kosien


阪神が国際部門を増強する。球団は29日、12月1日付の人事異動で三石貴志氏(38)が球団本部国際スカウトに就任すると発表した。

三石氏は阪神電鉄社員で、現在は甲子園球場職員として企画、運営や営業などの業務に携わっている。学生時代に野球に打ち込み、留学の経験もある。谷本球団副社長は「国際スカウトは一朝一夕には人を作れない。次の世代を担ってもらう。10年後を見据えて若手の優秀な人間を持ってきた」と説明。「12月は結構国際スカウトは業務が動くので、1日でも早く見てもらえたら」と年明けを待たずに異動を早めた経緯を明かした。今オフ、新外国人ボアの獲得を成功させた一方で、ブルペンを支えたジョンソン、ドリスとの残留交渉は難航。国際部門強化で強固な組織作りを目指す。




阪神三石氏スカウト就任で国際部門増強、留学経験も(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-11290936-nksports-base  そういうプランだったのね。頑張ってください・・・!



阪神が12月1日付けで国際スカウト増員したのは谷本の電鉄への要望でしょうね。今後の外国人体制考えると体力と人手不足なんだろうなと


続きを読む