とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    原動力

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     身長187センチ体重94キロの恵まれた体格を存分に活かした迫力満点のスイング。そして打席に入れば快音を連発させる阪神タイガースドラフト1位・佐藤 輝明(仁川学院出身)。

     3年生の時に大学日本代表に選出されただけではなく、関西学生リーグで新記録となる14本塁打をマーク。リーグMVPやベストナインも受賞するなどドラフト1位にふさわしい結果を残し続けてきたが、高校時代は決してエリート街道ではなかった。

     身長175センチ、体重65キロと今とは正反対の細身で、自宅近くにあった仁川学院の門をたたいた佐藤。ただ1年間はレギュラーとしての出場しておらず、2年生から4番に座るなど、一躍チームの中心選手として牽引。夏も4番として先輩たちとともに戦い、県大会4回戦まで勝ち進んだ。

     ただ 新チームは県大会1回戦で敗れ、早々にオフシーズンに入った。だが佐藤にとっては大きな転機だった。2年生の冬から週の半分はジムに通うなど、徹底したフィジカルトレーニングに打ち込んだ。体格は次第に逞しくなっていくと、パフォーマンスにも好影響を及ぼす。

     3年生春から数ヶ月で15本塁打をマーク。高校通算は20本塁打に到達するほどのスラッガーまで生まれ変わった。厳しい練習に耐え抜いた成果であることは間違いないが、そんな佐藤のモチベーションを支えたのは甲子園ではなく、『ホームラン』だった。

     佐藤自らも「まるで『ホームランの求道者』みたいな状態で毎日を過ごしていました」と以前語っていた。最後の夏は県大会1回戦で敗れて高校野球が終わったが、ホームランに魅了された若き大砲のスイングが近畿大の田中 秀昌監督に導かれ、大学では1年生からリーグ戦に出続けた。

     大学球界を代表する強打者へ成長し、2021年はプロの世界へドラフト1位として飛び込む佐藤。甲子園出場と言った華々しい高校時代でなく、1つの武器を磨き続け、些細なきっかけを掴んだ先にNPBの扉が待っていた。ほとんどの球児が甲子園に届かないのが現実だが、甲子園が全てではないことを、本拠地となった甲子園でホームランを打つことで証明してほしい。




    佐藤輝明は写真だけでワクワクさせてくれるな



    阪神ドラ1・佐藤輝明の際立つ「超人」ぶり テレビ局は早くも年末番組の〝皮算用〟 #ドラフト1位 #佐藤輝明 読者登録→ http://toraho.blog.jp/_/oa_notifier   https://toraho.blog.jp/archives/34151450.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神5-1中日」(25日、甲子園球場)

     阪神・高橋遥人投手(24)が先発し、8回6安打1失点の快投を演じ、カード初戦を制した。今季2勝目を挙げた左腕は、お立ち台で「カード頭を任されているので、今日はなんとしてもいい流れを最初に持ってこようとして投げました」と話していた。

     ここまで3試合に先発し、22イニングで2失点と抜群の安定感を誇っている。春先は出遅れただけに、率直な思いを口に。「(春先、開幕は)鳴尾浜だったんですけど練習して必ず1軍で活躍するぞ、という強い気持ちを持って練習してきたので、こうして2勝目を挙げられて嬉しいです」。戦列復帰したら、絶対にチームの力になる。そんな思いが高橋の原動力となっていた。

     1点リードの五回は2死二塁となったが、ファンから自然発生的に拍手が巻き起こり、高橋に力を与えてくれた。平田を遊ゴロに抑えて、応援にしっかり応えた。「本当にピンチの時とか、ピンチを抑えた時はすごい声援が聞こえているので、いつも勇気をもらっています」と感謝の言葉を残していた。




    あと1勝で去年に並ぶとかやべえ 阪神 高橋の原動力は鳴尾浜での気持ち「必ず1軍で活躍するぞ、と」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/08/25/0013635330.shtml  @Daily_Onlineより



    高橋遥人ナイスピッチング!


    続きを読む

    このページのトップヘ