とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    大阪ガス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     ◇第45回社会人野球日本選手権 決勝 大阪ガス4―1日本生命(2019年11月4日 京セラドーム)

     大阪ガスが大阪決戦を制して、日本選手権初優勝を決めた。4度目の決勝で悲願の勝利。三国丘―慶大でキャリアを積んだ橋口博一監督も満面の笑顔を浮かべた。

     「ホッとしています。絶対取りたいタイトルでしたから。心強い応援をいただいて勝てて良かった。選手は凄い。素晴らしいチームになったと思います。よう頑張りました」

     準決勝までの4試合で13盗塁のスピードが武器。決勝でも、各選手が持ち味を発揮した。2回、先頭の4番土井が四球で出塁すると、すかさず二盗。花本が右前打で繋いだ2死一、三塁から8番松谷、9番宮崎の連打で2点を先制した。

     3回には1死から楽天ドラフト1位指名の2番小深田が投ゴロも投手のタッチを交わして、内野安打で出塁。3番峰下の左二塁打で二、三塁とし、土井の右犠飛で加点した。

     守っては先発・阪本が好投。履正社―関大と進み、社会人2年目の右腕が要所を締めた。4回に1点を失ったが、5回2死満塁、6回2死一、二塁の中盤のピンチもしのぎ、日本生命打線を抑えた。115球、7安打完投勝利で胴上げ投手となった。

     就任2年目の橋口監督のモットーは選手の自主性を尊重した「考える野球」。練習メニュー、試合での狙い球、盗塁もすべて選手に任せてきた。「監督の指示通りにやって勝てるなら別ですが、野球に必勝法はない。ならば、それぞれが考えて取り組んでくれたらいい」。指揮官の思いに選手が反応しての頂点だ。

     昨年の都市対抗初優勝に続き、日本選手権のタイトルも獲得。その間に昨年の阪神・近本、そして小深田と2年連続ドラフト1位指名選手を輩出。チームは充実期に突入した。





    大阪ガス、日本選手権初優勝!! やっと日生に勝てたー😭😭 おめでとう㊗️ #大阪ガス #日本選手権 #社会人野球 #毎日新聞 https://t.co/GzkN5z5yj0



    @koji_speed5 テレビで見てました。大阪ガスおめでとう🎶✨😆✨🎶



    @koji_speed5 おめでとうございます!! 明日からも練習きついかもしれないですけど頑張ってくださいね!



    @koji_speed5 昨年の都市対抗に日本選手権にすごいです!とっても雰囲気の良いチームですね🤗 おめでとうございます👍🏻👍🏻



    @koji_speed5 現地よりおめでとうございまーす🎉 pic.twitter.com/YCfrfeosYk


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    高知・安芸市で秋季キャンプに参加中の近本光司外野手(24)が、古巣大阪ガスにエールを送った。

    大阪ガスは3日、社会人日本選手権の準決勝に挑み、三菱自動車岡崎に逆転で延長10回サヨナラ勝ち。決勝進出を決めた。近本は「このまま勢いに乗って。今年は逆転が多かったし、接戦をものにしている。積極的にすればチームの野球が出来ると思うので。チームまとまって、頑張ってほしいなと思います」とエール。近本自身も18年の都市対抗で優勝を果たし、最優秀選手に贈られる橋戸賞を受賞した。




    阪神近本「積極的に」狙え V王手大阪ガスにエール - プロ野球 : 日刊スポーツ 社会人野球は詳しくないけど、大阪ガス強いんやな😊  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911030001085.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp 



    阪神近本「積極的に」狙え V王手大阪ガスにエール  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911030001085.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp  ちかもん神様のありがたいお言葉ですよ。積極的にいきましょう。



    明日の社会人野球日本選手権決勝進出チームの現役NPB選手 大阪ガス 能見篤史、松永昂大、公文克彦、岡田雅利、酒居知史、土肥星也、岸田行倫、近本光司 日本生命 福留孝介、大島洋平、小林誠司、井上晴哉、神里和毅、海田智行、小田裕也、小林慶祐 どっちも多すぎ(笑)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     運命のドラフト会議が1カ月後に迫る中、近本後輩にも大注目だ!阪神は今秋ドラフト上位候補として大阪ガスの小深田大翔内野手(23)をリストアップしていることが17日、わかった。セ・リーグ新人歴代2位の150安打を放つ近本に負けず劣らずのヒットメーカーで快速自慢の男がドラフト戦線を熱くしそうだ。

     まるで近本の“弟”のような存在だ。1メートル68、67キロ。本家よりさらに小兵だが、シュアな打撃と50メートル走5秒9の快速が最大の魅力だ。近大では主将を務め、リーグ戦通算107安打を記録。球団関係者は「パンチ力もあるし、走れて打てて、近本とよく似たタイプ。当然リストに入っています」と明かした。

     連覇を狙った今夏の都市対抗は初戦敗退を喫したが、昨年の同大会が圧巻だった。2回戦・新日鉄住金かずさマジック戦で右翼へ本塁打を放つなど計5試合で20打数6安打、4打点、打率・300をマーク。近本はMVPに相当する橋戸賞に、小深田は新人賞にあたる若獅子賞に輝いた。本職は二塁だが、今季から遊撃にも挑戦。三塁もこなすなど守備力には定評がある。

     猛虎と浅からぬ縁もある。兵庫県出身で根っからの阪神ファンだ。近大に在籍した17年1月には元プロ野球選手が大学生に技術指導を行う冬季特別トレーニングに参加。講師役を務めた元阪神・桧山進次郎氏から右脇が開く癖を指摘されるなど細かい打撃指導を受け、飛躍につなげた。

     猛虎は今夏の都市対抗を畑山俊二統括スカウト以下、複数人で視察。小深田とともに上位候補に挙げるJFE西日本の左腕・河野竜生投手、トヨタ自動車の補強選手として出場した東海理化の最速152キロ右腕・立野和明投手らもチェックした。大阪ガスは6日に今秋の日本選手権出場を決めたばかり。運命の10・17へ向け、今後も小深田の動向を注視していく。

     ◆小深田 大翔(こぶかた・ひろと)1995年(平7)9月28日生まれ、兵庫県佐用町出身。利神小1年から利神ドジャースでソフトボールを始め、内野手。小6から投手に。佐用中では佐用スターズに所属し、遊撃手。神戸国際大付では1年秋からレギュラーも甲子園出場なし。近大では1年春からリーグ戦に出場し、2年春と4年春秋にベストナイン。通算107安打。18年に大阪ガス入社。同年の都市対抗で若獅子賞に輝く。50メートル走5秒9。遠投95メートル。1メートル68、67キロ。右投げ左打ち。




    大阪ガスの2年目・小深田大翔選手(神戸国際大付-近畿大)の一塁到達タイムは3.82秒.走攻守全てに安定感を感じる内野手.#社会人野球 #ドラフト候補 https://t.co/eoOSRTqeaw



    バトスタでおなじみの小深田くん もしかして大阪ガスの先輩がたくさんいる球団に… #chibalotte ロッテ永野チーフスカウト(一塁到達タイム3・78秒を計測)「足はすぐ使える。なかなかいない脚力」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909060000633.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む

    このページのトップヘ