とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    大阪桐蔭

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     昨年10月にポスティングシステムでMLB挑戦を表明した藤浪晋太郎。12月にポスティング申請を受理され、年が明けた1月14日にオークランド・アスレチックスに入団することが発表された。

     そんな教え子の姿を、大阪桐蔭高校の恩師である西谷浩一監督は、どんな思いで見つめていたのだろうか。

    「高校からプロに入って、最初は順調に頑張ってきていたと思うんですけれど、この10年のうち後半は思うようにいかないことも多かったと思います。それでも阪神側が送り出していただき、新しい環境になったことで心機一転で頑張ってもらいたいですね。僕は何もできないですが、静かに見守っていけたらと思います」

    西谷監督が考えたじっくり育成プラン
     高校に入学した直後から身長が190cmを超えていた藤浪は、その場にいるだけでもかなり目立つ存在だった。ただ、それがゆえに西谷監督は慎重な育成プランを練っていた。

    「190cmを超えるピッチャーを指導したことがなかったですが、簡単に言うとスケールの大きなピッチャーにしたいとは思いました。1年夏や秋に(公式戦で)投げさせるイメージがなくて、2年春に投げられればと思っていたんです。ですので、入学直後は冬場にじっくり体作りをして……と先を見てプランを考えていました。

     入学後は体作りやフィールディングの練習などをずっとやっていたのですが、5月ごろですかね。上級生のピッチャーでケガ人が出て、レギュラーのチームのピッチャーノックに新たに誰かを入れようと思っていたのですが、当時のコーチから“藤浪を入れましょう”と言われたんです。

     僕が“藤浪はまだ無理でしょう”と言ったら、コーチから“いや、大丈夫ですよ”と。実際、上級生の中でのバント処理の動きを見ていたら、入学してまだ1カ月くらいだったのに、フィールディングなど、思ったよりしっかりとしていたので、飲み込みが早い子だなと。それが最初の印象ですね」

     その後もケガ人が相次ぎ、遠征に帯同する選手を誰にすべきか熟考していると、再度コーチから藤浪の名前が挙がった。

     対外試合で登板したが、上級生と並べても見劣りする部分はあまりなかった。「器用なのか不器用なのか……でも自分で努力してここまで出来ているのかな」と西谷監督は期待し、1年夏から大阪大会のベンチに入れることにした。

     1年秋も主戦級でマウンドに上がるなど、西谷監督からすれば予想外の“早咲き”だったのだろう。当時の希望進路はMLBでもNPBでもなく、大学進学だった。

    「あの頃は卒業後、東京六大学に行きたいという話はしていました。東京六大学に行ってからプロに行きたいと。藤浪は中学の時に英検準2級を取っていたので英語は得意で、すごいな、みたいなやり取りもしたような記憶がありますね。もしかしたら本人は当時からメジャーへの思いを抱いていたかもしれません。でも僕らに話したことはなかったですよ」

    ▼続きはリンク先で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4410c719bb766d14fb0351b786a0fe558a55175f


    今テレビでやってたけど藤浪投手は小学校〜中学まで英会話スクールに通っていて英検準二級合格したとのこと!入団会見で英語のセンスあるなと思ったけど習ってたんですね!ケラーとかロハスJrとかとも英語で会話してたんやろな!メジャーで成功して英語でインタビュー受けて欲しい pic.twitter.com/3STl80z76O



    【郎報】藤浪晋太郎、英語のスピーチが好評  https://mlb-jpn17.blog/?p=8069 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1673723768/



    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2023/01/15(日) 04:16:08.40 ID:xMT4W4GP0
    活躍すると「阪神何してたん?」ってならんか?

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2023/01/15(日) 04:16:32.69 ID:xMT4W4GP0

    10: 名無しさん@\(^o^)/ 2023/01/15(日) 04:30:57.70 ID:pFf+bqOv0
    日本のボールが合わんかったってことしよう

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今秋ドラフト1位候補に挙がる大阪桐蔭・前田悠伍投手(2年)が5日、大阪府大東市内の同校グラウンドで始動した。

     阪神などがドラフト1位候補としてリストアップする最速148キロ左腕。主将も務める名門の大黒柱は「新たな気持ちで、この1年悔いを残さないようにやっていきたいです」と抱負を語った上で、「チームとしてはまず選抜で日本一。個人としてはドラフト1位候補を目指したい」と目標を掲げた。そのための強化ポイントを「真っすぐの強化」とし、「スピードもそうですけど、質にこだわってやっていきたい」と言葉に力をこめた。

     言うまでもなく、素材は抜群。歴代2位の甲子園春夏通算64勝を誇り、これまであまたの好投手をプロに送り出してきた名将・西谷浩一監督にも「たくさんのOBもいるので現時点では言えないですが、最終的に終わった時に(歴代)No.1と言えるようになる可能性は持っている投手」と言わしめる。

     旧チームは明治神宮大会、選抜、国体を制し同一年度の「全国3冠」に立った。現チームもすでに昨秋の明治神宮大会を制して1冠をゲット。今春の選抜出場も確実で、97~98年の横浜(神奈川)以来、史上2校目の「全国4冠」に挑む。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8820a11e3057cfc274971786e2d99eaa30569c20


    ほっと関西 大阪桐蔭始動⚾︎ ほぼ前田くんが主役だったね(*´艸`) https://t.co/52dgr4oIFm



    @TOMO71159 前田くんは応援したい😊 実家と前田くんの生まれ育った町が隣町で親近感がすごい😊 職場の子も前田くん小さい頃から知ってて話聞いたりしてるでよけい前田くん知ってるみたいになってる🤣知らんのに😂


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2022年も高校野球は大いに盛り上がった1年だった。甲子園だけでも、大阪桐蔭(大阪)のセンバツ圧倒優勝、下関国際(山口)の躍進、仙台育英(宮城)の全国制覇など話題は尽きない。今回は今年、「高校野球ドットコム」で最も検索されたチームを紹介する。10位から1位までのランキングは以下の通り。

    10位 日大三(東京)

    9位 明秀日立(茨城)

    8位 大島(鹿児島)

    7位 愛工大名電(愛知)

    6位 九州国際大付(福岡)

    5位 下関国際(山口)

    4位 大阪桐蔭(大阪)

    3位 高松商(香川)

    2位 仙台育英(宮城)

    1位 近江(滋賀)

    ▼続きはリンク先で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/37b1ae46164ed7b8be6a2cb1deda3fb71a1431bf


    2022年も数多くの学校をドットコム内で調べて、見ていただきました🔍 年間ランキングで、人気校ベスト10を発表したいと思います! 大阪桐蔭、下関国際、仙台育英などがランクイン!今年最も検索されたチームは?  https://www.hb-nippon.com/column/541-gene/15979-20221225no1258  #高校野球


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1672300215/


    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/12/29(木) 16:50:15.94 ID:c2gWJVew9
    春4度、夏5度の全国制覇を成し遂げ、現代の高校野球に“常勝軍団”として君臨する大阪桐蔭高校。
    圧倒的な強さを誇る同校を褒め称える声がある一方で、「選手を集めすぎ」といった批判もある。
    西谷浩一監督は、そうした声をどう受け止めているのか。
    ノンフィクションライターの柳川悠二氏がレポートする。

    2022年の高校野球も、中心にいたのは大阪桐蔭だった。
    春のセンバツでは前年の明治神宮大会に続く2冠を達成した。
    史上初となる3度目の春夏連覇――そもそも、春夏連覇を二度達成しているのも大阪桐蔭だけだが――に挑んだ夏の甲子園では、準々決勝で準優勝の下関国際(山口)に敗れたものの、新チームも秋の大阪、近畿を制し、神宮大会も連覇を達成して来るセンバツへの出場が濃厚だ。
    藤浪晋太郎(阪神。今オフにメジャー挑戦を表明)や森友哉(オリックス。今オフに埼玉西武からFA移籍)を擁して同校初の春夏連覇を遂げた2012年以来、この10年間でセンバツを4度、夏を3度制している(通算の甲子園制覇は9度)
    大阪桐蔭は全国の強豪・名門校の追随を許さず、盛者必衰の理も大阪桐蔭にはあてはまりそうにない。
    公式戦に勝利することよりも、敗れたことのほうが大きく報じられる学校など、大阪桐蔭ぐらいのものだろう。
    新チームの主将は、同校史上最高の左腕と目されるエースの前田悠伍だ。前チームから主戦を任され、140キロ台後半のストレートにスライダー、チェンジアップ、ツーシームと、すべての球種がウイニングショットになり得る逸材である。
    走者を釘付けにする牽制の技術も出色で、2023年秋のドラ1指名が確実視される。

    しかし、現代の高校野球では、球数制限などもあって、ひとりの投手が大会を投げ抜くことなど不可能で、
    複数投手の育成が求められる。 常に横綱相撲の大阪桐蔭を率いる西谷監督に、意外な采配が見られたのは近畿大会の準決勝・平安(京都)戦だった。
    前田を休ませたこの試合で、先発のマウンドに上がったのは1年生の境亮陽。
    打順はなんと1番だった。さらに、リリーフ登板した南陽人や平嶋桂知(共に1年生)は、試合前のシートノックで外野や遊撃に入っている選手だ。
    根尾昂(現中日)のように、投打の二刀流を経験した選手がこれまでいなかったわけではないものの、大阪桐蔭は投打の役割がはっきりとわかれたチーム作りをしてきた印象がある。

    試合後、西谷監督は言った。 「投手が1番に入ったケースはなかなかないですね。岐阜出身の境は、中学時代に県で1番か2番目に足が速い子だったそうです。
    打者としての適性もあるので、下級生である今は投打の両方をやらせています。南や平嶋も含めて、野手と投手を兼任する選手が1年生には多いです」

    12/29(木) 16:15 Yahoo!ニュース 36
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3c92d7d9851c9d2c296781d5586ad8dd88ab20f7
    続きはソースにてお願いします

    11: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/12/29(木) 16:59:17.69 ID:z7gbzZXF0
    生徒が勝手に来るんじゃ?

    続きを読む

    このページのトップヘ