とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    奥村武博

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2月。年度末に向け、決算書や確定申告の準備に追われ始める季節である。その中で、慌ただしく動いている会計士がいた。身長188センチ、スラリと長く伸びた手足に、無駄な肉がついていない体幹。その体躯は、プロアスリートであった過去を容易に想像させる。

     奥村武博(40歳)。元阪神タイガースの投手で、プロ野球選手初の公認会計士になった男である。飲食店開業でも、起業でもなく、士業。それも、国家資格の中でも難関の1つとされている会計士。短期集中連載「プロ野球『戦力外』のその先」第2回では、引退後のアスリートがどのようにして次のキャリアを歩んでいくかを、奥村の実際のストーリーから読み解いていこう。

    ■2回目のクビ

     「高卒4年でクビになった後、打撃投手として球団に残りました。でも、それも1年でクビ。2回目のクビのとき、”この後、何をやったらいいんだろう”って、本気で悩みました」

     まだ若い奥村に対し、球団はほかのチームで打撃投手を続ける道を提案した。しかし、球団を移ったところで、社会に出るタイミングが遅くなるだけだと判断し、ここで野球界を去る決断をした。当時23歳。通常なら社会人1年目であるこの年に、2度目のクビを言い渡された。

     「友人と一緒に、バーを経営することにしました。飲食業というのは、野球界のすぐ隣にあるんです。だから、相談するとなると飲食業界が多い。その流れで始めました」

     当然、素人が簡単にうまくいくほど甘くはなく、飲食業の奥深さを知る。自分が何も知らないこと、何もできない現実と向き合う一方で、同級生だった井川慶は、阪神タイガースのエースとしてチームを優勝に導いていた。現実とのギャップに苦しみ、頭には円形脱毛症もできた。

     「バーの経営もうまくいかず、その後はホテルの調理師などもやりましたが、結局は飲食業界から出られないままでした。かなり行き詰まっているときに、『視野を広げたら?』と渡された本があります。『資格ガイド』という本でした。結果的に、その本が人生を変えました」

     厚さ3センチを超える分厚い本は、日本に存在するありとあらゆる資格の情報が記載されている(ちなみに、2020年版の資格ガイドには、奥村氏のインタビュー記事が載っている。人生を変えた本に、自らが載ることになるとは、このときは知る由もない)。




    インタビュー記事を掲載して頂きました ぜひご一読ください #セカンドキャリア #デュアルキャリア 40歳、元阪神投手の会計士が後輩に伝える知見 現役時代から社会に出る能力の養成が必要だ | プロ野球「戦力外」のその先 -  https://toyokeizai.net/articles/-/338005  #東洋経済オンライン @Toyokeizai



    @m59camel @Toyokeizai 素敵な記事を読ませてもらい感謝です。 今の私に、まさにインズバ見逃しでワンストライクです(笑)



    この記事、超感動した!「人はいつからでもやり直せる」。誰もが本田圭佑のようにデュアルキャリアは難しいけど。”一念発起”は尊い。 40歳、元阪神投手の会計士が後輩に伝える知見 現役時代から社会に出る能力の養成が必要だ | プロ野球「戦力外」のその先  https://toyokeizai.net/articles/-/338005  @Toyokeizai


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: shake it off ★ 2017/11/17(金) 17:27:32.29 ID:CAP_USER9
    今年7月、1人の公認会計士が誕生した。難関の公認会計士試験に合格後、今夏、監査法人での2年間の実務を終えて、公認会計士として認可されたのだ。難関とはいえ、公認会計士の合格者数は年間1000人超。
    ただ、彼のキャリアはひときわ異色だ。プロ野球、阪神タイガースに1997年ドラフト6位で指名され、投手として在籍した元プロ野球選手なのだ。元プロ野球選手が公認会計士になるのは初の快挙。新たな夢を叶え、第一歩を踏み出した奥村武博氏が、決して平坦ではなかった道のりを語る。

    今から4年前の2013年11月。その瞬間、思わず「あった!」と声が出た。公認会計士・監査審査会のサイトに掲載された「平成25年公認会計士試験」の合格者一覧に、自分の受験番号が載っていたからだ。信じられない気持ちで、何度も何度もサイトと受験票の番号を見返した。

    プロ野球選手を引退して12年、公認会計士を志してから9年の月日が経っていた。合格がわかった瞬間、うれしさよりも先に湧き上がったのは「ほっとした」という感情。短いとは決して言えない時間で、勉強を続けながら考えたのは、アスリートのセカンドキャリアについてだ。

    僕のようなケースが、現役プロ野球選手をはじめとするスポーツ選手がキャリアを形成するうえで、何かのヒントになれたらうれしい。試験合格から4年、今夏から公認会計士として歩み始めたタイミングで、これまでを振り返ってみたい。


    戦力外通告の衝撃

    2001年、9月も終わりにさしかかった頃、練習を終えて部屋に戻ると、ふだん鳴ることのない内線が鳴った。
    「あぁ、ついに来たか……」。僕が呼び出されたのは阪神タイガースの選手寮「虎風荘」の一室。4年間住んでいたが、ほとんど入ったことのないその部屋には、普段めったに会うことのない球団の編成担当職員が2人静かに座っていた。その顔を見た瞬間、今から僕が何を言い渡されるのか、容易に想像がついた。

    「来季は契約しない」。想像していたとおりの言葉が聞こえてきた。自分なりに心の準備をしていたつもりだった。それなのに、実際に受けた衝撃は予想をはるかに上回るものだった。

    ほかにも何か話していたような気もするが、頭が真っ白になっていたのだろう。何も覚えていない。こうして、僕のプロ野球選手としてのキャリアはあっけなく終わりを告げた。

    その年の秋季キャンプ、僕は背番号が3桁のユニフォームに身を包み打撃投手としてグラウンドに立っていた。プロ野球界を去ってしまうことに未練のあった僕は、球団からの打撃投手の誘いを受けたのだ。

    野球ファンでなければ、打撃投手という仕事を知らない人が多いと思う。野手の打撃練習のために投げるのが仕事だ。つまり「打たれる」ために投げるのである。

    ついこの間まで現役選手として「打たれない」ために投げていた僕は、この「打たれる」ために投げることをすぐには受け入れられなかった。現役に未練を残しながらという中途半端な状態での転向だったことも影響していたと思う。

    20171022-00000040-dal-000-view




    20171022-00000040-dal-000-view


    http://toyokeizai.net/articles/-/197299

    引用元: ・【野球】38歳、元阪神投手の公認会計士が悟った 高卒の元プロ野球選手、引退後の長い16年間

    続きを読む

    このページのトップヘ