1


 1日のオリックス戦に先発する阪神・西勇輝投手(30)が31日、甲子園の投手指名練習に参加した。2年ぶりの古巣戦で勝利を挙げれば、2019年の日本ハム・金子弌大以来、史上19人目の12球団勝利を達成する。平常心で挑み、通算100勝にも王手をかける。

 特別な一戦を前にしても、エースは普段通りだった。「12球団からの勝利などは意識せずにチームの勝利に貢献するため、しっかり腕を振って投げていきたいと思います」。キャッチボールや短距離ダッシュなどで調整し、臨戦態勢を整えた。

 3勝目をマークした4月20日・巨人戦以来、5試合連続で勝ち星から遠ざかる苦しい状況。5月は4試合の登板で0勝1敗、防御率4・50。それでも、前回先発した5月25日・ロッテ戦では7回2失点(自責点1)と復調の兆しを見せた。

 古巣との初対決は虎移籍1年目の2019年6月14日。7回1/3を5失点で敗戦投手となっただけに、今回はリベンジを期す戦いだ。

 金村投手コーチも「ぜひ(12球団勝利を)達成して、これからの長いシーズンに弾みをつけてほしいなと思います」と背中を押す。オリックス時代から地道に積み上げてきた勝利数は「98」。真剣勝負を制してまた一歩、一流の階段を上がる。




6月1日18:00より阪神甲子園球場にてオリックス・バファローズ戦!予告先発はタイガースが西勇輝投手!バファローズは山岡泰輔投手です。西勇輝投手の12球団勝利達成に期待が高まる一戦!古巣打線を抑え込み、6月最初のゲームで白星を手に入れてもらいましょう! #阪神タイガース #挑超頂 pic.twitter.com/TKe8e4WHzu



@TigersDreamlink 喘息もあって調子が悪いのだろうけどできる限り頑張って欲しい! 打線も奮起してもらって勝ち星を!


続きを読む