1


 阪神・藤浪晋太郎投手(25)が名誉挽回を期している。6日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ右腕は減額制限いっぱいとなる2100万円減の年俸6300万円でサイン。

 7年目の今季は二軍暮らしが続きプロ初の0勝に終わったとあって「活躍していないので(年俸が)下がるのは当たり前。そういう世界なので」と白旗モードで「ここ数年ずっと成績を残せていない。しっかりローテーションを守って1年間投げる。それが先発の仕事」と危機感を募らせた。

 そんな悩める藤浪に浮上しているのが来春キャンプでの“土日登板プラン”だ。矢野監督は例年よりも早い開幕に向けて第1クールから実戦を敢行することを明言。それに伴い、キャンプ期間中は10試合以上の試合が組まれる見込みとなっている。

 一軍キャンプに帯同する見込みの藤浪にとっては絶好のアピール機会となるが、チーム関係者は「今年も二軍では抑えている。あとは一軍の緊張感のなかで本来の投球ができるかどうか。一番人が集まる土日の試合に登板させて腕試しをするのがいい。週末は地元だけでなく関西のファンの方も来るから本番に近い形になるだろう」と推奨する。

 秋季キャンプで臨時コーチを務めた山本昌氏の「手首を立てろ」などの熱血指導によって課題となっていた右打者への“抜け球”は格段に減少。「いい話をたくさん聞けた。このオフしっかり練習していいパフォーマンスにつなげたい」と藤浪自身も手応えを感じているだけに、あとは一軍の緊迫した舞台で通常運転ができるかどうかだ。

「ブルペンでいくらできても仕方ない。しっかりマウンドでできることが大事。機会があれば(実戦で)たくさん投げたい」と実戦漬けを歓迎する藤浪だが、完全復活のきっかけをつかむことはできるか。




藤浪くん良すぎたよね、もう一度1から頑張って欲しい‼️🐯



藤浪くん なんか毎年勝負の年みたくなってる😰 なんとかキッカケ 掴んでくれたらなぁ、、_(┐「ε:)_


続きを読む