺のアピールが凄い。 高山は打率の高さ&走塁、小野寺は長打力&球際の強さが光る。 後ろに糸井陽川井上(中谷)も居る。近年にない外野手飽和状態



    矢野監督へ 今年の開幕スタメンは高山俊を使ってください🙇‍♂️4打席立って結果を出す選手なので根気よく使ってください🙂よろしくお願いします🙇‍♂️#阪神タイガース #開幕スタメン #高山俊 #阪神タイガースファン


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/29(金) 07:27:40.04 ID:7mR4V6PV0
    プロ7年目で初の春季キャンプ2軍スタートとなる阪神江越大賀外野手が、ノーステップ打法に磨きをかけ、開幕1軍を狙う。

    「自分の立ち位置がそういうところと思うので、危機感もある」と話すが、野手14人と少人数のため実戦も多くできるとプラスにとらえている。打撃力を生かすために秋季練習からノーステップ打法に取り組む。「今は手応えとしてはいい感じなので、キャンプでもっともっと振っていきたい」と新打法を体に染みこませる。

    確実性を上げるために新バットも試す。これまでの34インチ(86・36センチ)から33・5インチ(85・09センチ)へ短く、重さもこれまでより10グラム軽い910グラムにした。昨季は45試合出場もプロ初の無安打に終わったが、高知・安芸から巻き返す。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/29(金) 07:28:24.50 ID:7mR4V6PV0
    最終出場 2020/11/11 DeNA戦 サンズの守備固めでレフトへ(甲子園)
    最終打席 2020/11/11 DeNA戦 空振り三振(甲子園)
    最終三振 2020/11/11 同上
    最終盗塁 2020/09/04 巨人戦(甲子園)
    最終打点 2020/09/17 巨人戦 センター犠牲フライ(東京ドーム)
    最終出塁 2020/08/06 巨人戦 四球出塁(甲子園)
    最終スタメン 2019/07/03 DeNA戦
    最終安打 2019/04/23 DeNA戦 ライト前ヒット(横浜)
    最終長打 2018/05/26 巨人戦 レフトオーバー二塁打(甲子園)
    最終本塁打 2018/5/11 広島戦 センター方向のソロホームラン(マツダ)
    最終犠打 2018/08/05 ヤクルト戦 (神宮)
    最終複数安打 2016/7/27 ヤクルト戦 3打数2安打(甲子園)
    最終三塁打 2016/7/24 広島戦 ライトオーバー三塁打(マツダ)
    最終猛打賞 2016/4/10 広島戦 5打数3安打2三振(甲子園)
    連続試合本塁打 4試合
    連続打席本塁打 3打席
     2016/04/03 DeNA戦(横浜)レフト2ラン
     2016/04/07 巨人戦(東京ドーム)レフトソロ(2打席連続、2試合連続)
     2016/04/09 広島戦(甲子園)レフトソロ(3打席連続、3試合連続)
     2016/04/11 広島戦(甲子園)センター2ラン(4試合連続)

    10: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/29(金) 07:33:03.16 ID:OygHnJ6Gp
    >>2
    巨人横浜広島キラーって
    こいつ実力は本物やな

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1611872860/

    続きを読む

    このページのトップヘ