1


 ロッテの鳥谷敬内野手(39)が26日、オンライン取材に応じ、5月25日~27日に甲子園球場で予定されている古巣阪神との交流戦を心待ちにしていることを明かした。

 「甲子園で試合できることは楽しみ。まずはその舞台に立てるようにしないといけない。そこでしっかりグラウンドに立っていられるようにキャンプからやっていきたい」。阪神戦は今季の交流戦の初カード。2シーズンぶりに思い出が詰まったなじみ深い球場を踏んで、敵地のファンにも自身の姿をアピールしたいところだ。

 阪神を退団して昨年3月にロッテに入団。春先は個人で自主トレを続けており、キャンプ参加は2年ぶりとなる。ただし、今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響で不要不急の外出などが厳しく制限されており、練習後は宿舎の自室で過ごす時間が多くなる見通しだ。

 「野球のことをしっかり考える時間が増える。外に出られない分、自分の体のメンテナンスもできると思う。今はこれをしたいなというものはない」。豊富なキャリアを生かして非常事態を乗り切る。




交流戦行きたいなぁ・・・ていうか、行くやろな🙄 その時、上限が何人か分からんけど、鳥谷が出てきたら阪神ファンが鳥谷の応援歌を歌うのが想像出来る🤤 2019年の鳥谷の最終戦を観て以来、甲子園で見てないのかぁ🙄 今年は観たい🥺✨



#ロッテ #鳥谷敬 内野手 26日 5月25日~27日 #甲子園球場 予定古巣 #阪神 #交流戦 を心待ち #鳥谷#甲子園 で試合できる事は楽しみ まずはその舞台に立てるようにしないとそこでしっかりグラウンドに立っていられる様ににキャンプからやっていきたい」 #阪神 戦は今季の交流戦初カード pic.twitter.com/u7h8RCCY7V


続きを読む