とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    夢授業

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の岩崎優投手(30)が25日、大阪市内で侍・athlete主催「岩崎優の夢授業」に参加した。子どもたちには事前告知はなく、練習中にジャージー姿にグラブを持った岩崎がサプライズで登場。どよめきと歓声が起こった。

     この日は「三国少年野球団」の1年生から6年生、約60人に野球教室を実施。左腕が「勉強のことは教えられないけど、野球のことは何でも聞いてください」と“開会宣言”を口にしキャッチボール、けん制練習、内野ノック、打撃練習などを見守り指導を行った。質問コーナーも設けられ「コントロールが良くなる方法は?」と問われると「10球狙って5球うまくいけば、明日は6球。そういうことを心がけていけば。ボールを投げても、次はどうするか考えていけばいい。ボールを投げるたびに野球はうまくなる」と回答するなど、小学生には貴重な時間になった。

     今年1月にオンラインで行われた「同授業」にも参加した岡前泰河くん(10)は「ピッチャーで投げる時はバランスが大事だと教わりました」と目を輝かせ、バッテリーを組む難波輝人くんも「ボールが速かった。すごく体が大きかった」とプロの凄みに触れていた。

     夢を持つ大切さを伝えるため、岩崎は16年オフから「夢授業」を開催。「中学生ぐらいになると、恥ずかしくて、自信を持って言えなくなる時もあるけど、心の中では絶対にプロ野球選手になると思って取り組んで欲しい」と子どもたちに呼びかけ、閉会した。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     脳腫瘍の闘病を経て2019年に現役引退した元阪神の横田慎太郎氏(26)が14日、児童自立支援施設「阿武山学園」の併設校・大阪市立弘済小中学校分校のキャリア教育推進プログラム「夢授業」の講師役をオンラインで務めた。昨年に脊髄腫瘍を患い、2度目の闘病生活も不屈の精神で乗り越えた同氏。目標を持つ大切さを説き、最後は子供たちからのサプライズ演出に涙した。

     横田氏は「目標を持って、その目標から逃げずに前に進み続ければ幸せな瞬間は必ずきます」と熱く語り掛けた。カーテンの隙間から西日が差し込む午後の講堂。全校生徒37人に加え、教職員30人も画面に映る同氏を食い入るように見つめた。

     約1時間30分の夢授業。横田氏は自身の半生を振り返り、脳腫瘍を患った後の壮絶な闘病生活も明かした。「家族をはじめ、多くの方々が支えてくれたおかげで乗り越えられました」。質問コーナーで男子生徒から現在の目標を問われると、迷うことなく即答した。

     「今は苦しんでいる方々の力になりたいです。世の中のお役に立ちたいです。そう思いながら生きています」

     児童自立支援施設「阿武山学園」の併設校には家庭や学校にうまく適応できず、何らかの困難等を抱える児童・生徒が在籍している。柴田好生教諭(30)は言った。「子供たちの目が輝いていました。本当に感謝です」。

     最後に生徒たちはサプライズでゆずの「栄光の架橋」を合唱。それは横田氏が闘病生活を送っていた当時、よく聞いていた思い出の曲だった。「僕の方が逆に勇気づけられました。感動しました」。夢先生は思わず涙した。鳴りやまない拍手に心を震わせ、かけがえのない時間をかみしめた。



    ▼Amazonで発売中



    あたたかいサプライズに、思わず涙・・・。 阪神OB・横田氏 サプライズに涙 「夢授業」生徒たちが「栄光の架け橋」合唱/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/15/0014416453.shtml  @Daily_Onlineより



    なんだか又、泣かされちゃった。 でも良かったね。いい事したね。 傷ついた子供達の心にも きっと横田君の言葉は響いたと思うよ。 お疲れが出ません様に。 阪神OB・横田氏 サプライズに涙 「夢授業」生徒たちが「栄光の架け橋」合唱  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/15/0014416453.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・中谷将大外野手(27)が8日、京都府亀岡市内で侍・athlete主催「岩崎優の夢授業」に参加し、球児との1打席対決で“見せ場”を作った。

     約3時間の野球教室後に、選抜された小学生投手4人と対戦。1打席目は遊飛、2打席目は三飛に苦笑いを浮かべていたが、3人目の投手のストレートを完ぺきに捉えて、本塁から98メートルある左翼フェンスを越えていく特大の一発を放った。汚名返上のアーチにレギュラーシーズンでも見せないようなガッツポーズを披露して喜びを爆発させたものの、見守った後輩の望月からは「ガッツポーズ大きすぎるでしょ!」と大人げない対応にブーイング。

     その後の閉会式では一発を浴びた球児に直筆のサインボールを手渡して力強く握手を交わしていた。




    【岩崎優の夢授業⑤】 中谷将大選手によるティー打撃講座。「思いやり持って投げて」「人に当てないように」とトス側への助言もありました。 pic.twitter.com/0qfgnwhecn



    マー君ガッツ炸裂してましたw 阪神・中谷 「夢授業」で容赦なし特大弾に喜び爆発 望月「ガッツポーズ大きすぎるでしょ!」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/08/kiji/20191208s00001173390000c.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ