とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    夏の大山

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    oyama


     「ヤクルト-阪神」(22日、神宮球場)

     連敗を止め、連勝を狙う阪神が初回、大山悠輔内野手の12号3ランで先制点を奪った。

     来日初登板となった先発のクックに簡単に2死を取られたが、糸井が四球、続くサンズは死球で一、二塁とした。ここで打席に大山。1ストライクから2球目、外角高めに浮いた147キロを狙った。

     逆らわずにスイングした打球は、大きな弧を描いて右翼スタンドに到達。4番から降格後は初、10日のDeNA戦(横浜)以来、10試合ぶりの一発が、大きな先制点となった。

     これで4試合連続安打。復調気配を見せている。




    夏の大山、打ったんだ!



    打ちそうな顔の大山くん、ガッツポーズ山くん pic.twitter.com/AQgU73v0ZW


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <広島1-5阪神>◇9日◇マツダスタジアム

    虎の4番が完全復活や! 阪神大山悠輔内野手(25)が3年連続2ケタ本塁打となる10号ソロを放つなど3安打2打点で勝利に大きく貢献。単打が出れば、サイクル安打の活躍だった。チームは同一カード3連敗を阻止し、4位も守った。一時は打撃不振に陥っていた4番が復調し、長期ロードの反撃に打って出る。

       ◇   ◇   ◇

    「夏の大山」が完全復活の打撃を見せた。2回だ。先発遠藤から左中間への二塁打を放ち、7番梅野の遊ゴロの間に先制のホームを踏んだ。同点とされた3回2死三塁では、決勝点となる適時三塁打。左翼長野が前進チャージして抑えられず、打球が転々とする間に三塁まで一気に到達した。第3打席は三振に倒れたが、ダメ押しは8回2死無走者の第4打席。一岡の初球、外角スライダーを一振りで仕留めた。左翼席に飛び込む10号ソロで試合を決めた。単打が出れば、サイクル安打の活躍だった。

    「勝ったことが一番。そこで仕事できたというのが一番よかった。チームの流れもあまり良くなかったですけど、こういう流れを変えるというか、大事な仕事ができたと思う」

    得意の広島戦で完全復調だ。前日8日の同カードは、15打席ぶりの安打となる9号ソロ。試合前の練習で矢野監督ら首脳陣から直接打席指導を受け、復調気配を見せていた。この日の3長打で、広島戦は32打数13安打6本塁打、打率4割6厘と相性抜群。一時の不調も、得意のコイ打ちで調子を戻した。

    矢野監督は4番の復調に「どんなバッターでも、どうしてもシーズンの中で波がある。昨日、今日のどこかにキッカケというのが、何かしら本人にもあると思う。まだまだシーズン続くので、その波を小さくしてやってくれたら」と期待した。

    この日の1発で3年連続2桁本塁打となったが、通過点に過ぎない。「1試合1試合。その結果が3年連続ということなので。3年連続であろうが、打てるところで打たないと意味がない。しっかり頑張ります」。同一カード3連敗と5位転落を阻止。長期ロードは1勝2敗のスタートなったが、試合を決める4番のバットで反撃開始だ。【奥田隼人】







    \とらほー/ 夏の大山、ありがとう。 日曜日6連勝


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     チームのAクラス争いへの参戦には「四番」のバットがカギを握る。そのポジションを担ってきた大山悠輔は「できるだけ波を少なくしたい」と言い切った。

    「軸にならないと意味がないと思っている。そのために1年目、2年目はいい経験をさせてもらってきた。その答えを出さないといけない」

     矢野阪神1年目の今季は開幕から「四番」に座り続けている。4月に6本塁打を放った大山は、5月3日のDeNA戦(甲子園)で自らのバットで見事にサヨナラ勝ちを決めた。

     生え抜きで先発四番のサヨナラ安打は、2002年の浜中おさむ以来のこと。ただ好不調の波もあって交流戦では打率.244に落ち込んだ。

     浜中打撃コーチからは「もっとセンター方向に打つとアベレージも上がってくる」とアドバイスを受けて修正しながら打力アップをはかってきた。

     前半戦は本塁打、打点ともチームトップ。1年前の6月に二軍落ちしたことを思えば成長した。虎の「四番」を背負うからには長打力に勝負強さが求められる。

     大山の四番起用を継続してきた矢野監督も「近本が塁に出て、嘉男(糸井嘉男)がつながって、四番が打つというのうちの得点パターンというイメージをもっている」という。

     春先は2割台だった月間打率も7月にきて3割台に急上昇してきた。3年目でどっしり感が出てきた「夏の大山」にチーム巻き返しの期待がかかる。





    阪神・大山悠輔 「夏の大山」で巻き返す/後半戦のキーマン✨ (週刊ベースボールONLINE) 頼んだ‼️ 🤨⤴︎✨  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190721-00000008-baseballo-base 



    もうキャッチフレーズつけるのやめん?成績が安定して自他共に認める主軸になってからでええやん? 「夏の大山」て鳥取県の夏の大山登山のキャンペーンかと思ったわ😒 阪神・大山悠輔 「夏の大山」で巻き返す/後半戦のキーマン  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190721-00000008-baseballo-base 



    久しぶりのとらほー! 写真通り(プロスピ2019)高橋遥人選手ナイスピッチでした! 大山君の調子が上がってきました!これは夏の大山ひいては秋の大山か! 久しぶりに撃て始めた阪神! まだまだ混戦中の2~5争い まだまだ充分チャンスあるぞ 明日も勝ちたい!勝つぞ! #阪神タイガース #高橋遥人 pic.twitter.com/PkVtU27lyR


    続きを読む

    このページのトップヘ