とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    同一カード3連敗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神4-5広島(2021年9月30日 甲子園)

     阪神は広島に今季2度目となる同一カード3連敗を喫した。

     初回に2点を先制するも、西勇が鈴木誠に2打席連続本塁打を浴びるなど7回途中4失点で降板。打線は7回にマルテの適時打などで一時同点に追いつく粘りを見せたが、4―4の8回に岩崎が小園に決勝のソロを被弾した。

     9回には栗林から、2死一、二塁の好機をつくるが、大山が凡退し万事休す。

     前カードの巨人3連戦に2勝1分としながら、下位チームにまさかの3連敗。1ゲーム差で追う首位・ヤクルトも2連敗しただけに痛恨の黒星となった。







    @TigersDreamlink 広島相手に3タテはヤバいで、



    @TigersDreamlink あーあ。甲子園で3連敗か。ヤクルトと読売も今日付き合ってくれたけど…痛いなー #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神3-8DeNA」(27日・甲子園球場)

     阪神が5位・DeNAにまさかの同一カード3連敗を喫し、2位・巨人には4月30日以来となる2・5ゲーム差へ迫られた。

     矢野監督は「初回の攻防が勝負を分けたものになった」と悔しさをにじませた。いきなり秋山がオースティンに先制2ランを被弾。その直後、近本が二塁打で出塁し、糸原の進塁打で1死三塁としたが、マルテは四球で歩き、4番・大山、5番・佐藤輝が相次いで凡退した。

     これも連敗中の悪い流れなのか…マルテの打席でDeNAの二遊間は前進守備を敷かず「1点やむなし」の状況だった。ここで歩かされてしまったことにより、ゲームが一気に重くなった。次打者・大山は一転して内野ゴロでは併殺の可能性があるため、打席でのハードルが高くなってしまった。

     打席での内容を見る限りゾーンを高めに上げて、外野フライを打てるようなボールを待っていたように映ったが、最後は外角低めのスライダーに空振り三振に倒れた。続く佐藤輝も初戦から続く執拗(しつよう)な内角攻めに翻弄(ほんろう)されて空振り三振。1点すら返せなかったことがより本拠地・甲子園の空気を重くし、先発の秋山も耐えきれなくなった。

     結果的に四回にソトの3ラン、五回に桑原のソロなど、今季ワーストとなる1試合4被弾で完敗。打線は五回に3者連続二塁打などで反撃したが、中盤までの大量失点が響いてしまった。

     指揮官は「秋山らしく粘ることができなかった」と振り返り、本拠地甲子園で5連敗、今季初の同一カード3連敗という苦境にも「受け止めて、反省して、前に進むことが大事。火曜日からしっかりやっていきたい」と前を向いた。




    阪神 3-8 DeNA 本日のハイライト #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 https://t.co/dIugCzjXtw



    @TigersDreamlink ランナー貯めて、ワンアウト、点が入らない。 うっ頭が… 去年の大山を返してください



    @TigersDreamlink 勝つ気も活気も感じない勝てるビジョンが見えない勝ち方忘れた?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「阪神3-8DeNA」(27日、甲子園球場)

     阪神が今季初の同一カード3連敗を喫した。DeNA相手の3連戦3連敗は2015年以来、6年ぶり。投手陣が今季初の1試合4被弾と打ち込まれ、打線の反撃も届かなかった。これで2位・巨人には4月30日以来となる2・5ゲーム差に迫られた。

     先発・秋山が5回6失点KOと、DeNA打線につかまった。初回、2死二塁から4番・オースティンに先制の2ランを被弾。さらに、四回には、無死一、二塁のピンチを背負うと、ソトに左中間へ3ランを浴びて、5点目を失った。五回も先頭の桑原にバックスクリーン左へソロを浴び、大きくリードを広げられた。

     打線が奮起したのは、6点を追う五回。1死から近本が猛打賞となる二塁打でチャンスメークすると、続く糸原は初球の144キロ直球を右中間へ運んで、反撃ののろしを上げた。さらに、マルテも左線へ適時二塁打。3者連続二塁打で2点を返したが、後続が続かず。4番・大山は一飛に倒れ、ドラフト1位・佐藤輝(近大)は高々と舞い上がった遊飛。これで佐藤輝は、自己ワーストを更新する15打席連続無安打となった。

     6点を追う八回には、1死走者なしから佐藤輝が、16打席ぶりの安打となる右翼線二塁打で出塁。続くサンズの左前打で一、三塁とし、代打・糸井が右犠飛を放って1点を返したが、追い上げることはできなかった。







    @TigersDreamlink 今季初めて3タテくらったなあ ちょっと厳しくなってきたなあ



    @TigersDreamlink むしろスカッとしたよね


    続きを読む

    このページのトップヘ