とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    及川雅貴

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の西純矢投手(19)、井上広大外野手(19)、及川雅貴投手(19)、遠藤成内野手(19)が甲子園歴史館10周年の特別企画としてオンラインでのトークイベントに参加。19年ドラフトの高卒新人4選手が1年目を振り返った。

     プロを実感させられた打者について聞かれた西純は、ウエスタン・リーグ最終戦で対峙(たいじ)した前ソフトバンク・内川の名を挙げた。「やっぱりオーラがあって。一流選手の雰囲気があって、本当に投げにくかった。いい経験になりました」。対戦成績は2打数無安打1四球ながら、球界を代表する“安打製造機”の雰囲気を感じた様子だった。

     ルーキーイヤーから1軍で適時打も放った井上は、プロで驚いたボールに広島・九里のシュートと回答。「ファームでは(シュートは)ちょっとしか動かないイメージがあって。でも1軍立って(九里と対戦して)振りにいったとき自分の体に向かってくる感じだった。これは打てないなというのはその時感じました」と2軍とのレベルの差を痛感した。九里とは代打出場した10月20日の広島戦で対決し、遊ゴロだった。




    本日、タイガース現役選手によるオンライントークイベントを開催しました🐯プロ入りを実感した瞬間や来シーズンへの意気込みを語っていただきました!開始前はやや緊張気味の皆さんでしたが、配信が始まると和気あいあいとした雰囲気でお話しいただきました😊 #阪神タイガース pic.twitter.com/y88bdXiwiq



    2020年開催のイベントは残り2回! 🌟12/26(土)タイガースOB 赤星氏、濱中氏、狩野氏によるトークショーのオンライン配信 🌟12/27(日)タイガースOB林威助氏にリモート出演いただくトークショー どちらもチケット好評発売中です⚾ 詳細は甲子園歴史館HPより👉 https://koshien-rekishikan.hanshin.co.jp/  #甲子園歴史館 pic.twitter.com/KaDWjvdq33


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神電鉄が経営する甲子園歴史館は1日、10周年特別企画として阪神の西純矢投手、井上広大外野手、及川雅貴投手、遠藤成内野手によるオンライントークイベントを20日に開催することを発表した。

     高校時代に甲子園を湧かせた4選手が、今シーズンプロで経験した内容やこれからの目標、高校時代の思い出などを語る。トーク中でのチャット機能及び、甲子園歴史館Twitterで選手らへの質問募集も行われる予定。チケット購入はローソンチケットにて、12月2日10時から受付開始。




    12/20(日)にこれからの阪神タイガースを担う若虎4選手によるオンラインイベントを開催します⚾️今シーズンで経験した内容や高校時代の話等を語っていただきます!参加者の中から抽選で20名様にサインボールのプレゼントも🎁チケット発売は明日から! 詳細は https://koshien-rekishikan.hanshin.co.jp/system/news_topics/detail/697  #阪神タイガース pic.twitter.com/TFl5HaNQPM


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <みやざきフェニックス・リーグ:阪神0-4ヤクルト>◇27日◇都城

    「高校四天王」の1人だった阪神先発及川雅貴投手は5回途中4失点、6四死球と安定感を欠いた。

    奥川とはプロアマ通じて初の投げ合いで「同級生対決として、先に降板してしまったというのはやっぱり悔しいです」と感情を隠さなかった。1年目で見つかった制球力の課題を受け止め「しっかり2年目に生かしていけるようやっていきたい」と前を向いた。




    阪神及川「やっぱり悔しい」奥川と初対決で先に降板 - プロ野球 : 日刊スポーツ 頑張れ頑張れ。甲子園組や高卒の有望株が今年はたくさんセリーグにきてくれて二軍からとはいえ1年目からバンバン試合にでてくるような子が沢山いてセリーグの未来は超明るい!  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011270001063.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇フェニックス・リーグ 阪神―ヤクルト(2020年11月27日 都城)

     阪神先発・及川は5回途中4失点で降板となった。

     2回、1死満塁のピンチは同年代の武岡を投ゴロ併殺打に仕留めて切り抜けるも、3回1死三塁から宮本に140キロ直球を捉えられ、先制の右越え2ランを被弾。5回には1死から安打と2四球で満塁とされ、松本直に左前適時打を浴びた。球数が103球に達したこともあり、ここで降板。4回1/3を7安打4失点、6四死球と制球面に課題を残した。

     高校時代ともにBIG4と称された奥川とはプロで初の投げ合いだったが、先にマウンドを降りる形となった。奥川は4回まで1安打無失点に抑えている。




    フェニックス・リーグ 阪神-ヤクルト 先発の阪神・及川雅貴投手が 4回1/3を投げ7安打4失点 5与四死球でマウンドを降りた 103球と球数を増やした 阪神・及川 5回途中4失点 ヤクルト・奥川との投げ合いは 先に降板(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/5ccc8c5293a94c372a61e1ec9a7416270228bedb 



    阪神・及川 5回途中 4失点  ヤクルト・奥川との投げ合いは、先に降板 (デイリースポーツ) 次がある‼️ ガンバレ★🤨  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201127-00000078-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「フェニックスリーグ、阪神-ヤクルト」(27日、都城運動公園野球場)

     昨夏の甲子園決勝・履正社-星稜戦以来にとなる、2人の激突だ。阪神・井上広大外野手(19)が「4番・左翼」で先発出場。そして、対するヤクルトは奥川恭伸投手(19)が先発のマウンドに上がる。

     両者の対決は実に463日ぶり。決勝戦では井上が奥川から中堅左に3ランを放った。

     阪神先発の及川雅貴投手(19)は奥川とともに高校BIG4と呼ばれた逸材。投げ合いは初めてになるが「楽しみです」と笑顔を見せていた。井上-奥川の直接対決、及川-奥川の先発同士の戦いも注目だ。

     試合開始は12時半を予定。スタメンは以下の通り。

     【ヤクルト】

     1番・左翼 渡辺

     2番・中堅 山崎

     3番・右翼 宮本

     4番・DH 中山

     5番・二塁 松本友

     6番・一塁 太田

     7番・捕手 松本直

     8番・三塁 長岡

     9番・遊撃 武岡

        投手 奥川

     【阪神】

     1番・一塁 小幡

     2番・三塁 遠藤

     3番・中堅 小野寺

     4番・左翼 井上

     5番・DH 坂本

     6番・右翼 島田

     7番・遊撃 熊谷

     8番・捕手 長坂

     9番・二塁 植田

        投手 及川




    及川井上奥川が揃ってて無観客は悲しい



    奥川vsオヨヨ井上ってマジ?


    続きを読む

    このページのトップヘ