とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    奇跡のバックホーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     間宮祥太朗が主演を務めるドキュメンタリードラマ『奇跡のバックホーム』が、ABCテレビ・テレビ朝日系で3月13日13時55分から放送されることが決定した。

     本作は、プロ野球選手として将来を嘱望されながら病魔に襲われ、24歳という若さで引退した元阪神タイガース選手・横田慎太郎の自伝的エッセイをドラマ化したもの。ドラフト2位指名で阪神タイガースに入団した横田は、抜群の身体能力で将来を期待されながらも、2017年にボールが二重に見えるという症状から脳腫瘍が発覚。18時間に及ぶ手術の後には苦しく辛い闘病生活が待っていた。しかし、不屈の精神でリハビリの末に現役復帰。だが、体力は回復したものの野球選手にとって生命線でもある視力が回復することはなかった。白球が二重に見え、バッティングも補給もままならない中、2019年に引退を決意する。

     2019年9月26日、鳴尾浜球場で行われた2軍戦が横田の引退試合となった。1096日ぶりの試合出場、そして、プロ野球人生最後のラストプレーで見せたバックホームは美しい弧を描き……。今なおプロ野球界で語り継がれる“奇跡のバックホーム”はプロ野球ファンのみならず多くの人々に感動を与え続けている。ドキュメンタリードラマ『奇跡のバックホーム』は、この感動のラストプレーへと繋がる横田の半生を描いた真実の物語だ。

     主演として横田慎太郎を演じるのは間宮。阪神タイガースファンを公言し、中学校3年生まで野球に打ち込んでいた経験もあり、2019年に甲子園球場で開催された阪神タイガース対横浜DeNAベイスターズ戦のファーストピッチセレモニーに登板したときは139キロの速球を投げ込んだことでも話題になった。演じるにあたっては、横田から当時の心情を直接聞き、バッティングフォームのチェックを受けるなどして役に臨んだ。

     また、病魔におかされた慎太郎を支え続ける母・まなみ役で石田ひかり、阪神タイガースのスカウト・田中秀太役で丸山智己が出演。さらに、慎太郎の姉・真子役を村瀬紗英、慎太郎の父・真之役を三浦景虎がそれぞれ演じる。

    【主演・間宮祥太郎 コメント】
    ●今作のオファーを受けたときの気持ち
    最初にお話を頂いたときは、正直すごく悩みました。野球経験者ですし、阪神タイガースファンでもありますが、それだけでお受けするには責任感が重すぎるんじゃないか、と。ファンの方々やご家族、球団関係者のみなさん、そして何よりもご本人の思いを、僕が背負えるかどうか…重たく考えてしまいました。ただ、このオファーが数年遅れていたら、きっと僕ではなかった。そう考えると、今この時期に他の誰でもない、この僕に役を任せてもらえたということを大切に考えようと思ったんです。

    ●阪神タイガースの選手を演じてみて
    入団会見シーンはいちファンとして舞い上がりました。横田さんと同期選手の名前がテーブルの前に並んでいて感激しました。横田さんの隣は梅野選手だったんだな、とか(笑)。

    ●野球のプレーシーンについて
    役を演じる前に横田さんにお会いしてスイングを見ていただいたり、選手時代や闘病生活当時のことを伺ったりしました。バッティングのお話も横田さんに聞くことができましたし、役を演じる上ですごく貴重な時間を過ごせました。お話をしていて心の透明度が高くてすごくピュアな方というのが伝わってきました。ただ、横田さんが左投げ左打ちなのですが、僕は右投げ右打ちだったので、なかなか大変でしたね(笑)。

    ●印象に残っている話
    バックホームを投げたときのお気持ちを聞いた時に“嘘っぽく聞こえるかも知れないですが、あのとき本当に何かに背中を押されたんです”とおっしゃっていて。ボールが二重に見える怖さから捕球の際には後ろに下がるクセがついていたそうなのですが、あのときだけは、一歩目を前に踏み出せた。あの一歩がなければ捕殺できていなかった。“まるで自分じゃない感じ”だったそうですが、まさにファンやチームメイト、ご家族…いろんな方々の思いを乗せたプレーだったんだなと思います。

    視聴者へメッセージ

    こんなにも人生を懸けたことがあるということ、それだけ懸けたことを失うということ、
    そして、失った後に前に進んでいくということの尊さが伝わる作品だと感じています。
    横田さんのバックホームに至るまでの思いや葛藤、そしていま現在もあのバックホームの時に踏み出した一歩と同じように前に進んでいる今の姿。すべてを含めて奇跡と呼べるものだと感じています。横田さんの半生を通して、きっと熱く伝わるものがあると思いますので、ぜひご覧ください。

    【石田ひかり コメント】
    ●脚本(原作)を読んだ印象
    夫が骨の髄まで阪神ファンなので、このオファーを伝えたところ、さぞ喜ぶだろうなと思いました。
    実際、夫の口から横田選手への熱い思いや引退試合で起きたことを聞き、ご著書も読ませていただき、「これは大変なことになった!」と思いました。
    大変な思いをされた横田選手やご家族、そして野球ファンの皆さまにも喜んでいただける良い作品にしなければと思いました。

    ●演じた役の魅力
    横田選手が、特にお母さまへ感謝の言葉をおっしゃっている事が全てだと思います。
    お母さまのまなみさんは、本当に生きた心地のしない日々だったと思いますが、どんな時も明るく横田選手を励まし共に闘っている姿は、同じ母親として尊敬すべき姿だと思いました。

    ●印象に残っているシーン
    やはりキャッチボールのシーンです。きらきらと瞳を輝かせていた少年時代の息子には「どこ投げてんの」と怒られて、闘病中の息子には「ちゃんとお母さんが取れるように投げて!」と言いながらのキャッチボールは、母親のわたしにしか味わえない幸福感がありました。

    ●視聴者へメッセージ
    誰からも愛される横田選手の笑顔の裏側にあった、あまりにも残酷で過酷な時間を経て、新しい世界に歩き出した横田選手に心からのエールを送りたいと思います!

    【丸山智己 コメント】
    ●脚本(原作)を読んだ印象
    こんなドラマのような奇跡が実際にあるということにびっくりしたと同時に、身が引き締まる思いで臨みました。

    ●演じた役の魅力
    私の演じる田中秀太さんは自身もプロ野球選手を引退してスカウトになられた方なので、
    誰よりも痛みのわかる選手愛の深い方。
    独自の美学を持つ野球人として、とても演じ甲斐がありました。

    ●印象に残っているシーンとその理由
    横田選手が田中スカウトに引退の意思を伝えるシーンです。
    短いやり取りの中でお互いのこれまでの想いが溢れる熱のこもったシーンでした。

    ●視聴者へメッセージ
    残酷な現実の先に待っていたのは信じられないほど美しい瞬間でした。
    神様がくれた奇跡の瞬間を、ぜひご覧いただけたら幸いです。

    【横田慎太郎 コメント】
    ドラマ化のお話をいただいた時は『まさか』と信じられなかったのですが、
    すぐに大変嬉しい、ありがたいという気持ちに変わりました。
    これまで何度も何度も苦しい事、辛い事がありました。
    これからを考えると、不安と恐怖で眠れない夜が何日もありました。
    それでも自分に大丈夫、大丈夫と言い聞かせて、
    自分を信じて目標を持ってやって来て、
    本当に野球人生の最後の最後に想像もしていない事が起こりました。
    一人でも多くの方に観ていただき、
    勇気と希望を持ってもらえたらと思っています。

    リアルサウンド編集部




    横田慎太郎さん物語ドラマ奇跡のバックホーム 3月13日(日)午後1時55分からABCで放送です。 pic.twitter.com/b57MUA2wag



    イケメンになった横田慎太郎さん pic.twitter.com/nhrI4Wwepq


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【かお】講演で各地を回る元プロ野球阪神・横田慎太郎(よこた・しんたろう)さん

     「目標に向かい、逃げずに少しずつ前に進んできた。神様は見ているんだなと思った」。2019年の引退試合。センターを守り、打球が見えないまま捕球してノーバウンドでホームに送球。走者を見事に刺した“奇跡のバックホーム”は、今もファンの間で語り継がれる。

     鹿児島実業高校を卒業した14年、プロ野球阪神にドラフト2位で入団。4年目の17年2月、一軍キャンプの最中に脳腫瘍が見つかった。母・まなみさんをはじめ家族や球団に支えられ、半年に及ぶ治療の末に寛解。同年11月に阪神と育成契約を結び一軍復帰を目指したが、視覚に障害が残った。24歳の若さで大好きなグラウンドを去った。

     育成選手としての引退試合は異例。その場に一軍の仲間たちや監督も駆け付けた。純粋でひたむき、とことん愛される人柄がしのばれる。

     「苦しんでいる人の力に」と講演活動を始めた直後の20年9月、今度は脊髄に腫瘍が見つかった。再び半年の闘病生活を余儀なくされた。ようやく21年11月、出水市を皮切りに県内外で念願の講演活動を再開した。

     父・真之さんが野球部監督を務める鹿児島商業高校も来訪。「生徒たちが元気よく質問してくれた。目標を持ち、がんばってほしい」と温かく見守る。

     今も食事制限は続き、野菜中心の食生活だ。目と脚のリハビリに励む中、真之さんの運転でドライブしながらの家族団らんが息抜き。1月から南日本新聞でコラムを連載する。日置市在住、26歳。




    皆さんこんにちは🙇🏻‍♂️ あっという間に年末ですね‼️ 今年も沢山の方々に支えて頂きました。 本当に皆さんありがとうございました‼️ 先日南日本新聞さんに取材をして頂きました‼️ 是非お時間ある時に読んでみて下さい📰 #横田慎太郎 #南日本新聞  https://373news.com/_news/storyid/148500/ 



    @_yokotashintaro 食事制限続いているんですね。横田さんの前向きな姿にこちらが励まされています。 よいお年をお迎え下さいね🌟🤗


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     脳腫瘍の闘病を経て2019年に現役引退した元阪神の横田慎太郎氏(26)が14日、児童自立支援施設「阿武山学園」の併設校・大阪市立弘済小中学校分校のキャリア教育推進プログラム「夢授業」の講師役をオンラインで務めた。昨年に脊髄腫瘍を患い、2度目の闘病生活も不屈の精神で乗り越えた同氏。目標を持つ大切さを説き、最後は子供たちからのサプライズ演出に涙した。

     横田氏は「目標を持って、その目標から逃げずに前に進み続ければ幸せな瞬間は必ずきます」と熱く語り掛けた。カーテンの隙間から西日が差し込む午後の講堂。全校生徒37人に加え、教職員30人も画面に映る同氏を食い入るように見つめた。

     約1時間30分の夢授業。横田氏は自身の半生を振り返り、脳腫瘍を患った後の壮絶な闘病生活も明かした。「家族をはじめ、多くの方々が支えてくれたおかげで乗り越えられました」。質問コーナーで男子生徒から現在の目標を問われると、迷うことなく即答した。

     「今は苦しんでいる方々の力になりたいです。世の中のお役に立ちたいです。そう思いながら生きています」

     児童自立支援施設「阿武山学園」の併設校には家庭や学校にうまく適応できず、何らかの困難等を抱える児童・生徒が在籍している。柴田好生教諭(30)は言った。「子供たちの目が輝いていました。本当に感謝です」。

     最後に生徒たちはサプライズでゆずの「栄光の架橋」を合唱。それは横田氏が闘病生活を送っていた当時、よく聞いていた思い出の曲だった。「僕の方が逆に勇気づけられました。感動しました」。夢先生は思わず涙した。鳴りやまない拍手に心を震わせ、かけがえのない時間をかみしめた。



    ▼Amazonで発売中



    あたたかいサプライズに、思わず涙・・・。 阪神OB・横田氏 サプライズに涙 「夢授業」生徒たちが「栄光の架け橋」合唱/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/15/0014416453.shtml  @Daily_Onlineより



    なんだか又、泣かされちゃった。 でも良かったね。いい事したね。 傷ついた子供達の心にも きっと横田君の言葉は響いたと思うよ。 お疲れが出ません様に。 阪神OB・横田氏 サプライズに涙 「夢授業」生徒たちが「栄光の架け橋」合唱  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/15/0014416453.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2度目の大病を越え、「人々に希望を与えたい」という思いは、より強くなった。元プロ野球・阪神の横田慎太郎さん(25)=鹿児島実高卒=は、現役時代の脳腫瘍に続き、昨年9月、脊髄の腫瘍に見舞われた。半年に及ぶ闘病を終え、「2度も命をいただいた。経験を伝え、悩み苦しむ人の力になりたい」。12日には、自身の半生をつづった本が出版される。

     現役を引退して鹿児島へ戻り、脳腫瘍を乗り越えた経験を動画配信サイト「ユーチューブ」やコラムで伝える活動を本格化させた直後、再び病魔に襲われた。「腰や足に強い電気が走るような、異常なほどの痛み」が約1カ月続いた。受診した結果、脊髄に腫瘍が見つかった。「もう二度と病気はしたくないと思っていた。初めは受け入れられなかった」

    ✲「もう治療やめたい」

     すぐに大阪での入院生活が始まった。1軍復帰を目標に病へ立ち向かった現役時代と違い、何を支えにすればいいのか…。放射線や抗がん剤治療は前回よりも増え、体は悲鳴を上げた。「もう治療をやめたい」。前回は決して吐かなかった弱音を、つい母に出した。

     「乗った船は途中で降りられないよ。最後の港まで一緒に行こう」。その一言で前を向けた。仕事を辞め、泊まり込みで世話してくれた母と、毎日電話で励ましてくれた父。「ずいぶん心強かった」

     何より、つらそうに下を向いて過ごす他の入院患者たちの姿に、自らを奮い立たせた。「自分が病気に打ち勝って、悩み苦しんでいる人の励みになる」。その目標を胸に病と闘い、そして打ち勝った。鹿児島へ戻って1人暮らしを再開し、「次の目標は元の自分の体に戻すこと」と笑顔を見せる。

    ✲『奇跡のバックホーム』

     12日に発売される自身初の書籍「奇跡のバックホーム」(幻冬舎、定価1540円)には、視力の異常など脳腫瘍の後遺症を抱えながらも鮮烈な印象を残した引退試合や、小学生からプロになるまでの思い出を記した。

    奇跡のバックホーム
    横田 慎太郎
    幻冬舎
    2021-05-12


     「野球をしていない人、苦しい思いをしている人、目標がない人、たくさんの人に読んでもらって、希望を持ってほしい」と力を込める。「小さな目標でもいい。目標があれば、最後には必ず幸せな日が来る」。自らの経験を伝える動画配信などの活動は、体調と相談しながら再開する予定だ。




    よこたそには尊敬の念しかない(;ω;)  https://twitter.com/sponichi_endo/status/1391611846793129991 



    元阪神・横田慎太郎さん(鹿児島実卒) 「最後の港まで一緒に」母の一言で前向いた 大病2度越え、本に込めた「苦しむ人の力に」(南日本新聞) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/347af6bd39487fa9d9d6a663048fdb541da272d9  横田くん痩せたね…でも治療がうまくいって何より。

    奇跡のバックホーム 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    奇跡のバックホーム
    横田 慎太郎
    幻冬舎
    2021-05-12



     17年の脳腫瘍に続き、脊髄の腫瘍で2度目の闘病生活を告白した元阪神タイガースの横田慎太郎氏(25)が初の書籍「奇跡のバックホーム」(幻冬舎、定価1540円)を5月12日に発売する。

     脳腫瘍の闘病から現役引退決断、感動を呼んだ“ラストプレー”に至るまでの知られざる苦悩やエピソードが盛り込まれた自伝的エッセー。ソフトボール選手だった小学生時代などプロ入りまでの道のりも本人の言葉で丁寧につづられている。横田氏は「たくさんの方に読んでもらって、多くの人の支え、希望になれたら」と話した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f163a2f4591e22178ed1201242425b9ecb3a1501


    元阪神・横田慎太郎氏 “奇跡のバックホーム”が本になる「多くの人の支え、希望になれたら」 #阪神タイガース #横田慎太郎 一スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/26/kiji/20210426s00001173528000c.html 



    当時ちょうど虎テレで見てて、プレーも最後のスピーチもとっても感動しました。 書籍「奇跡のバックホーム」ぜひ読みたいです😌📚💭


    続きを読む

    このページのトップヘ