とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    原点回帰

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/26(火) 05:56:15.45 ID:CAP_USER9
    阪神の藤浪晋太郎投手(26)が25日、鳴尾浜球場でブルペン入りし、ワインドアップの新フォームを披露した。捕手を座らせて72球を投じると、周囲の評価は上々。春夏連覇を成し遂げた大阪桐蔭時代、そして19年にも試みていた“振りかぶり”を解禁した。先発としてフル回転を期す今季。逆襲へ向けた決意表明でもあった。

     今年から新調したパープルのグラブが頭上で映える。1メートル97センチの藤浪が、より大きく見えるのは気のせいではない。21年、公の場で見られた初めてのブルペンで披露したのはワインドアップだった。

     「振りかぶって投げれるなら、今年振りかぶって投げようかなと思ってます」

     新フォームへの挑戦を静かに宣言した。近年のシーズン中はセットポジションで投球。だが、春夏連覇を達成した大阪桐蔭時代に駆使していたように、振りかぶる動作は藤浪晋太郎にとっての「原点」と言える。19年も同じく1月からキャンプ中にかけて、ワインドアップに着手。定着を図ったが、実戦を経るごとに修正を余儀なくされ、最終的にはノーワインドアップ→セットに落ち着いた。

     2年ぶりの“回帰”には「(振りかぶれば)勢いがついたり、リズム、フォームのタイミングが合うかなと思ってるので」と意図を説明。一方、セットポジションに比べ動作が多くなるため癖が出やすい短所もあるだけに「今後決めていけたら」と含みを持たせた。実戦登板でも継続するかはキャンプ期間中に判断する。

     言うまでもなく、ボールの質を高めるための決断だった。過去にあったフォームの迷いによる試行錯誤とは、意味合いが違う。すでに捕手を座らせて複数回のブルペン投球を実施。この日も栄枝のミットをめがけ、変化球も交えて72球を投じた。仕上がりの良さは一目瞭然。見守った平田2軍監督からも「相変わらずボールの迫力は圧倒される。お前の顔を見るのはこれで最初で最後やろって言って」と絶賛された。

     「ある程度、ボールも(指に)つかまってますし、良い感じ。球質とか、クイックとか(今後は)やらないといけないけど、全体的には良いラインが出てる」。昨季の中盤以降につかんでいるフォームの連動性などの手応えに加え、振りかぶることでさらなるグレードアップを目指していく。

     「(沖縄では)結果を出さないといけない立場。アピールするのは前提で“これならやっていける”というものを出せるように」

     順調に調整を進めており、完成形まであと一歩。“振りかぶる藤浪”は逆襲の号砲だ。 (遠藤 礼)

    1/26(火) 5:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210125-00010121-spnannex-base

    7: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/26(火) 06:04:02.37 ID:TBfjOncq0
    大卒出で50勝投手やと思って見てたらまだまだチャンスあると思ってる藤浪ファンのオッサンです

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1611608175/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     甲子園で秋季練習に参加した阪神・高橋遥人投手(25)が28日、来季に向けて原点回帰し、もう一度、直球を磨くことを誓った。

     「何が一番、自信があるかと言われたら、真っすぐ。いくら他のボールがよくて試合を作れたとしても、いいピッチングまではいかない。もう一回、真っすぐをしっかり投げきれるように」

     今季は自己最多の5勝(4敗)も「シーズン終盤は、ここ数年で一番悪いボールを投げていた」と納得していなかった。昨オフは緩急をつけるためにカーブを習得する練習をしたが、今年はウエートによる上半身強化などを行い、自身の生命線である直球を磨き直す。

     ソフトバンクが巨人を圧倒した日本シリーズをテレビ観戦し、その思いはより強くなった。「ソフトバンクの投手は速い、強いボールを投げる投手が多い。憧れるし、自分もそういうストレートを投げたいと思ってやっている」。鷹投手陣からも刺激を受けて、自らの武器を鍛え上げる。(織原祥平)




    やっぱ高橋遥人はストレートが一番! 阪神高橋が日本Sで直球大切さ再認識、原点回帰磨き  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011280000907.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    いつも謙虚でいいね😄 素材では12球団で遥人くんに敵う投手はおらんよ! シーズン最後まであの真っ直ぐが投げられたら防御率も奪三振も誰にも負けないと思うなあ。勝ち星は阪神だから微妙だけど(笑) #阪神タイガース #高橋遥人  https://news.yahoo.co.jp/articles/0962fcc6fd29d5ce99622a7602462515e90beffe 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ ファンへの感謝を込めた“ワインドアップ”

     いつもと違う“姿”に、スタンドが少しだけざわつく。

    ☆【番記者コラム】ファンに届けたい、とっておきの裏話

     「振りかぶってる!」「ワインドアップや」──。

     阪神タイガース・能見篤史の“原点回帰”に、誰もが胸を熱くした。


     11月11日、甲子園で行われたDeNAとのシーズン最終戦。1点リードの9回に名前がコールされた。みんな分かっていた。タテジマの背番号14を目にできるのは今夜限りであることを…。

     虎党にはお馴染みの登場曲、GReeeeN「刹那」を締めくくるフレーズ『能見信じて』に聖地のファンが声を合わせた。


     「それはもう決めてたんで。ブルペンではちょっとタイミング合わなかったんですけど。恩返しというか、元々テレビとか、映る姿もそこをアップにして撮ってくれたり。そういう代名詞と浸透してたんで、何とかそれを実現しようと」

     2018年途中に中継ぎに転向して以来、2年間も封印していたワインドアップ投法を解禁した。


     来季の構想外が決まり、タイガースでは最後となるマウンド。後輩投手から「芸術」とも評される美麗なフォームで腕を振った。

     先頭で対峙した細川に中前打。わずか4球でセットポジションを余儀なくされたものの、続くソトを遊撃への併殺に仕留めて再び「幸せな時間」がやってきた。


     「ちょっと先頭が出てヒヤヒヤしたんですけど、何とか運良くゲッツーになったので、もう一度ワインドアップできるなということで最後は楽しませてもらいました」

     最後は柴田を148キロの直球で空を切らせ、プロ2セーブ目で阪神での16年間を締めくくった。


    ◆ 「自分のできることを全うして頑張ってほしい」

     「まさか大山まで泣いてるとは思わなかった。梅野もマウンド来た時からもう泣いてたので、嬉しいなと思いながらね」

     梅野は涙で頬を濡らしながらミットを構え、大山や岩貞も感極まっていた。沖縄で「チーム能見」として、ともに汗を流してきたメンバーだ。後輩たちにとっていかに大きな存在だったか、言うまでも無い。


     先発マウンドで5回無失点の快投を披露した藤浪もそのひとり。

     「練習に対する姿勢、取り組み方、投手の考え方…投手観、野球観で、すごく影響を与えてくださった方でした。なんとか能見さんまで良い形で繋ぎたいと思っていたので、0点で抑えることができて良かった」。

     馬場から伊藤和、岩貞と、2番手以降の3投手は1本のヒットも許さなかった。

     「能見さんにつなぐ」…。心で誓った合言葉を力に変え、仲間はバトンをつないでいった。


     エースとして長年戦ってきた先発の座を離れ、2018年からはブルペンへ働きの場を移してフル回転。

     「個人のことを追いかけるのはもう終わってるから。チームのために。走者を背負ってる場面とか、しんどいところを自分が投げれば。自分には経験がはある」

     常にチームのために身を削ってきた。そんな“歴史”を誰もが目にしてきた。


     最後のマウンド。先発時代を彷彿とさせるフォームで、ずっとこだわり続けた直球を投げ込む姿は、後輩たちへのメッセージになった。

     信念と献身の16年──。試合前にはナインへ向かって「時代は流れていくと思いますので、本当に悔いなく、自分のできることを全うして頑張ってほしいなと思います」と、投げかけていた。

     「能見篤史」という男の生き様を目に焼き付けた、尊い時間。次の世代を担う選手が受け取ったものは少なくない。



    BASEBALL KING




    甲子園で最後のワインドアップ👏(・ω・) 恩返しを込めた“原点回帰” 阪神・能見篤史が最後のマウンドで見せた雄姿(ベースボールキング)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201113-00255273-baseballk-base 



    あらためて、あの夜のことを俯瞰して書きました。ベースボールキングさん@BaseballkingJP での定期コラムです! 【書きました】恩返しを込めた“原点回帰” 阪神・能見篤史が最後のマウンドで見せた雄姿 https://baseballking.jp/ns/column/255273 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・ジャスティン・ボーア内野手(31)が21日、甲子園の球団施設で自主練習し、オンライン取材に応えた。先が見えない現状を“我慢”の時だと捉え、米国に帰国せず日本で調整を続ける決意を表明。活動休止中には動画で打撃フォームの分析に努めるなど開幕を信じて準備を進める姿勢を強調した。

     約1カ月ぶりの肉声からは前向きな心境が伝わってきた。コロナ禍で開幕が延期になった現状をボーアはしっかり受け止めた。

     「このような状態になってしまって残念に思いますけど、世界中の人が我慢しないといけない。闘わないといけないことだと思っているので、これはしょうがない。自分でコントロールできることではないので我慢の時だなと思う」

     在日米大使館から日本に滞在する米国人に対して帰国準備の呼びかけがあった今月上旬以降も日本での調整続行を決断した。

     「米国に帰ることは考えませんでした。(開幕が)遅れていますけど、日本でシーズンが始まる可能性がある限りは帰る理由がない。残るべきだと思っています」。開幕は早くても6月。「ワクワクしている」と心待ちにするからこその決意だった。

     今春実戦は15試合で打率・189、0本塁打、3打点。低調な打撃が続いた中、先月27日にチーム活動が止まった。今月14日までは自宅待機。生まれた時間を有効活用し、通算92発を誇ったメジャー時代など過去の打撃フォームを動画分析するなど修正に努めた。

     「昔のスイングを見て“こうしていたんだ”というのも見ましたし、苦しんだシーズンのスイングも見直した。その辺を含めて何がいいか時間をかけて調整していきたい」

     家族の存在も大きな支えとなった。3月下旬にヘイリー夫人と生後8カ月の長男・ジミー君が来日。愛息のおむつ換えなどイクメンとしても精力的だった。時間を見つけては米国に住むいとことオンラインゲームを楽しむなど“おうち時間”も充実していたようだ。

     体調も良好だ。本拠地での屋外フリー打撃では25スイングで3本の柵越え。内野ノックなど約3時間にわたって汗を流し、「外に出てバッティングなり、守備なりできるのでうれしい」と明るい表情を見せた。

     「みんなで一緒にこの危機を乗り越えていきましょう。シーズンが始まった時には、しっかりパフォーマンスができるように準備していきます」。ファンにも共闘を呼びかけ、必ず来ると信じる開幕に思いをはせた。(長谷川 凡記)

    【ボーアと一問一答】

     ――グラウンドでの打撃練習の感触は。

     「気持ちよかったです。投手とのタイミングを合わせるという意味では、しばらく対戦していないので時間はかかるとは思いますけど、スイングとかバッティングの感じとかは久しぶりに打ってて感じも悪くなかったと思う」

     ――米国で暮らす家族や友人の様子は。

     「米国にいる家族らは元気にしています。外出を控えて、家で時間を過ごすようにしていますし、今のところは体調の異常はなく、元気に過ごしています」

     ――活動休止中に体重、食事など工夫したことは。

     「体重は変わらずですね。食事の面では運動量が少ない分、気をつけた。これから体のキレを作っていかないといけない。状態としてはほぼ変わらずに過ごせました」

     ――日本語の勉強は。

     「先生が来ての日本語レッスンはストップしてるんだけど、自分でオンラインで勉強はしている。日本語は勉強中です」




    【ボーア】 6年間でメジャー通算92本塁打をマークした長距離打者。ソラーテやロサリオよりメジャーで活躍している。左投手が苦手という弱点があるが選球眼には定評があるので外スラに手が止まらなかった某助っ人にはならなそう。三振も多いらしいがブラゼルみたいにホームラン量産してくれれば問題ない https://t.co/SUlAA4pQS8



    @En9Lo 応援するしかない。


    続きを読む

    このページのトップヘ